お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2022-02-28
16:20
宮崎 ユースホステルサンフラワー宮崎 会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
着手予測に基づくトレーディングカードゲームAIの提案
大河内幸太郎折原良平清 雄一田原康之大須賀昭彦電通大AI2021-25
近年, トレーディングカードゲーム(TCG) の対戦AI について様々な研究が行われている. しかし,TCG は不完全情... [more] AI2021-25
pp.77-82
ET 2019-10-19
14:20
沖縄 琉球大学 カードゲーム戦略を題材とする応用プログラミング演習の運用と実践 ~ クラスタリング手法を用いた戦略コードの傾向分析の検討 ~
清水 赳富永浩之香川大ET2019-41
カードゲームのポーカー戦略の得点を競う大会形式の応用Cプログラミング演習を実践している.運営サーバ WinTを開発し,運... [more] ET2019-41
pp.51-56
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2019-05-16
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター 対戦型カードゲーム中に喚起された報酬期待が瞳孔情報に及ぼす影響
正田孝平中山 実東工大HCS2019-5 HIP2019-5
報酬期待を制御するポーカーを用いた対戦型ゲームでプレイヤーの報酬期待度と瞳孔径変化を時系列に 計測する実験システ... [more] HCS2019-5 HIP2019-5
pp.23-28
ET 2018-05-19
10:45
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 カードゲーム戦略を題材とした応用Cプログラミング演習の支援と実践 ~ 最終大会における手役分布による得点傾向の分析 ~
清水 赳村山弘明花川直己富永浩之香川大ET2018-4
大学情報系の知識情報処理の応用として,カードゲーム戦略の得点を競う大会形式でのC演習を実践している.ポーカーを題材とし,... [more] ET2018-4
pp.17-22
KBSE 2018-03-02
10:00
沖縄 石垣市民会館 中ホール ゲームを用いた情報セキュリティ教育コンテンツの開発
廣瀬 司中谷多哉子放送大KBSE2017-54
本研究は情報セキュリティ教育において,学習者の身近な情報セキュリティ事象を発話によって収集し,後に教育カードゲームのコン... [more] KBSE2017-54
pp.91-95
ISEC 2017-09-04
12:10
東京 機械振興会館 コミット型ANDプロトコルのシャッフル回数の下界について
宮原大輝東北大)・林 優一奈良先端大)・水木敬明曽根秀昭東北大ISEC2017-43
カードベース暗号では,ビットを黒と赤のカードの並びに基づき符号化し,ビットに対応する裏に置かれた2 枚のカードをコミット... [more] ISEC2017-43
pp.15-22
ISEC 2017-05-12
10:50
東京 機械振興会館 コミットメントのコピーに必要なカード枚数について
宮原大輝東北大)・林 優一奈良先端大)・水木敬明曽根秀昭東北大ISEC2017-3
黒と赤のカードを用いて秘密計算を実現するカードベース暗号が知られている.カードベース暗号では,ビットを黒と赤のカードの並... [more] ISEC2017-3
pp.15-22
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2016-11-07
14:30
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA 6階601(BC)研修室 カードベース暗号の教育への応用
水木敬明東北大ISEC2016-53 SITE2016-43 LOIS2016-31
カードベース暗号は,物理的なカード組を用いて秘密計算等の暗号機能を日常生活において手軽に実現する.一方,秘密計算の実行そ... [more] ISEC2016-53 SITE2016-43 LOIS2016-31
pp.13-17
HIP 2016-09-27
15:15
奈良 奈良春日野国際フォーラム ババ抜きにおける対戦者の動作の分析 (第2報)
渡邊栄治甲南大HIP2016-46
本報告では,「ババ抜き」と呼ばれるカードゲームを対象として,対戦者の動作を分析した結果について述べる.ここでは,対戦者の... [more] HIP2016-46
pp.19-24
ISEC 2016-09-02
09:45
東京 機械振興会館 ランダム二等分割カットの安全な実行に関する考察
上田 格西村明紘東北大)・林 優一東北学院大)・水木敬明曽根秀昭東北大ISEC2016-38
カード組を用いることで秘密計算を実現できることが知られている.特に2009年にランダム二等分割カットというシャッフル方法... [more] ISEC2016-38
pp.1-7
ET 2016-03-05
14:55
香川 香川大学(幸町キャンパス) カードゲーム戦略を題材とする応用Cプログラミング演習の支援と実践 ~ 大会中の提出コードの更新状況による個人進捗の分析手法 ~
花川直己玄馬史也阿部隆幸富永浩之香川大ET2015-102
ポーカー戦略を題材とする大会形式の応用Cプログラミング演習を実践している.配布された手札から交換を繰り返して手役を確定す... [more] ET2015-102
pp.51-58
MVE 2015-06-09
11:30
島根 出雲科学館 ババ抜きにおける対戦者の動作の分析
渡邊栄治甲南大MVE2015-6
本報告では,「ババ抜き」と呼ばれるカードゲームを対象として,対戦者の動作を分析した結果について述べる.まず,2 種類のカ... [more] MVE2015-6
pp.49-54
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-03
10:30
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス 市販トランプカードを用いた安全な計算について
水木敬明東北大IT2014-90 ISEC2014-103 WBS2014-82
裏面が同一の模様のカードを何枚か用いると,安全な計算 (Secure Multi-Party Computation) ... [more] IT2014-90 ISEC2014-103 WBS2014-82
pp.179-186
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2014-11-21
14:15
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス カード組を用いた不動点のない置換のランダム生成
石川理恵千田栄幸一関高専)・水木敬明東北大ISEC2014-58 SITE2014-49 LOIS2014-28
$n$ 人のプレーヤーがいて, プレゼント交換を行いたい場面を考える.
すなわち, 不動点 (fixed point)... [more]
ISEC2014-58 SITE2014-49 LOIS2014-28
pp.13-18
ISEC, LOIS
(共催)
2013-11-28
15:00
宮城 東北大学 カードベース暗号プロトコルに対する攻撃に関する考察
水木敬明静谷啓樹東北大ISEC2013-62 LOIS2013-28
黒や赤の物理的なカード(裏面は同一の模様)を何枚か用いると,安全な計算(Secure Multi-Party Compu... [more] ISEC2013-62 LOIS2013-28
pp.21-28
HCS 2013-03-05
14:30
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 インディアンポーカーにおける対戦者の顔方向の分析 (第2報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大HCS2012-107
本報告では,対戦者の額に掲げられた 1 枚のカードを基にして,カードに書
かれた数字の大きさを競うインディアンポーカー... [more]
HCS2012-107
pp.167-171
HCS 2012-03-06
13:45
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 インディアンポーカーにおける対戦者の顔方向の分析
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大HCS2011-82
本報告では,対戦者の額に掲げられた 1 枚のカードを基にして,カードに書かれた数字の大きさを競うイ ンディアンポーカーを... [more] HCS2011-82
pp.85-88
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-04
15:45
大阪 大阪大学 2つのグループのための視覚型カードゲーム
宇野美由紀加納幹雄茨城大IT2010-103 ISEC2010-107 WBS2010-82
2つのグループ$\mathcal{X}$,$\mathcal{Y}$間でプレイできる視覚型カードゲームを提案する。このゲ... [more] IT2010-103 ISEC2010-107 WBS2010-82
pp.227-234
ET 2009-07-31
13:05
広島 広島市立大 英語の苦手な大学生向け学習支援ソフトウェア「ハイ!かんづめ君」の制作と効果
石原恵子中村朋子広島国際大ET2009-14
著者らは,英語熟達度の低い大学生を対象にした学習支援ソフトウェア「ハイ!かんづめ君」を制作した.その特徴は,対象者に共通... [more] ET2009-14
pp.1-6
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会