お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CNR 2018-08-21
16:00
北海道 札幌市資料館 ユーザとの信頼関係構築を目的としたロボット対話におけるペーシングの評価
中村卓矢西村祥吾奈良先端大)・川波弘道津山高専)・神原誠之奈良先端大)・萩田紀博ATR/奈良先端大CNR2018-17
生活環境の変化により,独居世帯の数が増加し,日常的な発話不足に陥る人が増加している.対話ロボットによるコミュニケーション... [more] CNR2018-17
pp.33-38
CNR 2018-06-14
16:00
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス(東京) 対話意欲向上を目的としたロボット対話における同調的音声合成に関する検討
中村卓矢西村祥吾奈良先端大)・川波弘道津山高専)・神原誠之奈良先端大)・萩田紀博ATRCNR2018-8
生活環境の変化により,独居世帯の数が増加し,日常的な発話不足に陥る人が増加している.対話ロボットによるコミュニケーション... [more] CNR2018-8
pp.39-42
CQ
(第二種研究会)
2017-01-21
12:30
大阪 大阪大学中之島センター [ポスター講演]ネットワークと協調した動画ペーシング法の部分的動画データ受信による改善
木村拓人奥山隆文松本存史林 孝典NTT
我々はこれまで,スループットが比較的大きいタイミングで優先的に動画データを受信する,ネットワークと協調した動画ペーシング... [more]
MVE 2016-10-14
11:15
北海道 支笏湖丸駒温泉 対話ロボットのための人との信頼感の獲得を目的とした同調的音声合成
西村祥吾奈良先端大)・川波弘道津山高専)・神原誠之奈良先端大)・萩田紀博ATR/奈良先端大MVE2016-14
発話者の音声からスピードや高さ,大きさを合わせる同調的音声の自律的合成により人との信頼感の獲得を目的とした対話ロボットの... [more] MVE2016-14
pp.81-84
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-07
14:40
沖縄 名桜大 過去のスループット情報を利用した動画ペーシング制御法の提案
木村拓人横田将裕松本存史林 孝典NTTCQ2015-125
近年のストリーミング型映像配信サービスでは,視聴中断時に無駄になる映像データを少なくするため,先読みするデータ量を動的に... [more] CQ2015-125
pp.101-106
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2015-06-04
16:10
宮城 東北大学 バリウムフェライト磁気テープのスペーシングに関する研究
小沢栄貴栗橋悠一清水 治富士フイルムMR2015-4
バリウムフェライト磁性体(BaFe)を用いた塗布型媒体はメタル磁性体(MP)を用いた媒体と比較して,ヘッド/テープの摺動... [more] MR2015-4
pp.25-29
IN, NS, CS
(併催)
2009-09-10
15:20
宮城 東北大学 10ギガビットイーサネットを用いた精密なパケットスケジューリング機構の開発
高野了成工藤知宏児玉祐悦岡崎史裕産総研NS2009-65
我々はパケットの送信予定時刻を送信済みバイト数を基に決定することで、
端末のハードウェアタイマに依存することなく精密に... [more]
NS2009-65
pp.31-36
ITE-MMS, MRIS
(共催)
2009-06-12
09:30
宮城 東北大学電気通信研究所 スタティックテスタによる垂直磁気記録媒体の記録再生特性の測定
竜野良亮三浦健司青井 基村岡裕明東北大MR2009-8
将来の垂直磁気記録媒体としてディスクリートトラック媒体(DTM)、パターン媒体(BPM)の検討がなされている。我々はこれ... [more] MR2009-8
pp.39-44
NS, IN
(併催)
2007-03-08
10:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター Paced TCP がルータのバッファサイズ設定に与える影響
多田健太郎長谷川 剛村田正幸阪大IN2006-218
現在、インターネットルータのバッファサイズの決定には帯域遅延積を指標とする方法が広く利用されている。これに対し、TCPを... [more] IN2006-218
pp.225-230
RCS, NS
(併催)
2006-07-19
16:15
北海道 北海道大学 [奨励講演]ストリーミング配信に対するソフトウェアペーシング方式の効果
高野了成産総研/アックス)・工藤知宏児玉祐悦松田元彦岡崎史裕産総研)・石川 裕東大/産総研)・吉澤康文東京農工大NS2006-53
ストリーミング配信の映像品質を落とさず,ネットワークの利用効率を上げるためには,利用可能帯域を超えるバースト性トラフィッ... [more] NS2006-53
pp.37-40
OCS, NS
(併催)
2006-01-27
14:20
大阪 大阪工業大学 ソフトウェアによる精密ペーシング方式を用いたTCP通信性能の改善
高野了成産総研/アックス)・工藤知宏児玉祐悦松田元彦岡崎史裕産総研)・石川 裕東大/産総研
本来送信すべきパケットの間に,ギャップパケットを挿入することによって,
パケット送信間隔を,精密かつ任意の大きさにスケ... [more]
NS2005-157
pp.29-32
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会