お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IPSJ-CVIM, IPSJ-DCC, IPSJ-CGVI
(連催)
2023-11-17
14:40
鳥取 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
チャネルアテンションと行列積アテンションによる顔画像生成敵対的学習ネットワーク
小倉英敏池原雅章江角真也慶大PRMU2023-35
顔写真から顔スケッチを生成するタスクは,畳み込みニューラルネットワーク(CNN)やVision Transformer(... [more] PRMU2023-35
pp.107-112
MI 2023-03-07
08:30
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]スタイル変換によるメラノーマ自動診断システムの性能向上
飛塚丈輝正木達也北畠直人花崎和寿張 維倫永岡 隆近畿大MI2022-101
メラノーマは悪性度の高い皮膚腫瘍の一種であるが、良性のホクロとの区別が非常に困難である。メラノーマの早期発見を手助けする... [more] MI2022-101
pp.125-126
SIS 2022-12-05
16:00
大阪 関西大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
3DCGから生成されたデータセットへのスタイル変換の適用による実画像分類の精度向上
井上 尊冨田陽一明大)・学多晃司山田悦志刈谷 葵デジタル総合印刷)・紀之定正一北出雄二郎真生印刷)・宮本龍介明大SIS2022-30
一般に機械学習を実アプリケーションに適用するには,目的に応じた学習データセットを多大な労力をかけて作成しなければ実用的な... [more] SIS2022-30
pp.38-43
PRMU 2022-09-14
16:15
神奈川 慶應義塾大学 矢上キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
化石画像セグメンテーションのためのスタイル変換によるデータ拡張
和座旭宏阪公立大)・稲村佑哉阪府大)・井上勝文吉岡理文山田敏弘阪公立大PRMU2022-17
化石は進化生物学や地球科学において極めて重要な資料であるが,その発見には専門的な知識や経験,時間,労力が必要とされる.そ... [more] PRMU2022-17
pp.43-48
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2022-05-13
10:15
愛知 豊田工業大学 スタイル変換前後の密な画素対応付けによる形状不変スタイル変換とその視線推定への応用
虫明大貴浮田宗伯豊田工大PRMU2022-2
視線推定は様々なタスクに応用されており,近年では深層学習を用いた手法が数多く提案されているが, アノテーションコストが膨... [more] PRMU2022-2
pp.6-11
AI 2022-02-28
14:20
宮崎 ユースホステルサンフラワー宮崎 会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Beat Cat ~ 人の動きを転移して猫を操る手法の提案 ~
赤塚哲丸清 雄一田原康之大須賀昭彦電通大AI2021-20
GAN(Generative Adversarial Network)の登場によって, ディープフェイクとして問題視され... [more] AI2021-20
pp.47-52
PRMU 2021-12-17
10:45
ONLINE オンライン開催 Soft targetを用いたクラス一貫性によるドメイン適応のためのData Augmentation
今枝 航京セラ)・平川 翼山下隆義藤吉弘亘中部大PRMU2021-49
ドメイン適応は,学習と評価でドメインが異なる画像間において,十分な識別性能を獲得するタスクである.このタスクでは,ドメイ... [more] PRMU2021-49
pp.136-141
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-03-04
10:00
ONLINE オンライン開催 拡張型Attention機構を導入した顕著物体検出と画像合成への応用
山内良介青野雅樹豊橋技科大PRMU2020-71
近年,コンテンツ画像の物体構造とスタイル画像の画風を併せ持った合成画像を生成するタスクであるスタイル変換と,画像から前景... [more] PRMU2020-71
pp.13-18
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-02
16:05
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) StyleGANに基づく顔動作の感情変換
竹内至生中澤篤志京大IMQ2020-26 IE2020-66 MVE2020-58
人が話すとき,表情に現れる感情は対話相手の印象を大きく左右する. また,動画投稿サイトやオンデマンド講義など社会には話し... [more] IMQ2020-26 IE2020-66 MVE2020-58
pp.76-81
PRMU 2020-10-09
13:00
ONLINE オンライン開催 Style Adapted DataBase: セマンティクスを考慮したスタイライゼーションによる手セグメンテーションの汎化
大川武彦八木拓真佐藤洋一東大PRMU2020-23
ウェアラブルカメラから得られる一人称視点映像におけるドメインシフトは,照明条件や背景のアピアランスの変化によって生じ,手... [more] PRMU2020-23
pp.26-31
MVE 2020-09-09
14:00
ONLINE オンライン開催(国士舘大学から変更) Neural Style Featureを用いた感性モデルに基づく質感表現
寸田菜月谷 伊織関西学院大)・飛谷謙介長崎県立大)・竹本 敦谿 雄祐長田典子関西学院大)・森田修史クチュールデジタルMVE2020-18
本研究では,細かい模様や粗さといった素材の表面性状(テクスチャ)に対する印象である感性的質感に着目し,所望の感性的質感を... [more] MVE2020-18
pp.38-43
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-16
11:15
京都 京都大学
(開催中止,技報発行あり)
ラーメンスタイルエンコーダーを用いたスタイル特徴とマスク画像からの画像生成
趙 宰亨下田 和柳井啓司電通大PRMU2019-71
近年、Web上のブログやTwitter とInstagramのようなソーシャルネットワークサービス(SNS)などに大量の... [more] PRMU2019-71
pp.33-38
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-18
17:10
東京 青山学院大学 青山キャンパス Variational Autoencoderを用いた画像スタイル変換
中田秀基麻生英樹産総研BioX2017-56 PRMU2017-192
画像スタイル変換は、コンテント画像に対してスタイル画像から抽出した
スタイルを適用することで、任意のコンテントを任... [more]
BioX2017-56 PRMU2017-192
pp.121-126
MBE, NC, NLP
(併催)
2018-01-27
13:10
福岡 九州工業大学 スタイル特徴抽出ネットワークを用いた画像のスタイル変換
田中翔也萩原将文慶大NC2017-62
本稿では、スタイル特徴抽出ネットワークを用いた画像のスタイル変換手法を提案する。画像のスタイル変換は近年研究が盛んに行わ... [more] NC2017-62
pp.71-76
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会