お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 234件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-25
13:00
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]プライバシー保護やデータ漏洩防止のための選択的忘却が可能な継続深層学習 ~ 安全・安心・公平な情報通信サービスへの貢献を目指して ~
柴田剛志NTTNS2022-123 CQ2022-56 ICM2022-26
継続学習は、以前のタスクに関する知識をすべて保持したまま、新しいタスクのために表現力の高いモデルを学習させることを目的と... [more] NS2022-123 CQ2022-56 ICM2022-26
pp.131-132(NS), pp.52-53(CQ), pp.25-26(ICM)
IA 2022-11-21
16:20
新潟 万代市民会館(新潟県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機密情報を保護したマルウェア動的解析の外部環境へのアウトソーシング
濱島圭佑小谷大祐岡部寿男京大IA2022-44
マルウェアの動的解析には専門のスキルが必要となるため,セキュリティの専門家がおらず,組織内で解析するのが難しい場合,組織... [more] IA2022-44
pp.47-51
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2022-11-18
16:20
ONLINE オンライン開催 失効可能グループ署名における中継サーバを用いた失効処理の分散化
木村 魁中西 透北須賀輝明広島大ISEC2022-41 SITE2022-45 LOIS2022-25
グループ署名とは,あるグループに所属するユーザが匿名性を保ちつつ「グループに所属している」ことを証明できる署名方式である... [more] ISEC2022-41 SITE2022-45 LOIS2022-25
pp.66-72
BioX 2022-10-03
15:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [招待講演]社会を見守るセンシング技術
高田直幸セコムBioX2022-58
1966年,当社は日本初のオンラインセキュリティシステムを開発し,販売を開始した.当時は,「警備は人の仕事」というのが一... [more] BioX2022-58
p.19
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-15
13:50
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Secure outsourcing data integrity auditing for Internet of Things in cloud-edge environment
Yangfei LinCelimuge WuTsutomu YoshinagaUECCQ2022-30
近年、IoTデバイスの数は急増している。IoTはコンピュータやストレージのリソースが限られている ため、より良いサービス... [more] CQ2022-30
pp.42-47
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-15
17:50
北海道 北海道立道民活動センター (かでる2・7)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
完全DoH化DNSアーキテクチャに関する一検討
砂原 悟千歳科技大)・金 勇東工大)・飯田勝吉北大IA2022-23
DNSの通信では暗号化を伴わないUDPが主に用いられており、DNSキャッシュポイズニングによる改ざんや盗聴によるプライバ... [more] IA2022-23
pp.50-53
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2022-06-09
11:25
東京 立教大学(オンライン開催の可能性あり)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
死なれてしまった人のプライバシー
吉永敦征山口県立大SITE2022-6
本論文では、死者のプライバシーという表現について、その実質的な内容を考慮し、死なれてしまった人のプライバシー侵害と表現を... [more] SITE2022-6
pp.35-39
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2022-06-09
15:20
東京 立教大学(オンライン開催の可能性あり)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
デジタル戦略におけるデータ関連法制の役割に関する一考察
加藤尚徳KDDI総合研究所/NFI)・森 京子KDDI総合研究所/一橋大)・村上陽亮神津 実KDDI総合研究所SITE2022-7
2022年5月3日、欧州委員会はEuropean Health Data Space (EHDS)の設立について、その具... [more] SITE2022-7
pp.40-45
CQ, CS
(併催)
2022-05-12
14:20
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Federated Learningを用いた分散型ネットワーク侵入検知システムの検討
都留悠哉・○川上朋也長谷川達人福井大CQ2022-5
ネットワーク侵入検知システム(NIDS)は, ネットワークを監視し, 不正なトラフィックを検知するシステムである. 現在... [more] CQ2022-5
pp.20-25
MSS, NLP
(共催)
2022-03-29
15:45
ONLINE オンライン開催 PC操作ログによる作業の切れ目推定技術の提案
山本里奈坂巻慶行角田忠信山口純平兒島 尚富士通MSS2021-80 NLP2021-151
近年,テレワーク中心の働き方が広まっている.従来のオフィスにおける働き方では作業の切れ目に会話が発生することが多かった.... [more] MSS2021-80 NLP2021-151
pp.133-138
EMM 2022-03-07
13:20
ONLINE 長崎大学 文教スカイホール
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[ポスター講演]プライバシーに配慮した深度画像を利用する人流計測システム
須藤雅弘新見道治九工大EMM2021-93
間内の人物の数や動線を調べる人流計測は,避難経路や商品,店舗の陳列などを検討する際の有益判断材料となる.しかし,既存の監... [more] EMM2021-93
pp.7-12
IN, IA
(併催)
2021-12-17
13:25
広島 広島大学東千田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]プライバシー指向映像管理のためのライブ映像加工時間短縮方式の検討
松本 哲義久智樹阪大)・川上朋也福井大)・寺西裕一NICTIA2021-44
近年,公共カメラは至る所に設置されている.撮影した動画は,ある特定の目的に沿って確認を行う為に設置されている事が多いが,... [more] IA2021-44
pp.65-66
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
13:00
ONLINE オンライン開催 スピーチプライバシーのための背景音楽キャンセルシステムの検討
黄 建寧・○伊藤彰則東北大SP2021-14
災害時の避難所は遮音が十分でなく、音のプライバシーを保つことができない。本研究では、避難所全体にBGMを流すとともに、被... [more] SP2021-14
pp.57-62
NS 2021-05-13
14:25
ONLINE オンライン開催 Webブラウザから1語の検索クエリがDomain Name Systemに漏れる問題の実態調査と利用者の興味関心漏れによるプライバシー侵害の評価
磯部克貴近藤大嗣戸出英樹阪府大NS2021-18
コンピュータ端末で利用されるWebブラウザの中には,検索バーに入力された検索クエリのうち,1語(空白や特定の種類の記号を... [more] NS2021-18
pp.20-25
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
15:45
ONLINE オンライン開催 データベースごとに限度の異なる問い合わせの情報漏洩を許した秘匿情報検索における通信容量の上界と下界
豊田修与松田哲直植松友彦東工大IT2020-133 ISEC2020-63 WBS2020-52
本稿では,複数のメッセージを有する複数のデータベースを利用した秘匿情報検索において情報漏洩を許す場合を考える.この秘匿情... [more] IT2020-133 ISEC2020-63 WBS2020-52
pp.128-133
IN, NS
(併催)
2021-03-05
09:30
ONLINE オンライン開催 ICN網における複数暗号鍵を用いた名前暗号化によるプライバシー保護に関する一考察
長谷川 亨・○山田翔太小泉佑揮阪大IN2020-75
Information Centric Networking (ICN) は、データの名前を宛先として用いるアーキテクチ... [more] IN2020-75
pp.126-131
BioX, CNR
(共催)
2021-03-02
15:30
ONLINE オンライン開催 角膜表面反射画像からのシーン識別
大嶋佑紀前田響介枝本祐典中澤篤志京大BioX2020-48 CNR2020-21
人の目の角膜は周囲の光を反射するため,顔画像から環境情報が取得できる.近年カメラの精度向上に伴い,被写体の周囲の人物や撮... [more] BioX2020-48 CNR2020-21
pp.44-49
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
09:35
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 仮想背景を使用したリモート会議映像における秘匿された背景の再構築手法
辻 知希石川琉聖立命館大)・衛藤将史NICT)・服部祐一セキュアサイクル)・井上博之広島市大ICSS2020-35
リモートでの業務が推奨される現在,ビデオチャットソフトウェアを用いた対人コミュニケーションが必須となってきている.自宅な... [more] ICSS2020-35
pp.55-60
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
14:05
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) Voice Assistant アプリの対話型解析システムの開発
刀塚敦子早大)・飯島 涼早大/NICT)・渡邉卓弥秋山満昭NTT)・酒井哲也早大)・森 達哉早大/NICTICSS2020-48
Voice Assistant サービスでは,公式もしくはサードパーティ製のVoice Assistant アプリ(以下... [more] ICSS2020-48
pp.132-137
CQ
(第二種研究会)
2021-01-21
11:05
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]情報指向ネットワーク技術のフォワーディングとプライバシーに関する研究動向
小泉佑揮長谷川 亨阪大
情報指向ネットワーク技術 (Information-Centric Networking: ICN) は、ホストの識別子... [more]
 234件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会