お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2022-08-08
16:10
ONLINE オンライン開催に変更 現地開催(北海道大学百年記念会館)は中止 大規模量子ビットアレイの高精度制御に向けた極低温DA変換器の設計
高橋亮蔵三木拓司永田 真神戸大SDM2022-42 ICD2022-10
大規模量子コンピュータにおいて量子ビットの制御に使用する、極低温動作可能な電荷再配分型DAコンバータ(DAC)を設計した... [more] SDM2022-42 ICD2022-10
pp.37-40
SDM, ED, CPM
(共催)
2022-05-27
16:40
ONLINE オンライン開催 Al2O3(0001)およびYSZ(111)基板上でのYbFe2O4薄膜の結晶成長
車井健慎寺地勇博田村怜太岩田展幸日大ED2022-14 CPM2022-8 SDM2022-21
電子型強誘電体として知られているYbFe2O4薄膜をAl2O3(0001)基板および, YSZ(111)基板上にパルスレ... [more] ED2022-14 CPM2022-8 SDM2022-21
pp.29-34
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2021-08-18
14:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]情報セキュリティのためのラッチ形静的および動的乱数発生回路
篠原尋史劉 昆洋張 瑞琳王 興宇早大SDM2021-42 ICD2021-13
自然現象を利用した乱数発生回路には、静的乱数を生成するPUF (Physical Unclonable Function... [more] SDM2021-42 ICD2021-13
pp.64-67
SANE, SAT
(併催)
2021-02-18
11:25
ONLINE オンライン開催 ミスマッチドフィルタ検波によるOFDM通信・レーダ統合システムの複数ターゲット分離性能の向上とドップラーシフトの影響の検討
渡部颯人山尾 泰安達宏一電通大SANE2020-62
無線通信の帯域拡大が進んでいる状況を受けて,無線通信の送信波を用いてレーダセンシングを同時に行う無線通信・レーダ統合シス... [more] SANE2020-62
pp.25-30
CS, CAS
(共催)
2020-02-28
13:15
熊本 崇城大学 多相回路の素子値ミスマッチと占有面積に関する一検討
山路隆文崇城大)・清水暁生有明高専CAS2019-120 CS2019-120
アナログ集積回路においては抵抗比で利得が決まる増幅回路のように素子値の一律の変動には回路特性が感度を持たない回路がよく利... [more] CAS2019-120 CS2019-120
pp.131-136
SAT, SANE
(併催)
2020-02-19
10:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) マルチビットΔ-Σ変調器を用いた高ダイナミックレンジDSPチャープレーダ送受信機
阿部友希山尾 泰電通大SANE2019-97
車載用途や船舶用途では複数の物体を正確に識別できる高精度レーダが必要である.ディジタル信号処理(DSP)による高精度レー... [more] SANE2019-97
pp.1-6
SAT, SANE
(併催)
2020-02-19
10:25
沖縄 大濱信泉記念館(石垣市) ミスマッチドフィルタ受信によるOFDM通信・レーダ統合システムの基本検討
渡部颯人阿部友希山尾 泰電通大SANE2019-98
無線通信とレーダセンシングを同時に行う無線通信・レーダ統合システムに関する研究が行われており,その一つにOFDM による... [more] SANE2019-98
pp.7-12
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]複数種録音端末を用いた会議の想定における伝達関数ゲイン基底NMFによる遠方音源抑圧の性能評価
松井裕太郎牧野昭二筑波大)・小野順貴首都大東京)・山田武志筑波大EA2017-163 SIP2017-172 SP2017-146
非同期マイクロホンアレイを用いた会話や会議などの録音において,不特定多数の音源からなる拡散雑音を効果的に抑圧できる手法と... [more] EA2017-163 SIP2017-172 SP2017-146
pp.335-340
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2017-08-02
09:30
北海道 北海道大学情報教育館 [招待講演]確率的A/D変換と誤差補正用機械学習による逐次比較A/D変換器の高精度化
松岡俊匡阪大)・鎌田隆嗣植田昌行SPChange)・平井雄作谷 貞宏浅野智大勇 正大倉田宗史巽 啓司阪大SDM2017-42 ICD2017-30
モバイル・クラウド環境のICTインフラを活用した日常健康管理・遠隔医療の実
現には,ウェアラブル生体情報センサとICT... [more]
SDM2017-42 ICD2017-30
pp.95-100
MW, ICD
(共催)
2017-03-03
11:15
岡山 岡山県立大学 IEEE802.11ayに向けたCMOSミリ波トランシーバーに関する研究
Jian Pang眞木翔太郎河合誠太郎永島典明瀬尾有輝桂木真希彦木村健将近藤智史Hanli LiuTeerachot Siriburanon岡田健一松澤 昭東工大MW2016-208 ICD2016-138
近年、IEEE802.11ad/WiGig製品によって、Gbps級の無線通信が可能になるが、日々高まる通信量が更なる無線... [more] MW2016-208 ICD2016-138
pp.113-118
MBE, NC
(併催)
2016-11-19
10:00
宮城 東北大学 バーチャルリアリティシステムにおける視覚的エリアシング現象のモデル化と解析
中澤邑支朗片山統裕町田祉永中尾光之東北大MBE2016-52
脳内で感覚運動ミスマッチを計算する機構を明らかにするためには,感覚フィードバックを正確に制御できるバーチャルリアリティ(... [more] MBE2016-52
pp.21-24
ICD, MW
(共催)
2016-03-04
15:10
広島 広島大学 遺伝的アルゴリズムによる無線送信集積回路の送信特性向上手法の検討
勇 正大鎌田隆嗣裵 正男谷 貞宏王 軍大原賢治松岡俊匡阪大MW2015-213 ICD2015-136
QPSK変調方式を有する無線送信集積回路において, 12ビットのデジタルコードで表現される送信信号の正弦波形を遺伝的アル... [more] MW2015-213 ICD2015-136
pp.223-227
ICD, CPSY
(共催)
2015-12-17
16:00
京都 京都工芸繊維大学 [ポスター講演]60GHz帯ミリ波無線機におけるイメージ波自動校正技術
眞木翔太郎瀬尾有輝岡田健一松澤 昭東工大ICD2015-82 CPSY2015-95
60GHz帯ではGbps級の高速無線通信が可能であるが、広帯域のため、送信機におけるイメージ波の自動校正に大面積の回路が... [more] ICD2015-82 CPSY2015-95
p.67
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-03
15:40
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) 分散マイクロホンアレイのためのラジオ放送信号を用いたサンプリング同期
宝珠山 治NECEA2014-128 SIP2014-169 SP2014-191
本稿では、個別独立した収音装置を用いた分散マイクロホンアレイのために、ラジオ放送信号を用いたサンプリング同期方法を提案す... [more] EA2014-128 SIP2014-169 SP2014-191
pp.313-316
ICD, CPSY
(共催)
2014-12-01
15:15
東京 機械振興会館 [ポスター講演]逐次比較A/D変換器への確率的A/D変換の適用
平井雄作浅野智大谷 貞宏倉田宗史巽 啓司阪大)・鎌田隆嗣SPChange)・松岡俊匡阪大ICD2014-95 CPSY2014-107
本研究では素子特性ミスマッチを積極的に利用した確率的A/D 変換方式を用いて,ディジタル的に閾値を制御可能なコンパレータ... [more] ICD2014-95 CPSY2014-107
pp.73-78
ICD, CPSY
(共催)
2014-12-01
15:15
東京 機械振興会館 [ポスター講演]ディテクタによるダウンコンバート信号を用いたミリ波帯無線機のI/Qキャリブレーション手法に関する検討
眞木翔太郎河合誠太郎瀬尾有輝佐藤慎司近藤智史岡田健一松澤 昭東工大ICD2014-97 CPSY2014-109
近年、60GHz帯を用いる無線通信の研究が活発に行われている。60GHz帯で利用可能な9GHzの帯域を用いることで、40... [more] ICD2014-97 CPSY2014-109
p.85
ICD, CPSY
(共催)
2014-12-02
15:40
東京 機械振興会館 電流ミスマッチを利用した自動ID生成回路の出力IDユニーク性評価
松永賢一大嶋尚一NTT)・美濃谷直志NTTテレコン)・近藤利彦森村浩季NTTICD2014-108 CPSY2014-120
本論文では, プロセスばらつきを利用した自動ID生成回路を提案する. 開発したID生成回路はNMOSペアにおける電流ミス... [more] ICD2014-108 CPSY2014-120
pp.135-139
EA 2014-04-17
16:05
京都 NICT ユニバーサルコミュニケーション研究所 円形アレイと実音源の差分に基づくエリア再生
岡本拓磨NICTEA2014-4
円形スピーカアレイによる音場再現では,設定した基準距離以外では誤差を生じる.これは,実装のために3次元グリーン関数に基づ... [more] EA2014-4
pp.25-30
CAS 2013-01-29
10:15
大分 別府国際コンベンションセンター タイムインタリーブ型A/D変換器の高速オールデジタル補正
野崎 剛富士通マイクロソリューションズ)・吉岡正人富士通研)・薛 宗陽富士通マイクロソリューションズ)・梅田定美富士通セミコンダクター)・塚本三六富士通研CAS2012-81
イムインタリーブ型A/D変換器は、複数のA/D変換器が交互に動作することで、容易に高速変換を実現できる方式である。しかし... [more] CAS2012-81
pp.89-94
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-28
09:25
福岡 九州大学百年講堂 Routability-oriented Common-Centroid Capacitor Array Generation
Jing LiBo YangDesign Algorithm Lab.)・○Qing DongShigetoshi NakatakeUniv. of KitakyushuVLD2012-89 DC2012-55
本論文では、高い相対精度を要求されるオンチップ容量のレイアウト生成手法について述べる。製造プロセスのばらつきに起因するシ... [more] VLD2012-89 DC2012-55
pp.171-175
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会