お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2015-03-02
09:10
沖縄 沖縄コンベンションセンタ ネットワーク縮退アルゴリズムを用いたILPによる大規模ネットワーク設計手法
平 智彦見越大樹竹中豊文日大NS2014-184
近年,マルチレイヤネットワーク(MLN)設計が,基幹ネットワークにおけるネットワーク設計技術として注目されている.MLN... [more] NS2014-184
pp.47-52
NS, IN
(併催)
2014-03-06
11:00
宮崎 宮崎シーガイア マルチレイヤネットワーク設計問題における高精度高速計算手法
見越大樹高橋昂大竹中豊文日大NS2013-182
IP over WDMネットワーク設計技術として,光パスとIPトラヒックの経路設計を同時に行うマルチレイヤネットワーク設... [more] NS2013-182
pp.31-36
NS, IN
(併催)
2014-03-07
10:20
宮崎 宮崎シーガイア 耐故障性を備えたマルチレイヤネットワークの設計手法と評価
大室陽貴見越大樹竹中豊文日大NS2013-238
マルチレイヤネットワークにおける耐故障性を実現する方式として,複数の予備光パスで同一の波長を予約し,故障発生時に切り替え... [more] NS2013-238
pp.355-360
CS, OCS
(併催)
2014-01-23
13:20
東京 八丈島 大賀郷公民館 マルチフロートランスポンダを用いたIP over Elastic光ネットワークの有効性評価
田中貴章平野 章NTT)・神野正彦香川大OCS2013-97
バックボーンネットワークの今後の継続的な通信量増大に対して効率的・経済的に対応するため,光レイヤに柔軟性・適応性を導入す... [more] OCS2013-97
pp.31-36
OCS, PN, NS
(併催)
2013-06-21
09:50
福島 日本大学工学部(郡山) マルチレイヤネットワーク設計問題におけるリング型トポロジーを用いた計算時間の高速化手法
高橋昂大見越大樹竹中豊文日大NS2013-32
近年,マルチレイヤネットワーク設計が,基幹ネットワークにおけるネットワーク設計技術として注目されている.
マルチレイヤ... [more]
NS2013-32
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2013-03-08
14:00
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 耐故障性を備えたマルチレイヤネットワークの設計手法と評価
大室陽貴見越大樹竹中豊文日大NS2012-268
近年,WDM等を用いた大容量の光パスネットワーク上に,IPネットワークを構築するマルチレイヤネットワークが注目されている... [more] NS2012-268
pp.601-606
NS, IN
(併催)
2013-03-08
14:30
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 仮想ネットワーク設計手法と性能評価
見越大樹竹中豊文日大)・杉山隆太増田暁生塩本公平平松 淳NTTNS2012-269
ネットワーク資源を柔軟・効果的に利用するために,VNT~(Virtual Network Topology)が近年盛んに... [more] NS2012-269
pp.607-612
NS, IN
(併催)
2012-03-09
10:30
宮崎 宮崎シーガイア 大規模なマルチレイヤネットワーク設計問題における計算時間の高速化手法
見越大樹竹中豊文日大)・杉山隆太増田暁生塩本公平平松 淳NTTNS2011-221
光パスレベルのネットワークとIPトラヒックレベルのネットワークからなるマルチレイヤネットワークの最適化を,線形計画問題を... [more] NS2011-221
pp.237-242
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会