お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 66件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MICT, WBS
(共催)
2022-07-25
09:30
岡山 岡山県立大学 [ポスター講演]反転型N-CSK方式による海中可視光給電通信の給電性能改善効果に関する一検討
越本匡雄小澤佑介羽渕裕真茨城大WBS2022-20 MICT2022-20
近年、海底国際資源の効率的な探索・発掘作業を行うために海中可視光ワイヤレス給電通信(USLIPT: Underwater... [more] WBS2022-20 MICT2022-20
pp.18-23
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
11:10
ONLINE オンライン開催 時間分割型USLIPTにおける最適CSK信号点空間拡張に関する検討
向後拓磨小澤佑介羽渕裕真茨城大IT2021-117 ISEC2021-82 WBS2021-85 RCC2021-92
近年,柔軟な海中ネットワーク網構築のため,水中可視光通信による無線通信及び無線給電を実現する水中可視光ワイヤレス給電通信... [more] IT2021-117 ISEC2021-82 WBS2021-85 RCC2021-92
pp.204-209
WBS, MICT
(共催)
2021-07-30
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]光無線通信における4値ASK-PPMターボ符号システムの一検討
飯沼正太郎孫 冉武田茂樹茨城大WBS2021-28 MICT2021-21
光無線通信におけるターボ符号システムの従来変調方式であるオンオフ変調 (OOK) と二値パルス位置変調 (BPPM) は... [more] WBS2021-28 MICT2021-21
pp.34-38
SCE 2021-01-19
15:25
ONLINE オンライン開催 低消費電力単一磁束量子回路の動作周波数の調査
国吉真波村瀬 健長岡一起田中雅光山下太郎藤巻 朗名大SCE2020-22
単一磁束量子回路の低消費電力化するうえで、ジョセフソン接合の臨界電流値や回路のバイアス電圧を下げることは有効な手法である... [more] SCE2020-22
pp.30-35
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-15
14:25
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]光無線ターボ符号通信システムのための高速伝送方式
孫 冉羽渕裕真小澤佑介茨城大WBS2020-30 ITS2020-26 RCC2020-33
光無線通信の信頼性向上のため、誤り訂正符号の導入が検討されている。誤り訂正符号の一つであるターボ符号における
代表的な... [more]
WBS2020-30 ITS2020-26 RCC2020-33
pp.126-130
CS 2020-11-05
14:10
ONLINE オンライン開催+中央・野々市公民館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[招待講演]超球面変調の一般化に関する一検討
嘉久和 翔藤井雅弘宇都宮大CS2020-48
本稿では,多次元ユークリッド空間において全てのシンボルが超球面上に存在する条件の下で,任意の次元に一般化したシンボル設計... [more] CS2020-48
pp.7-11
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
14:55
宮城 東北大学 電気通信研究所 4次元ユークリッド空間上での高効率な位相変調に関する一検討
嘉久和 翔藤井雅弘宇都宮大CS2019-60
これまでのPSKやQAMのような2次元ユークリッド空間上でのシンボル設計では,ビット当たりの送信電力を固定したときに採り... [more] CS2019-60
pp.69-73
RCS 2019-06-21
09:30
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 3次元ユークリッド空間上での高効率な位相変調に関する一検討
嘉久和 翔藤井雅弘宇都宮大)・岩松隆則富士通テレコムネットワークスRCS2019-82
伝送の高速化のためにディジタル変調方式で用いられる多値化技術は,シンボル間距離の縮小により伝送の信頼性が劣化を伴う.本稿... [more] RCS2019-82
pp.261-266
WBS, SAT
(併催)
2019-05-16
10:25
愛知 名城大学 天白キャンパス QAM-FBMC方式の符号化による誤り率特性の改善
高田駿督橋田佳昌浜村昌則高知工科大WBS2019-9
2種類のプロトタイプフィルタを用いたQAM (quadrature amplitude modulation)フィルタバ... [more] WBS2019-9
pp.47-52
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-01-31
12:30
大阪 大阪大学 中之島センター 可視光CDM通信システムのための調光制御方式に関する研究
河本 椋松嶋智子宮崎真一郎大村光徳山嵜彰一郎職能開発大IT2018-41 SIP2018-71 RCS2018-248
同期光CDM システムでは,拡張プライム系列符号(MPSC)と適切な干渉除去方式を組み合わせて用いることにより,多重ユー... [more] IT2018-41 SIP2018-71 RCS2018-248
pp.37-42
CS, CAS
(共催)
2018-03-13
15:30
福岡 九州大学 西新プラザ フェージング環境下におけるポーラ符号の演算量削減について
伊藤雅秋髙畑文雄早大CAS2017-158 CS2017-112
フェージング環境下におけるポーラ符号の特性改善アルゴリズムが提案されているが,全符号ブロックに適用することによる演算量の... [more] CAS2017-158 CS2017-112
pp.139-144
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-14
13:30
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 [ポスター講演]非可聴帯スペクトル拡散音響通信の基本性能評価
安田雄喜竹村真志中塚真衣山田啓二長野翔太森田宗一郎村山陽寛久保博嗣立命館大WBS2017-52 ITS2017-29 RCC2017-68
本報告では,音響通信での活用を想定して,スペクトル拡散通信の基本性能に関して論じる.本報告で検討するスペクトル拡散音響通... [more] WBS2017-52 ITS2017-29 RCC2017-68
pp.95-99
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-19
15:35
北海道 北海道大学 スクリーンカメラ通信における通信距離を考慮した符号化方式
山本純也萬代雅希上智大ASN2017-21
本研究では,スクリーンカメラ通信における通信距離を考慮した符号化方式を提案する.既存方式は,通信距離が遠くなるに従い,ビ... [more] ASN2017-21
pp.53-56
EMM 2017-03-06
15:40
沖縄 宮古島マリンターミナルビル(沖縄) [ポスター講演]完全相補系列系を用いた画像電子透かしにおけるホスト信号近似法の性質について
加藤 翔小嶋徹也東京高専EMM2016-95
完全相補系列系は,理想的な相関特性を有する拡散系列系であり,近年,この完全相補系列系を用いた電子透かし技術の提案がなされ... [more] EMM2016-95
pp.49-53
CAS, CS
(共催)
2017-02-24
09:55
滋賀 彦根勤労福祉会館 端末共同干渉キャンセラのための受信信号共有方式の検討
梅原大祐上野修平赤城僚太京都工繊大)・村田英一京大)・田野 哲岡山大CAS2016-126 CS2016-87
多数アンテナを有する基地局から単一の少数アンテナ移動端末に向けて空間分割多重(Space Division Multip... [more] CAS2016-126 CS2016-87
pp.69-74
WBS 2016-10-06
13:00
神奈川 防衛大学校 [ポスター講演]SC-FDEにおける誤り訂正を考慮した理論ビット誤り率の解析に関する一検討
齋藤周平菅沼碩文前原文明早大WBS2016-42
SC-FDEはPAPRを低く抑えつつ,周波数選択性フェージングを克服できることから,低コストな送信機構成が求められる広帯... [more] WBS2016-42
pp.59-63
SAT, RCS
(併催)
2016-08-18
10:45
宮城 東北学院大学 水流音を拡散符号として用いるスペクトル拡散音響通信
山田啓二森田宗一郎村山陽寛久保博嗣立命館大RCS2016-132
本報告では,従来の拡散符号の代りに自然界に存在する水流音を用いたスペクトル拡散音響通信,即ち,水流音通信を提案する.可聴... [more] RCS2016-132
pp.19-23
MICT, WBS
(共催)
2016-07-20
12:30
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス [ポスター講演]人体動的チャンネルにおけるBANダイバーシチアンテナのOTA性能評価
李 鯤村田圭丞本田和博小川晃一富山大WBS2016-13 MICT2016-14
本論文では,人体動的チャンネルにおけるBANダイバーシチアンテナのOTA性能評価を行った.2次元フェージングエミュレータ... [more] WBS2016-13 MICT2016-14
pp.13-18
CQ 2016-05-25
15:45
福岡 九州大学 ヘルパーMIMOとその復号手順に関する一考察
梅原大祐上野修平赤城僚太京都工繊大)・村田英一京大)・田野 哲岡山大CQ2016-30
多数アンテナを有する基地局から単一の少数アンテナ移動端末に向けてプリコーディングなしで空間分割多重(Space Divi... [more] CQ2016-30
pp.101-106
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-03
11:15
東京 東京工業大学 受信信号フレーム共有による端末共同干渉キャンセラの特性評価
梅原大祐上野修平赤城僚太京都工繊大)・村田英一京大)・田野 哲岡山大RCS2015-367
多数アンテナを有する基地局から複数の少数アンテナ移動端末に向けてプリコーディングなしで空間分割多重(Space Divi... [more] RCS2015-367
pp.205-210
 66件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会