お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2023-07-07
10:50
北海道 小樽商科大学 3号館 102教室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
モバイルセンサネットワークにおける動的被覆・目標追跡タスクの集団ゲームに基づく分散割当法
金澤尚史摂南大CAS2023-19 VLD2023-19 SIP2023-35 MSS2023-19
本研究では,複数種類の多数のモバイルセンサノードを用いて対象領域の監視や目標追跡を行うモバイルセンサネットワークについて... [more] CAS2023-19 VLD2023-19 SIP2023-35 MSS2023-19
pp.93-96
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
ASN, MoNA
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2019-03-05
15:50
東京 東京大学 駒場キャンパス 複数ノード協調型下水管内映像収集プロトコルの信頼性向上のための改良と実装
武居悠樹西島達哉劉 志石原 進静岡大ASN2018-114
我が国の下水管の老朽化は深刻であり,その検査と整備は急務である.筆者らは,下水管内を浮流する小型カメラで撮影した映像を,... [more] ASN2018-114
pp.239-244
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2018-05-26
15:20
愛知 名古屋工業大学 個体間の移動速度差を考慮した個体群プロトコルモデルにおける収束時間の解析
定野凌也首藤裕一角川裕次増澤利光阪大COMP2018-7
本稿では,モバイルセンサネットワークの計算モデルである個体群プロトコルモデルを,個体の移動速度を考慮して拡張したものを新... [more] COMP2018-7
pp.85-91
CQ 2016-01-22
16:25
茨城 筑波大学 モバイルセンサネットワークにおける迅速かつ効率的な被覆のための分散協調制御
渡部和馬阪大)・笹部昌弘奈良先端大)・滝根哲哉阪大CQ2015-106
近年,防災・防犯,環境や生態系の調査などの場面においてモバイルセンサネットワークの利用が期待されている.このとき,モバイ... [more] CQ2015-106
pp.79-84
NS, IN
(併催)
2015-03-03
16:00
沖縄 沖縄コンベンションセンタ モバイルセンサネットワークにおける最適停止規則を用いたモニタリング制御
渡部和馬阪大)・笹部昌弘奈良先端大)・滝根哲哉阪大NS2014-275
近年,防災・防犯,環境や生態系の観測などの様々な場面においてモバイルセンサネットワークによるモニタリングの研究が盛んに行... [more] NS2014-275
pp.577-582
CQ 2014-07-10
13:05
大阪 大阪大学基礎工学国際棟セミナー室(大阪大学) [ポスター講演]モバイルセンサネットワークにおける迅速な被覆のための分散協調制御
渡部和馬阪大)・笹部昌弘奈良先端大)・滝根哲哉阪大CQ2014-23
近年,環境や生態系の観測にモバイルセンサネットワークの利用が期待されている.このとき,モバイルセンサ端末同士が自律分散的... [more] CQ2014-23
pp.45-50
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2013-07-22
11:00
北海道 北海道大学 密なモバイルセンサネットワークにおける複数シンクを考慮したデータ収集方式について
後藤啓介佐々木勇和原 隆浩西尾章治郎阪大DE2013-19
移動型センサ端末が密に存在するモバイルセンサネットワークでは,通信トラヒックを抑えるために,観測範囲を保証する必要最小限... [more] DE2013-19
pp.19-24
MoNA, AN, USN
(併催)
2012-01-20
14:50
三重 戸田家(三重県鳥羽市) モバイルセンサネットワークにおいてセンサノード間距離と位置推定誤差を考慮することにより冗長な位置推定パケットを低減する省電力位置推定法
加納新司笹瀬 巌慶大AN2011-71
本論文では,モバイルセンサネットワークにおいて,隣接センサノード間の距離,およびセンサノードの位置推定誤差を考慮すること... [more] AN2011-71
pp.95-100
MoNA, AN, USN
(併催)
2012-01-19
11:30
三重 戸田家(三重県鳥羽市) ノード位置交換によるモバイルセンサネットワークの寿命長期化
伊藤勝悟朝香卓也首都大東京USN2011-64
モバイルセンサネットワークは,移動可能なノードを用いてセンシングを行うセンサネットワークである.モバイルセンサネットワー... [more] USN2011-64
pp.43-48
DE 2011-08-02
10:30
京都 立命館大学 (朱雀キャンパス) 密なモバイルセンサネットワークにおけるエージェントを用いたデータ収集のためのエージェント再配置方式について
後藤啓介佐々木勇和原 隆浩西尾章治郎阪大DE2011-28
移動型センサ端末が密に存在するモバイルセンサネットワークでは,トラヒック削減のために,カバレッジを保証する必要最小限の端... [more] DE2011-28
pp.7-12
USN 2011-05-20
11:30
東京 機械振興会館 モバイルセンサネットワークにおける位置交換を用いたノード再配置方式
伊藤勝悟朝香卓也首都大東京USN2011-3
モバイルセンサネットワークは,移動可能なノードを用いてセンシングを行うセンサネットワークである.
モバイルセンサネット... [more]
USN2011-3
pp.9-12
NS, PN
(併催)
2005-12-15
09:00
愛媛 愛媛大学 WISER:モバイルセンサネットワークにおけるロボットの移動を利用した通信プロトコル ~ 意図的な移動によるセンシング性能の向上 ~
テープウィロージャナポン ニワット東大)・戸辺義人東京電機大)・瀬崎 薫東大
近年,センサネットワークのセンシング性能を向上させるため自律移動ロボット群によるネットワークの利用が考えられる.本論文は... [more] NS2005-133
pp.1-4
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会