お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CCS, NLP
(共催)
2022-06-10
09:25
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
2つのマルコフ2値系列を組み合わせた乱数の自己相関特性について
奥野修造常田明夫熊本大NLP2022-13 CCS2022-13
2状態マルコフ情報源から生成されるマルコフ2値系列は,代表的な情報源モデルの一つであり,指数関数的な自己相関特性をもつこ... [more] NLP2022-13 CCS2022-13
pp.62-65
NLP 2021-12-18
11:05
大分 J:COM ホルトホール大分 非線形シフトレジスタに基づいた後処理によるマルコフ2値乱数の生成
常田明夫熊本大)・前田成輝NECNLP2021-59
乱数は一様性や無相関性が一般に求められるが,モンテカルロ法においては,ある自己相関をもつ乱数が有効であることが知られてい... [more] NLP2021-59
pp.72-75
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
14:45
ONLINE オンライン開催 マルコフ情報源に対する分類問題における最適な誤り指数の解析
倉又洋人八木秀樹川端 勉電通大IT2020-152 ISEC2020-82 WBS2020-71
テスト系列が観測されたときに, その系列が二つの情報源のどちらから生起したかを決定する分類問題を考える.このシステムでは... [more] IT2020-152 ISEC2020-82 WBS2020-71
pp.245-250
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-07
09:30
東京 電気通信大学 マルコフ情報源に対する有限窓zero冗長度推定量の性能解析 ~ アルファベットが状態毎に未知である場合 ~
橋元雄祐川端 勉電通大IT2018-89 ISEC2018-95 WBS2018-90
マルコフモデルを用いてベイズ符号化する無歪情報源符号化ではゼロ頻度問題が生じたときに冗長度が
悪化する.その解決法とし... [more]
IT2018-89 ISEC2018-95 WBS2018-90
pp.85-90
IT 2016-07-29
14:00
福岡 福岡大学セミナーハウス ある記憶を有する相関情報源のクラスに対する補助情報を伴う符号化
大濱靖匡電通大IT2016-27
本論文ではアルスウェーデとケルナーおよびワイナーによって定式化され,研究された補助情報を伴う符号化問題を相関を有する2つ... [more] IT2016-27
pp.37-42
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-07
11:45
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス ユニバーサル符号の符号語長を用いた定常マルコフ情報源の次数推定法
金澤慎司植松友彦東工大IT2012-65 ISEC2012-83 WBS2012-51
Merhavらは、定常マルコフ情報源の次数を推定する問題を考察し、Lempel-Ziv(LZ)符号の符号語長を用いた次数... [more] IT2012-65 ISEC2012-83 WBS2012-51
pp.19-24
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-07
13:40
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス Lossless Data Compression via Substring Enumerationのマルコフ情報源に対する最悪冗長度
岩田賢一福井大)・有村光晴湘南工科大)・嶋 優希福井大IT2012-76 ISEC2012-94 WBS2012-62
Dub\'{e}とBeaudoinはCompression via Substring Enumeration(CSE)... [more] IT2012-76 ISEC2012-94 WBS2012-62
pp.95-100
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会