お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-12-02
11:30
ONLINE オンライン開催 シャドーイングに基づく言語学習者の英語音声知覚・産出能力に対する多角的評価
椢原卓弥朱 伝博齋藤大輔峯松信明東大)・中西のりこ神戸学院大NLC2021-19 SP2021-40
シャドーイングはモデル音声を聴取し,遅れずに復唱する認知タスクの高い複合的な訓練方法である。聞き取りが不十分であれば発声... [more] NLC2021-19 SP2021-40
pp.7-12
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-29
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]フェージング環境下有限長伝送の平均ブロック誤り率計算に関する基礎検討
神原征弥木村共孝程 俊同志社大
有限長情報伝送理論を用いた理想的な符号の復号特性について,劣化したフェージング通信路を介して伝送した場合,符号長の短い符... [more]
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-04
10:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]次世代移動中継用FPUのSVD-MIMO変調ビット数拡大時の特性評価
鵜澤史貴伊藤史人中川孝之居相直彦NHK
筆者らは,マラソンや駅伝競技などロードレース中継の無線映像伝送に用いられている1.2 GHz・2.3 GHz帯FPU(F... [more]
SP 2019-06-13
14:20
神奈川 東京工業大学(横浜) ベトナム人学習者による日本語読み上げ音声とそれに対する母語話者のシャドーイング音声の収録
安藤慎太郎トリシティショーク タサバット井上雄介吉澤風希齋藤大輔峯松信明東大SP2019-3
外国語学習の主目的は対象言語を用いた音声コミュニケーションであり、発音学習の目標としては母語話者のような発音ではなく、相... [more] SP2019-3
pp.13-17
SP 2019-06-13
14:45
神奈川 東京工業大学(横浜) 母語話者シャドーイング及びその時の顔の表情の変化による学習者音声 の可解性の推定に関する検討
トリシティショーク タサバット安藤慎太郎齋藤大輔峯松信明東大SP2019-4
近年、外国語学習支援のための発音評価技術において、学習者の発話をその「母語話者らしさ」で評価す るのではなく、その発話の... [more] SP2019-4
pp.19-24
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]教室内雑音が学習者シャドーイング音声の自動評価へ及ぼす影響に関する実験的検討
椛島 優齋藤大輔峯松信明東大)・山内 豊創価大)・伊藤佳世子高野山大EA2018-118 SIP2018-124 SP2018-80
外国語教育の現場では,教室など多人数で同時に学習活動を行なうことがしばしばある。
音声処理技術を用いた教育支援を検討... [more]
EA2018-118 SIP2018-124 SP2018-80
pp.113-118
TL 2017-09-23
14:50
京都 京都工芸繊維大学 英語シャドーイング音声の自動評価に向けて ~ 教員による評価データの分析を中心に ~
坪田 康京都工繊大)・伊藤佳世子京大TL2017-40
近年,シャドーイングが英語力の伸長に効果があるという研究報告が増えてきているが,人手での評価は非常に手間がかかるため,授... [more] TL2017-40
pp.13-18
AP, RCS
(併催)
2014-11-13
10:50
山形 山形大 米沢キャンパス 60GHz帯における移動する人体によるシャドーイングの計算モデルと実験による検証
王 挺梅比良正弘武田茂樹宮嶋照行鹿子嶋憲一茨城大RCS2014-211
60GHz帯においては移動する人体によるシャドーイングにより回線品質は大きく変動するため、ダイバーシティや適応ビームフォ... [more] RCS2014-211
pp.85-90
RCS, SR, SRW
(併催)
2014-03-04
09:15
東京 早稲田大学 60GHz帯WLANにおける人体によるシャドーイング特性の実験的検討
王 挺小野智史梅比良正弘武田茂樹宮嶋照行鹿子嶋憲一茨城大SRW2013-45
ミリ波帯では人体によるシャドーイングのため、受信電力が大きく低減し、スループットが低下する。これを改善する手段として、A... [more] SRW2013-45
pp.7-11
RCS, SIP
(共催)
2014-01-24
16:05
福岡 九州大学 60GHz帯WLANにおける人体によるシャドーイングの時間・周波数特性
小野智史梅比良正弘武田茂樹宮嶋照行鹿子嶋憲一茨城大SIP2013-127 RCS2013-297
マルチGbpsの超高速伝送を実現する60GHz帯WLANでは人体遮断によるシャドーイングが大きな伝搬損失の原因となる。こ... [more] SIP2013-127 RCS2013-297
pp.247-252
SRW 2013-06-17
13:00
神奈川 富士通 ミリ波WLANにおけるレイトレーシングを用いた人体によるシャドーイングの動的特性の検討
小野智史梅比良正弘武田茂樹宮嶋照行鹿子嶋憲一茨城大SRW2013-15
数Gbpsクラスの伝送速度の超高速ミリ波帯WLANにおいては、人体等によるシャドーイングのため大きな回折損失が生じるが、... [more] SRW2013-15
pp.19-24
TL 2012-07-22
14:30
山形 山形大学 疑似スピーキング練習の第二言語自発発話における影響
金子恵美子会津大TL2012-23
第二言語習得の分野では、繰り返し、シャドーイングなどの機械的なパターン練習は時代遅れの感がある.しかし、英語を話すことに... [more] TL2012-23
pp.73-78
SP 2010-03-04
14:30
東京 芝浦工大(豊洲キャンパス) シャドーイング練習による日本語発音の変化 ~ モンゴル語・中国語母語話者を対象に ~
阿栄娜林 良子神戸大SP2009-151
本研究では,モンゴル語・中国語を母語とする日本語学習者を対象に,シャドーイングと音読・リピーティングの発音練習による効果... [more] SP2009-151
pp.19-24
SP 2009-06-25
09:30
北海道 北海道大学クラーク会館 シャドーイング・音読発音評価を目的とした話者適応の分析と応用
羅 徳安喬 宇峯松信明東大)・山内 豊東京国際大)・広瀬啓吉東大SP2009-32
本研究では,話者適応技術が発音評価に及ぼす作用・副作用を実験的に分析し,適応技術のシャドーイングと音読音声評価への効果的... [more] SP2009-32
pp.51-56
HIP 2009-03-24
10:20
島根 島根大学松江キャンパス 手話母語者による手話の語彙認知構造の実験的考察
大森健志工学院大)・○寺内美奈職能開発大)・長嶋祐二工学院大HIP2008-149
著者らによる手話対話解析や手話シャドーイング実験結果から, 手話母語者は語の意味を手話のわたりの部分で認識していると予測... [more] HIP2008-149
pp.1-6
SP 2008-06-27
- 2008-06-28
北海道 北海道医療大 外国語学習を対象としたシャドーイング音声の自動評定法に関する検討
羅 徳安下村直也峯松信明東大)・山内 豊東京国際大)・広瀬啓吉東大SP2008-29
近年,英語教育において,シャドーイングが注目されている.シャドーイングとは,外国語音声を聞きながらほぼ同時にその発話を繰... [more] SP2008-29
pp.55-60
SP 2008-03-21
15:45
東京 東大 ボトムアップクラスタリングを用いたシャドーイング音声の自動採点
下村直也峯松信明東大)・山内 豊東京国際大)・広瀬啓吉東大SP2007-212
コミュニケーション力を重視する昨今の外国語教育において,シャドーイングという学習方法が広がりを見せている.
シャドーイ... [more]
SP2007-212
pp.151-156
RCS, SAT
(併催)
2007-12-21
10:35
大分 湯布郷館 移動体衛星通信における高仰角伝搬路の円偏波特性の測定と解析
中澤勇夫木村和宏雨谷 純藤野義之石田 等浜 真一NICTSAT2007-57
パーソナル利用環境での移動体衛星通信では、信頼性の高い回線を確保するには、様々な伝搬路特性を明らかにする事が望ましい。高... [more] SAT2007-57
pp.7-12
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会