お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN, CS, NV
(併催)
2022-09-02
09:40
岩手 マリオス(盛岡地域交流センター)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線LANシステム間のスループット公平性の向上を目指したMAC切り替え制御方式の特性評価
小畑博靖高野知佐広島市大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, NS
(併催)
2021-03-05
13:00
ONLINE オンライン開催 隣接チャネル干渉下における無線LAN間のスループット公平性の向上を目指したMAC切り替え制御方式の検討
小畑博靖足立悠輔高野知佐石田賢治広島市大IN2020-86
モバイルアクセスポイント(AP)やテザリング機能を持つスマートフォンの普及により多くの無線LAN(WLAN)システムが会... [more] IN2020-86
pp.190-195
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
17:15
ONLINE オンライン開催 異種の輻輳制御機構間の公平性の改善を目的としたCUBIC TCPの解析モデルの提案
内海哲史福島大)・長谷川 剛東北大NS2020-109
現在、インターネットにおいて、もっともシェアの高いTCP輻輳制御機構は、パケットロスに基づく手法のCUBIC TCPであ... [more] NS2020-109
pp.119-124
NS, IN
(併催)
2020-03-05
10:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
WLAN密集環境におけるスループット公平性を改善する数理モデルに基づくキャプチャ効果を用いたメディアアクセス制御
三浦圭輝小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大IN2019-88
複数無線LAN(WLAN)システムが密集する環境において, キャプチャ効果を考慮し, WLAN間およびWLAN内における... [more] IN2019-88
pp.73-78
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
09:25
宮城 東北大学 電気通信研究所 WLAN間のスループット公平性を改善するキャプチャ効果を用いたメディアアクセス制御
三浦圭輝小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大IN2019-25
キャプチャ効果を考慮し, 複数無線LAN(WLAN)間およびWLAN内におけるフレーム衝突に対応したメディアアクセス制御... [more] IN2019-25
pp.11-16
IN, NS
(併催)
2019-03-04
10:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター WLANシステム間のスループット公平性を考慮したキャプチャ効果を用いたMAC切り替え制御方式
市場 充三浦圭輝小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大NS2018-205
モバイルAP(Access Point)やテザリング端末などを用いたポータブルな無線LAN(WLAN)システムが増加して... [more] NS2018-205
pp.69-74
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター スループットの公平性向上を目指したキャプチャ効果を用いた無線LANメディアアクセス制御の改良
三浦圭輝小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大IN2018-109
これまで, 複数無線LAN(WLAN)間だけでなく, WLAN内におけるフレーム衝突を考慮したキャプチャ効果を用いたメデ... [more] IN2018-109
pp.151-156
IN, NS
(併催)
2011-03-04
13:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター エンドホストでのAQMエミュレーションによるTCPコネクション間のスループット公平性改善
石津圭太古賀久志渡辺俊典電通大IN2010-204
現在のインターネットでは,輻輳制御はエンドホストでのTCPスタックとルータでのアクティブキュー管理 (AQM)により実現... [more] IN2010-204
pp.359-364
NS, IN
(併催)
2008-03-07
12:05
沖縄 万国津梁館(沖縄) 送信待機状態を導入したマルチホップ無線LAN用パケットスケジューリング機構とフロー間の公平性に対する改善効果
和久田兼作笠原正治高橋 豊京大)・久礼嘉伸板倉英三郎ソニーNS2007-192
現在最も普及している無線規格であるIEEE 802.11 DCFは,マルチホップ通信を考慮して設計されていないため,中継... [more] NS2007-192
pp.335-340
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会