お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 262件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2024-03-21
15:20
沖縄 沖縄科学技術大学院大学(OIST) OISTカンファレンスセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プライバシーに配慮した悪性通信検出手法のNII-SOCSベンチマークデータを用いた検討
小川剛史名大)・長谷川皓一NII)・山口由紀子嶋田 創名大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2024-03-13
14:15
大阪 大阪大学吹田キャンパス 高性能なプライバシーを保護した機械学習のためのデータ加工方法の提案
山月達太阪大)・宮地充子阪大/北陸先端大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2024-03-13
15:05
大阪 大阪大学吹田キャンパス 継続学習型連合学習モデルにおける効率的なリプレイデータの選択
北野優斗神戸大)・王 立華NICT)・小澤誠一神戸大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CNR, BioX
(共催)
2024-02-29
15:00
東京 NHK放送技術研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
人物再同定のための画像のプライバシー保護加工手法の実装と評価
山口純平名田 元大内結雲安部登樹富士通BioX2023-73 CNR2023-40
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] BioX2023-73 CNR2023-40
pp.18-23
SIP, SP, EA
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2024-02-29
17:20
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Vision Transformer の連合学習のためのモデル精度の劣化を生じないプライバシー保護強化法
麻生 伶塩田さやか貴家仁志都立大EA2023-80 SIP2023-127 SP2023-62
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EA2023-80 SIP2023-127 SP2023-62
pp.115-120
SIP, SP, EA
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2024-02-29
15:10
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
連合学習における更新情報の類似度に基づくビザンチン攻撃検出法
大野賢太山岸昌夫法政大EA2023-86 SIP2023-133 SP2023-68
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EA2023-86 SIP2023-133 SP2023-68
pp.150-155
NS, IN
(併催)
2024-02-29
10:45
沖縄 沖縄コンベンションセンター 知識蒸留を用いた垂直連合学習におけるデータ漏洩攻撃の提案
水門巧実小泉佑揮武政淳二長谷川 亨阪大NS2023-187
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NS2023-187
pp.90-95
NS, IN
(併催)
2024-02-29
10:45
沖縄 沖縄コンベンションセンター P2P型見守り支援システムにおけるBloom Filterを用いたプライバシー保護機構
松本侑樹藤本章宏和歌山大)・戸出英樹阪公立大NS2023-193
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] NS2023-193
pp.125-130
EMM 2024-01-16
15:25
宮城 東北大
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]AIにおけるプライバシー保護を強化した連合学習
王 立華NICTEMM2023-83
連合学習は,複数の組織がデータを共有せずに協力し,全体のデータに対して機械学習を行うための重要な手法です.この講演では,... [more] EMM2023-83
p.19
ICM, NS, CQ, NV
(併催)
2023-11-22
15:00
愛媛 愛媛県男女共同参画センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
差分プライバシーを考慮した出版購読型IoT通信プロトコルに関する一考察
嶋本怜哉酒井和哉都立大NS2023-123
昨今のIoTデバイスの発展は目覚ましく、従来では考えられないような用途においてもこうしたデバイスが用いられるシーンが非常... [more] NS2023-123
pp.74-77
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2023-11-16
13:20
沖縄 那覇市IT創造館 プライバシー保護型車群速度制御の速度応答と情報開示集合に対する一考察
兵藤剛士澤田賢治電通大CAS2023-62 MSS2023-32
車群制御ではサイバーセキュリティ対策の需要が高まっている.本研究で悪意ある車両による車群状態推定を防ぐため,プライバシー... [more] CAS2023-62 MSS2023-32
pp.13-18
RISING
(第三種研究会)
2023-10-31
10:45
北海道 北海道立道民活動センター かでる2・7 [ポスター講演]Geo識別不能性に基づくプライバシー保護を行うコグニティブ無線ネットワークの確率幾何による性能解析
小渕竜太郎阪大)・木村達明同志社大)・滝根哲哉阪大
近年の無線通信サービスの急激な需要の増加に伴い,限られた周波数資源を効率よく利用するための通
信方式として,コグニティ... [more]

SS, DC
(共催)
2023-10-12
10:25
長野 信州大学工学部(長野市)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
差分プライバシーを用いた機械学習であるDP-SGDのロバスト性の傾向
神吉孝洋小形真平岡野浩三信州大)・中島 震NIISS2023-28 DC2023-34
機械学習は様々な分野で成果を上げているが, 敵対者が学習データを抽出できてしまう問題点がある. そこで, 学習データのプ... [more] SS2023-28 DC2023-34
pp.38-43
IA 2023-09-21
13:50
北海道 北海道大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
DNSのプライバシー保護を強化するための権威DNSサーバ発見方式の検討
砂原 悟千歳科技大)・金 勇東工大)・飯田勝吉北大IA2023-11
DNSクエリの平文通信にはプライバシーの漏洩リスクが存在する.そのため,クライアント端末からフルサービスリゾルバ間,そし... [more] IA2023-11
pp.1-5
SIP 2023-08-07
12:50
大阪 大阪大学吹田キャンパス コンベンションセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プライバシー保護を考慮したVision Transformerのための画像暗号化法の拡張
Lin Haiwei今泉祥子千葉大)・貴家仁志都立大SIP2023-46
本稿では,画像および学習済みのモデルを暗号化することで,正規ユーザに対してのみ,暗号化領域での画像分類精度の劣化を生じさ... [more] SIP2023-46
pp.1-6
IT 2023-08-04
13:45
神奈川 湘南工科大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
サーバグループからの応答消失耐性を有するPrivate Coded Computation 方式の一考察
森下雄介三木淳司風間皐希松嶋敏泰早大IT2023-27
Coded Computation(CC) はユーザが複数のサーバを用いて分散計算を行い,行列積の計算を高速化するために... [more] IT2023-27
pp.74-79
IA, ICSS
(共催)
2023-06-21
10:55
佐賀 佐賀大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
DoTを用いたプライバシー配慮型IoTデータ照会システムの検討
相良 隼北大)・金 勇東工大)・飯田勝吉高井昌彰北大IA2023-10 ICSS2023-10
近年、Internet of Things (IoT) 機器の普及に伴い、IoT機器を対象としたサイバー攻撃が増加してい... [more] IA2023-10 ICSS2023-10
pp.56-61
NS 2023-04-13
12:50
福島 日本大学 郡山キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]CCN網におけるプログラマブルスイッチを用いた名前の難読化プロトコルの設計
吉仲佑太郎北 健太朗武政淳二小泉佑揮長谷川 亨阪大NS2023-1
CCN網では,ホストの識別子ではなくコンテンツの名前に基づいて経路制御が行われるため,ユーザの監視を行う攻撃者に対して,... [more] NS2023-1
pp.1-6
NLP, MSS
(共催)
2023-03-17
10:40
長崎 長崎大学 文教キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プライバシーデータを取り扱うクエリシステムに対する再構築攻撃の機械学習に基づくリスク評価
Mohd Anuaruddin Bin Ahmadon山口大MSS2022-96 NLP2022-141
本稿では、データの意味と価値を分離することにより、データプライバシーの保護メカニズム及びその強度を評価する方法を提案した... [more] MSS2022-96 NLP2022-141
pp.160-163
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2023-03-14
10:30
山口 山口大学常盤キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]セキュリティを考慮した2つの問題に対する情報理論的解析について ~ Local Differential Privacyの下でのパラメータ推定問題と、プライバシーと有用性のトレードオフ問題 ~
齋藤翔太群馬大IT2022-71 ISEC2022-50 WBS2022-68 RCC2022-68
本講演では、1) $(epsilon, delta)$-局所差分プライバシー($(epsilon, delta)$-lo... [more] IT2022-71 ISEC2022-50 WBS2022-68 RCC2022-68
pp.19-24
 262件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会