お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP 2022-08-26
13:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]生体信号を用いた人の内面状態推定
梅松旭美NECSIP2022-69
日常生活内の簡便な計測から,ストレス,気分,眠気等の人の内面状態の把握が可能になれば,健康状態の把握やストレスの適切な自... [more] SIP2022-69
p.103
IE, ITS
(共催)
ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2021-02-18
10:45
ONLINE オンライン開催 地下鉄トンネル点検時の技術者から取得される視線およびモーションデータに基づく熟練度の推定に関する検討
赤松祐亮前田圭介小川貴弘長谷山美紀北大
本稿では,地下鉄トンネル点検時の技術者から取得される視線およびモーションデータに基づく熟練度の推定に関する検討を行う.ま... [more]
ICM, LOIS
(共催)
2021-01-21
13:30
ONLINE オンライン開催 組織の幸福度は、会話中の体の動きで測れる
石村遼汰り じょんひょく東工大)・佐藤信夫矢野和男ハピネスプラネットICM2020-37 LOIS2020-25
本研究では、組織並びにその従業員の抑うつ傾向の客観的測定を目的として、身体運動と抑うつ傾向の関係を調べるために、データ解... [more] ICM2020-37 LOIS2020-25
pp.15-20
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
17:20
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ハラスメント検出に向けた特徴量に関する一検討
上野貴弘森 慎太郎大橋正良福岡大SeMI2020-33
ハラスメントは職場や教育現場で発生しており,被害者はストレスを被った結果,生活が困難な状況に陥ってしまう.このような被害... [more] SeMI2020-33
pp.73-74
LOIS 2020-03-12
14:35
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
メンタルウェルネス向上のためのスマートフォンアプリによる介入効果の実証
清水孝太東工大)・佐藤信夫嶋田敬太矢野和男日立LOIS2019-79
近年,従業員のメンタルコンディションの向上が求められており、このため、就業時間削減やストレスチェックなどの施策がとり組ま... [more] LOIS2019-79
pp.133-138
HCS 2020-01-25
11:30
大分 J:COM ホルトホール大分 407会議室 (大分県大分市) ウェアラブルセンサデータと生活習慣情報を用いた作業者に対する熱ストレスのリスク推定方法
齋藤麻未須藤 隆鹿仁島康裕東芝HCS2019-57
建設現場等の暑熱環境で働く作業者の熱ストレスのリスク管理として,温度・湿度等の環境情報だけによる暑さ指数(WBGT)が利... [more] HCS2019-57
pp.17-22
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
10:45
東京 電気通信大学 ウェアラブル生体センサによる日常生活中の情動の推定
早野順一郎名古屋市大)・田靡哲也岩田慎一郎阿部勝巳NEC)・湯田恵美名古屋市大MBE2018-97
人と機械の間の知的なコミュニケーションが急速に発展する中で、機械が適切な応答をするためには、人の情動反応の推定が重要な技... [more] MBE2018-97
pp.57-58
IN, NS
(併催)
2019-03-05
16:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター 地域コミュニティによる見守り支援システムの開発
武田怜也高橋大夢千葉慎二仙台高専IN2018-150
平成29年の内閣府の調査によると, 高齢化社会が進み, 高齢者の単独世帯が増加している. そうした世帯は, 地域コミュニ... [more] IN2018-150
pp.397-402
AI 2019-02-23
14:20
東京 関西大学 東京センター 機械学習による看護を必要とする環境でのベッド上動作のパターン識別の試み
茅野洋平名古屋市大AI2018-49
超高齢化社会において看護や介護領域での従事者の負担が増す一方である。認知機能の低下やせん妄の増加、身体抑制など患者と従事... [more] AI2018-49
pp.67-70
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 認知症患者ケアのためのウェアラブル触覚センサの開発
平松知樹井上大路倉爪 亮九大
本研究では,認知症患者に対する「優しい介護」として注目されている「ユマニチュード」に対し,主要な4つのスキル(見つめる,... [more]
MBE, BioX
(共催)
2018-07-27
09:30
鳥取 鳥取境港・みなとさかい交流館 心拍波形の一部を用いた生体個人認証
林 優希吉村博幸千葉大BioX2018-12 MBE2018-20
心拍波形は年齢を重ねても変わらず,生体情報を盗まれてしまう恐れも少ないという特徴を持つ.本研究ではインターネット上に公開... [more] BioX2018-12 MBE2018-20
pp.27-32
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-10
14:55
茨城 筑波技術大学 看護師向け指さし呼称簡易評価システムの試用評価
浦島 智前川智紀白井智啓鳥山朋二富山県立大)・中川美都子大島淳一富山県リハビリテーション病院WIT2017-88
病院の看護の現場にも取り入れられつつある指さし呼称実施の徹底のためには,講習だけでなく訓練も必要である。我々はこの訓練を... [more] WIT2017-88
pp.181-186
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-16
13:30
北海道 北海道大学 作業員から取得されるセンシングデータを用いた熱中症の予兆検知に向けた検討 ~ 作業員の体調不良の有無に基づくセンシングデータの傾向分析 ~
佐坂勇磨小川貴弘長谷山美紀北大
熱中症の高精度な予兆検知手法の実現は暑熱環境下における作業員の健康を維持管理するために重要である.本稿では,熱中症の高精... [more]
SIS 2017-12-14
15:00
鳥取 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館) ウェアラブルセンサデバイスを用いたストレス推定に関する一考察 ~ 心拍変動解析と唾液アミラーゼ活性の関係性 ~
有田瑞紀畠山泰貴田中宏和広島市大SIS2017-41
最近,ストレスを抱える人が多く存在するという報告が多くなされる等,ストレスに対する関心が高まってる.それに合わせて自分の... [more] SIS2017-41
pp.45-49
MI, MICT
(共催)
2017-11-06
13:20
香川 サンポートホール高松 ウェアラブル生体センサノードに対するタスク配分によるエネルギ消費削減
木本雅也島崎拓則蔡 凱田窪朋仁原 晋介阪市大MICT2017-32 MI2017-54
運動している人間の生体情報を無線通信を用いてリアルタイムに取得し解析することで身体状態を把握できる.
人体に装着したウ... [more]
MICT2017-32 MI2017-54
pp.27-32
MVE 2017-10-19
15:10
北海道 北見工業大学 実環境運動計測に向けた着衣型ウェアラブル伝播筋電センサの一検討
青木良輔伊勢崎隆司新島有信渡部智樹NTTMVE2017-29
実環境の運動計測には,容易に着脱ができ,かつ身体動作を妨げずに,連続的な筋電図を計測できる,人間中心設計に基づいた計測機... [more] MVE2017-29
pp.25-28
EMM, IE, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2017-09-04
14:50
京都 京都大学 百周年時計台記念館 ウェアラブルセンサを用いた身体リズムによる組織の状態推定技術
辻 聡美佐藤信夫矢野和男日立LOIS2017-17 IE2017-38 EMM2017-46
定量的な分析に基づいた働き方の改善を行うため,職場の状態を推定する技術が必要である.人間の身体リズムの統計的分布に着目す... [more] LOIS2017-17 IE2017-38 EMM2017-46
pp.25-28
HCS 2017-08-20
16:05
東京 成蹊大学 ウェアラブルセンサを用いた行動認識のための学習データ自動収集手法の提案
山浦佑介池田大輔外池昌嗣坪下幸寛富士ゼロックスHCS2017-51
本研究では,コミュニケーションの中でも非言語的な要素である,物体を介在する行動に着目し,ウェアラブルセンサを用いた行動認... [more] HCS2017-51
pp.25-28
SC 2017-03-10
15:05
東京 国立情報学研究所 ウェアラブルセンサーを用いたバイタルデータ分析プラットフォームの検討
山登庸次NTTSC2016-34
本稿では,バイタルデータを活用しリアルタイムなアクションに繋げるための,ウェアラブルセンサーデータを用いた分析プラットフ... [more] SC2016-34
pp.33-37
ASN, MoNA, MICT
(併催)
2017-01-20
10:55
大分 別府 花菱ホテル 腕装着型センサを用いた活動中の熱中症予防アプリケーションの一検討
濱谷尚志内山 彰東野輝夫阪大MoNA2016-37
本研究ではスマートウォッチなどの腕装着型デバイスを用いた熱中症予防アプリケーションを提案する.
提案法ではデバイス内蔵... [more]
MoNA2016-37
pp.35-40
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会