お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE 2021-09-18
13:00
ONLINE オンライン開催(国士舘大学でのハイブリッド開催から変更) [ショートペーパー]畳まれた長傘の持ち方調査に基づくヒヤリハット減少に向けた検討
大木あかり荒井将太髙田茉知武田将太郎山本貴士鎌田尚希武川直樹東京電機大)・青木良輔NTTMVE2021-21
日本では,折り畳み傘よりも長傘の利用率が高く,かつ雨天利用時だけでなく,畳まれた状態においてもヒヤリハット事故が多い.本... [more] MVE2021-21
pp.62-63
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-06
13:50
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
【オンライン】ヒヤリハット事例の仮想立ち合いにおける注視点を用いた安心感評価
大西 衝宍戸英彦北原 格亀田能成筑波大IMQ2019-64 IE2019-146 MVE2019-85
本研究ではヒヤリハットを当事者としてではなく第三者の視点で仮想立ち合いとして観察させることで被験者の安心感を評価する方法... [more] IMQ2019-64 IE2019-146 MVE2019-85
pp.251-256
SSS 2018-09-25
14:10
東京 機械振興会館 地下3階2号室 ニューラルネットワークによる薬局ヒヤリハット事例における発生要因再分類
小張慶樹木村昌臣芝浦工大SSS2018-21
薬局ヒヤリハット事例とは薬局で起こった, 結果として事故にならなかったが一歩間違えれば医療事故になった可能性のある事例を... [more] SSS2018-21
pp.9-12
HIP 2018-08-02
11:15
東京 東京女子大学 ヒューマンエラーを定量化する処方箋監査シミュレーション課題の作成
松田幸久中山明音五郎丸 剛江藤精二福山大HIP2018-41
本研究の目的は処方箋監査場面におけるヒューマンエラーを定量化する処方箋監査シミュレーション課題の作成である.本課題はパー... [more] HIP2018-41
pp.13-16
KBSE 2018-03-02
16:30
沖縄 石垣市民会館 中ホール 保守技術者によるヒヤリハット報告の分析と考察
水澤信彦富士通エフサス)・中谷多哉子放送大KBSE2017-63
本研究の目的は、情報システムに携わる保守技術者(ハードウェアの保守技術者)のヒヤリハットを削減することである。ハインリッ... [more] KBSE2017-63
pp.145-150
KBSE 2017-03-04
13:20
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 テキストマイニング手法を用いたヒヤリハット報告に基づくヒュマンエラー分析と考察
水澤信彦富士通エフサス/放送大)・辰己丈夫放送大)・村上祐子東北大)・中谷多哉子放送大KBSE2016-48
本論文は、情報システムに携わるハードウェア保守技術者(以下保守技術者)がお客様先で経験したヒヤリハット報告をテキストマイ... [more] KBSE2016-48
pp.55-60
SSS 2012-09-20
14:20
東京 機械振興会館 自動車ドライバーによる踏切通過時のヒヤリハットに関する考察
畠山 直鉄道総研SSS2012-13
踏切における鉄道事故は年々減少しているものの、依然として鉄道事故全体の4割近くを占め、鉄道事業者にとっては、現在でも大き... [more] SSS2012-13
pp.9-12
NLC 2010-01-26
11:15
広島 広島市まちづくり市民交流プラザ 概念束によるヒヤリハット報告書の分析システム
馬場隆寛劉 春玲廣川佐千男九大NLC2009-46
医療などの現場では、重大な事故を事前に防ぐために、「ヒヤリ」としたり
「ハッ」とした体験が収集されている。事故が起こり... [more]
NLC2009-46
pp.79-83
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会