お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2019-05-23
16:45
大阪 大阪大学 豊中キャンパス 大阪大学会館 位置依存形P2Pネットワークにおけるサーバ負荷分散手法とその評価
杉山 健下村勇介三好 匠山崎 託芝浦工大ICM2019-3
近年,位置情報を利用したサービス(LBS: Location-based service)が普及している.LBSでは,ユ... [more] ICM2019-3
pp.37-40
COMP 2016-04-22
10:20
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 ハイブリッドP2Pシステムに対するランポート時計を利用したチェックポイント取得とロールバック
守屋 宣近畿大COMP2016-1
複数のピアがサーバを利用しながら相互に通信を行うハイブリッドP2Pシステムにおいて,ピアが故障を起こしたときに故障前のチ... [more] COMP2016-1
pp.1-8
NS 2009-12-11
14:40
愛媛 愛媛大学 Hybrid P2P環境におけるOfflineダウンロードの提案と実装 ~ PCとモバイルの対応 ~
林 政中閻 剣鋒中里秀則浦野義頼早大NS2009-140
Peer-to-Peer(P2P)技術のおかげで、近年インターネットにおける情報交換は大きくは発展してきた。P2P に関... [more] NS2009-140
pp.111-114
IN, NS, CS
(併催)
2006-09-15
09:20
宮城 東北大学 InfoShare: ハイブリッドP2Pネットワークによる選択的連携検索機構を有するキャンパス情報共有システム
石坂充弘阿彦茂人井家 敦中嶋龍彦神奈川工科大NS2006-82
本稿では,キャンパスにおいてボランティア的な情報公開をもとに,ハイブリッドpeer-to-peer(P2P)ネットワーク... [more] NS2006-82
pp.69-72
MVE 2006-09-13
14:00
北海道 北海道大学 ウェアラブルARのためのハイブリッドP2Pを用いたユーザへの注釈付け
牧田孝嗣神原誠之横矢直和奈良先端大
近年,拡張現実感(AR)をウェアラブルコンピュータで実現することで,場所に応じた情報をユーザに直感的に提供するウェアラブ... [more] MVE2006-58
pp.91-96
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会