お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MW 2022-12-15
14:35
三重 神宮会館(伊勢市)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
6Gモバイル通信に向けたサブTHz帯送信機構成の検討
鈴木恭宜・○岡崎浩司須山 聡NTTドコモMW2022-134
6Gモバイル通信に向けたsub-THz帯送信機構成の検討例を述べる。はじめに、スループットを100Gbpsとし、これを可... [more] MW2022-134
pp.16-21
MW 2022-03-04
09:20
ONLINE オンライン開催 6Gに向けた100 GHz帯増幅器用ダイオードリニアライザの検討
青木すみれ濱田裕史山本大斗福田敦史NTTドコモ)・徐 照男高橋宏行NTT)・岡崎浩司鈴木恭宜NTTドコモMW2021-129
6Gに向けて,100 GHzを超えるサブテラヘルツ(Sub-THz)帯 を用いた高速無線通信に期待が高まっている.無線通... [more] MW2021-129
pp.100-104
AP, SANE, SAT
(併催)
2018-07-19
09:45
北海道 北海道大学 デジタルプリディストーションによる32APSK衛星伝送の性能改善
小島政明鈴木陽一小泉雄貴筋誡 久NHKSAT2018-18
4K/8K衛星放送は,2016年8月1日に試験放送開始,そして2018年12月1日には本放送が開始される予定である.4K... [more] SAT2018-18
pp.43-48
SAT, SANE
(併催)
2018-02-23
13:20
山口 山口商工会議所 TWTAとLTWTA特性における32APSK伝送性能比較
小島政明鈴木陽一小泉雄貴筋誡 久田中祥次NHKSAT2017-68
衛星放送による4K/8Kスーパーハイビジョンは,2016年8月に試験放送開始,そして2018年には本放送が開始される予定... [more] SAT2017-68
pp.65-68
SAT, WBS
(併催)
2012-05-25
14:10
岩手 岩手県立大学 [招待講演]高周波送信増幅器のひずみ補償回路技術
末松憲治東北大WBS2012-9 SAT2012-8
無線通信機の送信系,主に高周波送信増幅器の非線形性により生じるひずみは,自身の送信波の変調特性を劣化させるだけでなく,隣... [more] WBS2012-9 SAT2012-8
pp.47-54(WBS), pp.41-48(SAT)
MW, ED
(共催)
2009-01-16
11:20
東京 機械振興会館 ダイオードリニアライザによる高効率F級GaN HEMT電力増幅器のひずみ補償
安藤晃洋高山洋一郎吉田 剛石川 亮本城和彦電通大ED2008-222 MW2008-187
ダイオードリニアライザを用いて高効率F級GaN HEMT 電力増幅器のひずみ補償を行い,良好な特性を得た.まず,F級Ga... [more] ED2008-222 MW2008-187
pp.135-139
SCE, MW
(共催)
2006-04-20
17:20
東京 超電導工学研究所 (東雲) アンチパラレル型直列ダイオードリニアライザによる電力増幅器の歪み補償
能登一二三山内和久石坂 哲濱松美博中山正敏三菱電機
通信の高度化に伴い増幅器の低歪化, 高効率化が求められている.両立する一つの方法としてダイオードを用いた簡易なプリディス... [more] SCE2006-11 MW2006-11
pp.57-62
ICD, CPM
(共催)
2005-09-08
15:20
東京 機械振興会館 2GHz帯小型フィードフォワード型電力増幅器モジュール
加屋野博幸東芝)・大塚勇寿鈴木政雄石黒理也東芝ディエムエス)・橋本龍典東芝
1枚基板上に全ての回路を実装した2GHz帯フィードフォワード型電力増幅器モジュールを開発した。フィードフォワード型リニア... [more] CPM2005-94 ICD2005-104
pp.49-52
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会