お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 181件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2022-12-21
17:10
福岡 九州大学 西新プラザ l-多様性を満たすためのグルーピングとダミー追加を組み合わせたアルゴリズム
大石慶一朗清 雄一田原康之大須賀昭彦電通大AI2022-47
個人に関する情報を含んだデータベースは様々な大学や企業で利活用されているが,そのようなデータベースを利用するためにはプラ... [more] AI2022-47
pp.80-86
KBSE, SC
(共催)
2022-11-04
15:30
長野 野沢温泉 桐屋旅館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
在宅高齢者の自助支援に向けたエージェント対話ログ分析サービスの検討
雲丹亀和希中村匡秀神戸大)・佐伯幸郎高知工科大)・陳 思楠神戸大)・安田 清阪工大KBSE2022-34 SC2022-29
我々の研究グループでは,認知機能に不安や問題を抱える在宅高齢者を支援するために,仮想エージェントとの対話を通して,高齢者... [more] KBSE2022-34 SC2022-29
pp.19-24
IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(共催)
DE
(連催) [詳細]
2022-09-09
13:50
富山 富山県民会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
NUMA環境に於ける高効用アイテムセットマイニングの並列実行方式の検討と予備実験
木村元紀早水悠登東大)・ラゲ ウダイ キラン会津大)・合田和生喜連川 優東大DE2022-9
高効用アイテムセットマイニングは、アイテムの良と利得の両方を考慮した新しいマイニング問題であり、 幅広い知識発見タスクに... [more] DE2022-9
pp.13-18
LOIS, ICM
(共催)
2022-01-28
11:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]時系列モチーフの構造と時間発展について
今村 誠東海大ICM2021-41 LOIS2021-39
時系列モチーフは,機器,人の動作,経済活動などのシステムが内在的にもつ特徴を反映する定型的なパターンを表現する基本ツール... [more] ICM2021-41 LOIS2021-39
pp.46-50
ET 2020-03-07
11:00
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
外れ値分析を用いて自己評価の変化を検出する評価支援システムの開発
蛯名哲也森本康彦学芸大ET2019-78
現在,学習者が様々な学習活動において自己評価を通し,見通しを持って粘り強く取り組み,自己の学習活動を振り返って次につなげ... [more] ET2019-78
pp.13-18
DC 2020-02-26
10:25
東京 機械振興会館 畳み込みニューラルネットワークを活用したLSIテスト不良予測
岡 龍之介大竹哲史大分大)・熊木光一ルネサス エレクトロニクスDC2019-87
近年,LSI は高集積化技術の発展や低価格化を要因として信頼性を保証するテストに関するコストが増大している.これまでに,... [more] DC2019-87
pp.7-12
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 調理スペースの概念モデルの可視化の検討
濱 龍太郎斎藤 梓高久由香里LIXIL)・橋本敦史Omron Sinic X
本研究では調理エリアのメンタルモデルの可視化・分析の手法を提案する.
ユーザーは作業スペースを分割したエリアとして捉え... [more]

AI 2019-07-22
11:30
北海道 函館コミュニティプラザ Gスクエア 頂点併合と辺削除によるグラフ系列クラスタリングの効率化
木村至貴猪口明博関西学院大AI2019-5
本研究では,ソーシャルネットワークにおけるコミュニティの変化を検出するために,グラフ系列をクラスタリングする問題を扱う.... [more] AI2019-5
pp.21-26
NLP, MSS
(併催)
2019-03-14
15:35
福井 福井大学 文京キャンパス 繰り返し誤り検出型のクラスタリング手法に適用したニューラルネットワークのDropout層の効果
渡邉大志山内将行広島工大)・田中 衞上智大NLP2018-130
IoT は大きく発展し続けており,インターネット上の雑然としたビックデータを有効に扱う必要が益々高まりつつある.
この... [more]
NLP2018-130
pp.31-36
HCS 2019-03-07
14:50
北海道 北星学園大学 気分障害に適したTwitter上コミュニケーションの最適化手法の検討
伊藤直也米澤朋子関西大HCS2018-71
気分障害の人がTwitter利用を通じ他者から受ける影響を鑑み,他ユーザとのつながりを最適化問題として扱った.Twitt... [more] HCS2018-71
pp.25-30
AI 2019-02-23
11:50
東京 関西大学 東京センター スーパーマーケットにおける戦略立案支援のための時区間分析手法の構築
奈良岡 誠早矢仕晃章大澤幸生東大AI2018-48
スーパーマーケットにおいて,商品を購入する消費者の嗜好や購買傾向は時期や時間によって変化する.販売戦略を立てる際には,消... [more] AI2018-48
pp.61-65
ICM, LOIS
(共催)
2019-01-24
15:00
鹿児島 鹿児島県文化センター [招待講演]統合ログ分析技術Lognosisと運用ログ分析の取組
外山将司東羅翔太郎豊田真智子NTTICM2018-41 LOIS2018-47
統合ログ分析技術Lognosisは,データマイニングや機械学習の技術を用いて,Syslogなどのテキストログや性能値など... [more] ICM2018-41 LOIS2018-47
pp.33-34
NLP, NC
(併催)
2019-01-23
14:30
北海道 北海道大学 百年記念会館 ニューラルネットワークを利用した繰り返し誤り検出型の新しいクラスタリング手法の提案
渡邉大志山内将行広島工大)・田中 衞上智大NLP2018-107
IoTは大きく発展し続けており、インターネット間の雑然としたビックデータを有効に扱う必要が益々高まりつつある。
このビ... [more]
NLP2018-107
pp.63-68
MoNA 2019-01-16
13:25
京都 キャンパスプラザ京都(京都駅前) [奨励講演]完全準同型暗号を用いた秘匿データマイニング分散処理システムのデータベース更新時の高速化
山本百合小口正人お茶の水女子大MoNA2018-62
昨今,データ所有者が外部機関にデータマイニングによる調査を委託することが一般的であるが,データのプライバシ保護の観点から... [more] MoNA2018-62
pp.27-32
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2018-11-04
11:00
福岡 九州大学 大橋キャンパス セキュリティインシデントに関する固有表現抽出及び極性分析機能の開発
中野心太宇都太祐黒澤祐一郎花田真樹村上洋一布広永示東京情報大ISEC2018-74 SITE2018-52 LOIS2018-34
著者らは Web 上にあるニュースサイトの記事からセキュリティインシデントに関連した情報を解析する ことに注目し,We... [more] ISEC2018-74 SITE2018-52 LOIS2018-34
pp.57-62
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2018-09-12
12:30
東京 東工大 大岡山キャンパス 食べログの再訪問レビューの発見
白髪宙海村本直樹大島裕明兵庫県立大DE2018-10
本研究では,飲食店のレビュー文書が初訪問のものであるか再訪問のものであるかを自動的に分類する問題に取り組んだ.ウェブ上に... [more] DE2018-10
pp.7-12
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2018-09-06
14:00
東京 成蹊大学 顧客理解のためのテキストアナリティクスとデータマイニングの融合分析(原稿なし)
市瀬 眞NTTドコモNLC2018-14
お客さまから日々頂くお問い合わせやご意見,ご要望といった“お客さまの声(VoC:Voice of Customer)”を... [more] NLC2018-14
pp.31-36
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2018-06-13
10:25
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 高次元データのスペクトラルクラス分類における特徴量スケーリング
松田萌望保國惠一今倉 暁櫻井鉄也筑波大IBISML2018-2
本稿では,高次元データのクラス分類問題を考える.データの一部のラベル情報を使って特徴量のスケールを調整するための因子(ス... [more] IBISML2018-2
pp.9-14
ET 2018-05-19
11:20
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 Moodleの教材閲覧履歴の分析結果の共有が履修者に与える効果の検討
土橋 喜愛知大ET2018-5
多数の履修者が参加するパソコン教室の授業において,Moodleを活用して対面式のブレンド型授業を行い,履修者の学習履歴を... [more] ET2018-5
pp.23-28
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-18
09:30
大阪 大阪府立大学 人物行動モデルによる軌跡のセマンティックセグメンテーション
小川大輔玉木 徹Bisser Raytchev金田和文広島大PRMU2017-112 MVE2017-33
軌跡のクラスタリングや分類などの多くの場合では,計算の前処理として軌跡の分割が用いられる.本稿では,学習済みの... [more] PRMU2017-112 MVE2017-33
pp.1-7
 181件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会