お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2020-03-03
16:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
SDNの特徴を利用した動的トラヒックシェーピング方式
海老根康太山内遼太郎・○栗林伸一成蹊大ICM2019-66
従来のトラヒックシェーピングは、ネットワーク毎でかつ混雑している部分のみを考慮して実施されることが多く、必要時に最適な位... [more] ICM2019-66
pp.141-146
CS, CQ
(併催)
2019-04-19
14:50
大阪 大阪大学理工学 図書館 遅延保証サービスを実現する遅延制御シェーピングの提案
福井達也坂上裕希南 勝也古川裕透NTTCQ2019-7
近年、リアルタイムな送受信処理を行う双方向アプリケーションの需要の高まりから、双方向アプリケーション固有の遅延要件を満足... [more] CQ2019-7
pp.35-40
IT 2018-07-20
10:30
奈良 やまと会議室 擬似乱数系列を用いたビット置換符号化変調に対するシェーピング
由利昌司柴田 凌細谷 剛八嶋弘幸東京理科大IT2018-20
本研究では,擬似乱数系列を用いたビット置換符号化変調に対するシェーピング手法の提案を行う.提案法では,符号化器に入力され... [more] IT2018-20
pp.45-50
SP, ASJ-H
(共催)
2018-01-21
15:35
東京 東京大学 メルケプストラムに基づくノイズシェーピング量子化法のWaveNet音声合成への適用
吉村建慶橋本 佳大浦圭一郎南角吉彦徳田恵一名工大SP2017-83
統計的アプローチに基づく音声合成においては,音声波形からメルケプストラムなどの音響特徴量を抽出し,抽出した音響特徴量をモ... [more] SP2017-83
pp.93-98
IT 2016-09-02
09:35
佐賀 ニューハートピア ビット置換符号化変調に対するパイロットビットを用いたシェーピング手法の提案
谷口裕暉細谷 剛八嶋弘幸東京理科大IT2016-34
本研究ではビット置換符号化変調(BICM:bit-interleaved coded modulation)に対して,パ... [more] IT2016-34
pp.1-6
NS 2016-04-22
13:50
和歌山 和歌山大学 トラヒックバーストのばらつきを考慮したSYNパケットシェーピングの評価
木村明寛杉園幸司福岡亜希山本太三NTTNS2016-12
IoTでは時刻を契機とした通信により,サーバへのトラヒックのバースト性が急激に高まる場合がある.IoT事業者がこの高いバ... [more] NS2016-12
pp.59-64
NS, IN
(併催)
2015-03-03
13:20
沖縄 沖縄コンベンションセンタ IoTサービス提供のためのサーバ数を削減するNW機能の提案
木村明寛西山聡史大坂 健工藤伊知郎NTTNS2014-242
IoTでは時刻を契機とした通信の開始により,サーバへのトラヒックがスパイク状に急増する.IoT事業者がこのスパイクにあわ... [more] NS2014-242
pp.379-384
NS, RCS
(併催)
2010-12-16
10:20
岡山 岡山大学 無線メッシュネットワークでのリアルタイム通信のための消費帯域推定によるトラヒック制御方式の提案
スリツールスタ スカリドト舩曵信生中西 透岡山大NS2010-109 RCS2010-163
柔軟で安価な大規模インターネットアクセスネットワークとして,本グループでは,複数のアクセスポイント(AP)で構成される無... [more] NS2010-109 RCS2010-163
pp.25-30
NS, RCS
(併催)
2010-12-17
10:00
岡山 岡山大学 海上無線アドホック通信網におけるトラヒック・シェーピングの効果
長谷川倫之井上 健田中直樹神戸大NS2010-129
漁船等の小型船舶に安価なデータ通信網を提供するために実用化が検討されている音声帯域の海上アドホック通信網のフレーム伝送性... [more] NS2010-129
pp.143-148
NLP 2010-03-09
08:30
東京 上智大学 MASH構成を用いたオーバーサンプリング型シグマデルタCNN
平野雅丈上智大)・青森 久東京理科大)・大竹 敢玉川大)・田中 衞上智大NLP2009-157
シグマデルタセルラーニューラルネットワーク(SD-CNN) はニューロダイナミクスによる空間領域シグマ
デルタ変調のフ... [more]
NLP2009-157
pp.1-4
PN 2010-03-08
14:20
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 光パケットネットワークにおけるファイバ遅延線バッファを用いたシェーピングの評価
小津 喬岩井真人高橋達郎京大PN2009-93
FDLバッファと多波長一括処理方式を利用する光パケットネットワークでは,
接続する光回線の速度と多重波長数が統一される... [more]
PN2009-93
pp.43-48
NS, OCS, PN
(併催)
2009-06-26
10:25
長崎 長崎歴史文化博物館 光パケットネットワークにおけるシェーピング機能付きファイバ遅延線バッファの提案
小津 喬岩井真人高橋達郎京大PN2009-7
FDLバッファと多波長一括処理方式を利用する光パケットネットワークでは,接続する光回線の速度と多重波長数が統一されるため... [more] PN2009-7
pp.39-44
RCS 2009-06-26
14:45
愛知 名大 時間周波数分散通信路におけるBFDM/OQAMのためのKalman通信路推定器の設計
モンゴル バヤルプレブ山里敬也片山正昭名大RCS2009-50
陪直交周波数分割多重/オフセットQAM (BFDM/OQAM)は,スペクトル効率が最大となるところで,ガウスパルスを採用... [more] RCS2009-50
pp.125-130
NS, IN
(併催)
2008-03-07
16:20
沖縄 万国津梁館(沖縄) Bresenhamの量子化に基づくシェーピングアルゴリズム ~ 高速かつスケーラブルな通信品質制御の実現 ~
鈴木宗良吉原慎一南 勝也NTTNS2007-202
Generic Frame Rate Algorithm に基づくシェーピング方式は,キュー数の増加に対するスケーラビリ... [more] NS2007-202
pp.391-396
NLP 2006-05-11
14:25
熊本 熊本大学工学部 ストカスティック・コンピューティングへのスペクトル変換の導入
山本直也・○藤坂尚登生岩量久神尾武司広島市大
量子効果デバイスを用いた信号処理にストカスティック・コンピューティングの手法を導入する.より広帯域な信号処理が可能なスト... [more] NLP2006-5
pp.21-25
NS 2005-04-22
10:05
愛知 南山大学 瀬戸キャンパス 多チャンネルストリーミングサーバにおけるバースト抑制方法の検討
西村 敏青木勝典鹿喰善明藤田欣裕NHK
近年ブロードバンドネットワークの普及により,ストリーミング形式での映像配信サービスが開始されている.今後のネットワークの... [more] NS2005-14
pp.9-12
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会