お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RISING
(第三種研究会)
2022-10-31
13:00
京都 京都テルサ(1日目),オンライン開催(2,3日目) [ポスター講演]故障対応自動化に向けたネットワーク装置コマンドログからの特徴量抽出法
甲斐田慶太郎木村達明阪大)・山内啓嗣ソフトバンク)・滝根哲哉阪大
近年の通信サービスの多様化や急速な普及により,通信事業者の運用するネットワークは大規模・複雑化し,故障対応を含むネットワ... [more]
IA 2022-10-14
16:45
東京 東京大学 小柴ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ShowNet 2022におけるSRv6 Single Stack Backboneの設計と構築
中村 遼東大)・鎌田徹平シスコシステムズ)・清水一貴ジュニパーネットワークス)・廣瀬真人NTTコミュニケーションズ)・渡邊貴之ジュニパーネットワークス)・遠峰隆史NICTIA2022-33
本稿では、2022年6月に開催されたInterop Tokyo 2022においてShowNetで設計、構築、そして運用さ... [more] IA2022-33
pp.1-6
NS 2022-10-05
10:45
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワーク装置コマンドログからの特徴量抽出法
甲斐田慶太郎木村達明阪大)・山内啓嗣ソフトバンク)・滝根哲哉阪大NS2022-76
近年,通信サービスの多様化と拡大に伴うネットワークの大規模化により,その監視・管理業務は複雑化している.ネットワーク装置... [more] NS2022-76
p.1
IA, ICSS
(共催)
2022-06-23
13:05
長崎 長崎県立大学シーボルト校
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワーク運用自動化のための運用データ連携解析の検討
小林 諭福田健介NIIIA2022-1 ICSS2022-1
ネットワーク運用の自動化を、人の手を介さずデータ駆動で障害を回避・対処する高度な自律制御により実現するSelf-driv... [more] IA2022-1 ICSS2022-1
pp.1-7
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2022-03-07
16:45
京都 京都大学 吉田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ネットワークプログラマビリティを通じたネットワーク運用管理のサービス化に向けて
阿多信吾阪市大SITE2021-56 IA2021-69
ネットワーク運用管理において、ネットワーク本番運用後に明らかとなったさまざまな課題を解決するためには、ネットワークプログ... [more] SITE2021-56 IA2021-69
pp.63-68
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-26
15:15
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワーク運用におけるオンサイト作業へのロボット支援の検討
蕨野貴之KDDI総合研究所)・鈴木悠祐KDDI)・大谷朋広KDDI総合研究所ICM2021-28
SDNやNFVなどの仮想化技術によって,ソフトウェアベースのネットワーク運用管理が重要性を増してきている.一方で,通信事... [more] ICM2021-28
pp.27-32
ICM 2021-07-16
10:00
ONLINE オンライン開催 ベイジアンネットワークによるアラームコリレーション技術の検討
高田 篤林 直輝佐藤亮介関 登志彦山越恭子NTTICM2021-15
近年,AIやオーケストレータを用いて,ITサービスの運用を自動化する研究がおこなわれている.ITサービスの運用では,装置... [more] ICM2021-15
pp.28-33
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-16
14:55
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]通信サービス故障診断における機械学習を用いた装置コマンド自動制御化の検討
山内啓嗣ソフトバンク)・木村達明阪大RCC2021-40 NS2021-56 RCS2021-98 SR2021-40 SeMI2021-29
近年,通信サービスの急速な普及と多様化により,ネットワークの装置構成は大規模・複雑化し,その運用は非常に困難になっている... [more] RCC2021-40 NS2021-56 RCS2021-98 SR2021-40 SeMI2021-29
pp.83-87(RCC), pp.124-128(NS), pp.104-108(RCS), pp.106-110(SR), pp.82-86(SeMI)
ICM 2021-03-19
15:20
ONLINE オンライン開催 OSS機能更新を早期化するコンテナアーキテクチャ検討と切替手法について
斎藤清隆白井嵩士NTTICM2020-77
通信キャリアではNWサービスの構築・運用を行うに辺り様々なソフトウェアを活用し,安定的かつ効率的に運用維持を行ってきた.... [more] ICM2020-77
pp.98-103
SANE, SAT
(併催)
2021-02-18
11:00
ONLINE オンライン開催 光運用計画立案装置(LGNP)によるネットワーク運用手法 ~ 宇宙光直接通信技術 ~
向井達也JAXA)・高山佳久東海大)・浅間 孝八木伸浩TISSANE2020-58
OICETS実験地上システム及びIOAG/OLSG報告書に基づき、JAXAは、大学及び企業と協力し、宇宙と地上間の光直接... [more] SANE2020-58
pp.1-6
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
13:35
ONLINE オンライン開催 仮想マシンの累計稼働時間に基づく仮想ネットワーク動的優先監視方式の検討
沖田英樹星原隼人日立)・薦田憲久藤原 融阪大ICM2020-31
データセンターの多数の仮想マシンの障害管理の効率化のために,広域ネットワークの障害監理向けのEthernet OAMを活... [more] ICM2020-31
pp.61-66
IA 2020-10-09
17:15
ONLINE オンライン開催 オンライン会議開催におけるイベント展示の対応
新 善文アラクサラネットワークス)・佐藤 聡筑波大IA2020-17
COVID-19のために会議やイベントはオンライン開催として実施されるようになった。これまで会場に併設でイベント展示をお... [more] IA2020-17
pp.15-18
ICM 2020-07-16
14:50
ONLINE オンライン開催 グラフ探索アプローチによるネットワークのテスト工程自動化
田辺和輝福田達也黒田貴之NECICM2020-12
本研究では,ネットワークのテスト工程自動化を目的として,ネットワークシステムの構成(システム設計)が要件(システム要件)... [more] ICM2020-12
pp.25-30
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]ネットワーク運用管理における時系列データ予測による異常予兆検知手法
正木健太阿多信吾阪市大
近年,ネットワーク運用管理の中で何らかの異常がネットワークに発生した際,迅速に障害復旧を行うための異常を検知するシステム... [more]
IA 2019-10-04
17:15
東京 東京大学 本郷キャンパス 武田先端知ビル(武田ホール) ShowNet 2019におけるSRv6 Service Chainingの試行
中村 遼東大)・上野幸杜NTTコミュニケーションズ)・○鎌田徹平シスコシステムズ)・清水一貴ジュニパーネットワークス)・遠峰隆史レピダム)・渡邊貴之ジュニパーネットワークスIA2019-23
本稿では、2019年6月に開催されたInterop Tokyo 2019において、ShwoNetで構築、運用されたSRv... [more] IA2019-23
pp.23-28
ICM 2019-07-11
13:00
北海道 旭川市国際会議場 機能間の疎結合化に向けたOpS構成法の検討
大柳浩之斎藤清隆副島裕司古川 毅NTTICM2019-6
通信キャリアではNWサービスの運用管理をOpS(Operation Support System)により安定的かつ効率的... [more] ICM2019-6
pp.1-6
ICM 2019-07-12
09:25
北海道 旭川市国際会議場 トラフィック情報を用いた構成管理技術における精度向上手法の検討
中村瑞人丹治直幸高田 篤関 登志彦山越恭子NTTICM2019-16
キャリアにおけるネットワーク(NW)保全業務では,NW装置の故障発生時には迅速な故障箇所の特定や影響の把握が求められる.... [more] ICM2019-16
pp.59-64
ICM, LOIS
(共催)
2019-01-24
13:25
鹿児島 鹿児島県文化センター OpSへの適用に向けたOSS評価法の検討
大柳浩之吉田 敦坂田浩亮丹治直幸大谷未稚NTTICM2018-38 LOIS2018-44
通信キャリアでは多数のNW装置によりサービスを提供しており,OpS(Operation System)によりサービスを安... [more] ICM2018-38 LOIS2018-44
pp.15-20
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
12:20
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス ワークフローエンジンを用いたインシデント切り分け自動化
瓦井太雄吉田直樹阪市大)・中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・阿多信吾阪市大ICM2018-34
近年の情報インフラの普及と大規模化に伴い,ネットワークを含む情報システムの構造複雑化による運 用管理者の負担増加が深刻な... [more] ICM2018-34
pp.57-62
IA 2018-09-04
16:05
北海道 北海道大学学術交流会館 ShowNet 2018におけるIP経路制御技術を用いたサービスチェイニング
中村 遼東大)・上野幸杜NTTコミュニケーションズ)・鎌田徹平シスコシステムズ)・清水一貴ジュニパーネットワークス)・遠峰隆史NICT)・渡邊貴之ジュニパーネットワークスIA2018-30
本稿では、2018年6月に開催されたInterop Tokyo 2018において、ShowNetで
構築されたServ... [more]
IA2018-30
pp.91-96
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会