お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2024-03-15
15:15
沖縄 沖縄県総合福祉センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
OSS進化分析のためのWBICを用いたコミット履歴データのベイズ統計解析
杉山 透中谷多哉子放送大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2023-07-22
09:30
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
API利用の文脈付き変更パターン抽出の試み
若松俊介小林隆志東工大SS2023-16 KBSE2023-27
様々な外部ライブラリを利用するために,開発者はそれらの API の正しい利用方法を把握する必要がある.これまでに API... [more] SS2023-16 KBSE2023-27
pp.86-91
SS 2023-03-14
18:25
沖縄 名護市産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
バージョンに導入される変更提案の特徴分析
上中瑞稀伊原彰紀和歌山大)・柏 祐太郎奈良先端大SS2022-60
大規模なプロジェクトには,ソースコードの変更提案が日々膨大に提出される.プロジェクトの開発者 は,ソースコードの品質や保... [more] SS2022-60
pp.79-84
SS 2023-03-15
10:35
沖縄 名護市産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
コミットの複合的類似性を利用した不完全変更の補完支援
北林悠登小林隆志東工大SS2022-63
ソフトウェア開発者にとって自身が加えた変更の波及個所を正確に把握することは困難であり,しばしば不完全な変更が発生する.こ... [more] SS2022-63
pp.97-102
SS 2023-03-15
11:00
沖縄 名護市産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
不具合予測適用に向けた構成管理ツールを用いた開発履歴に対する調査
頭川剛幸京都工繊大)・近藤将成九大)・崔 恩瀞水野 修京都工繊大SS2022-64
ソフトウェアの普及に伴い,システム運用における属人化の排除や効率化のためInfrastructure as Code(以... [more] SS2022-64
pp.103-108
SS 2023-03-15
13:20
沖縄 名護市産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
テストコードのリファクタリングがテスト実行時間へ及ぼす影響調査にむけて
堀川康生奈良高専)・福本大介柏 祐太郎奈良先端大)・市川嘉裕奈良高専)・飯田 元奈良先端大SS2022-66
リファクタリングは, 内部構造の単純化や実行速度の向上を目的として, 外部から見た振る舞いを変更せずにプログラムを修正す... [more] SS2022-66
pp.115-120
KBSE 2023-01-20
13:45
石川 ITビジネスプラザ武蔵(金沢)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数プロジェクトにおいて技術的負債の除去に貢献するOSS開発者の分析にむけて
菱川潤哉福本大介ポルマニラタナタイ ソラタチ柏 祐太郎平尾俊貴奈良先端大)・藤原賢二東京都市大)・飯田 元奈良先端大KBSE2022-52
近年,技術的負債が現行のシステムに多く存在していることが,DXを妨げる要因となると述べられている.自社のソフトウェア開発... [more] KBSE2022-52
pp.52-57
SWIM 2022-11-26
15:40
東京 機械振興会館 6階6-67会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プログラミング教育支援に向けたサンプルプログラム推奨システム
宇田川佳久東京情報大SWIM2022-24
プログラム技法の効果的な習得方法として,サンプルプログラムを参考にするものがある.一方,サンプルプログラムの数が多くなる... [more] SWIM2022-24
pp.20-26
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-29
09:00
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
リポジトリマイニング手法に対する前処理としての履歴書き換えツールの試作
柴 駿太林 晋平東工大SS2022-6 KBSE2022-16
リポジトリマイニングの研究結果に影響を及ぼす,不適切なデータの存在や工夫が指摘されている.しかし,これらの指摘の反映を個... [more] SS2022-6 KBSE2022-16
pp.31-36
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-29
16:00
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
オープンソースAndroidアプリケーションのビルド可能性に関する調査
小池 耀阪大)・眞鍋雄貴福知山公立大)・松下 誠阪大)・井上克郎南山大SS2022-15 KBSE2022-25
オープンソースソフトウェアをビルドする際,失敗し,修正を必要とされることがよくある.先行研究で は,半数以上の Java... [more] SS2022-15 KBSE2022-25
pp.85-90
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-29
16:25
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
コンテナイメージの解析に基づくビルド再現可能性の高いコンテナ定義ファイルの復元
木下彩香小林隆志東工大SS2022-16 KBSE2022-26
多様な環境下でも安定してソフトウェアが動作するよう配布するためには,実行に必要な全ての環境を正確に共有する手段が必要とな... [more] SS2022-16 KBSE2022-26
pp.91-96
SS, MSS
(共催)
2022-01-11
09:45
長崎 長崎県建設総合会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クラス名構成単語に基づく既存プロジェクトの目的・機能の推測手法に関する予備的検討
寺川航平陳 思楠中村匡秀神戸大MSS2021-31 SS2021-18
ソフトウェア開発の現場では,過去に開発されたプロダクトが技術的負債を抱えていたり資産的に管理さ れていない場合がしばしば... [more] MSS2021-31 SS2021-18
pp.1-6
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2021-07-08
10:35
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 複数ファイルの履歴を考慮したGitファイル追跡精度改善の提案
前島 葵肥後芳樹楠本真二阪大SS2021-2 KBSE2021-14
Gitに代表される版管理システムから得られるファイル変更履歴は,バグモジュールの検出や同時変更コードの分析などマイニング... [more] SS2021-2 KBSE2021-14
pp.7-12
SS 2021-03-04
15:25
ONLINE オンライン開催 共変更分析に基づく変更支援のための不完全な変更の収集と評価
石田義八小林隆志東工大SS2020-45
ソフトウェア開発では,開発者は変更の影響を受ける箇所を認識し,影響が波及する箇所も正しく変更する必要がある.それに対して... [more] SS2020-45
pp.102-107
SS, MSS
(共催)
2020-01-14
13:25
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス Javaプロジェクトの変更履歴に含まれる本質的でない変更についての調査
前島 葵肥後芳樹松本淳之介楠本真二阪大MSS2019-42 SS2019-26
ソースコードの変更には,プログラムの振る舞いを変える変更がある一方,振る舞いを変えない変更も存在する.本研究では,前者を... [more] MSS2019-42 SS2019-26
pp.7-12
SS 2019-03-04
16:10
沖縄 沖縄産業支援センター 改版履歴分析に基づく変更漏れ防止支援における変更ルール集約と順位付けの効果
石田義八小林隆志東工大SS2018-65
改版履歴を解析し,頻繁に同時変更されるファイルを共変更ルールとして抽出し, 開発者に同時に変更すべ きファイルを推薦す... [more] SS2018-65
pp.79-84
SS, MSS
(共催)
2018-01-19
13:35
広島 広島市立大学サテライトキャンパス 版管理システム利用時のソフトウェア開発フロー遵守状況可視化手法の検討
井上拓海小島遥一郎阪工大)・藤原賢二豊田高専)・井垣 宏阪工大MSS2017-68 SS2017-55
ソフトウェア開発において,版管理システムをチームでどのように利用するかは非常に重要な課題である.特にGit のようなブラ... [more] MSS2017-68 SS2017-55
pp.121-126
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
17:25
北海道 函館コミュニティプラザ 行動履歴分析に基づく変更支援における部分履歴抽出の影響調査
藤原拓海小林隆志東工大SS2017-14 KBSE2017-14
本稿では,のべ13名の開発者によるソフトウェアの保守作業から得られたMimEcデータセットを用いて,先行研究で提案した行... [more] SS2017-14 KBSE2017-14
pp.79-84
SS 2017-03-09
11:25
沖縄 てんぶす那覇 バグ予測に向けたJavaメソッドの名前と実装の特徴の関係に関する考察
鈴木 翔阿萬裕久川原 稔愛媛大SS2016-64
本稿では,Javaプログラムにおけるメソッドについて,
その名前といくつかの実装上の特徴に着目した品質評価法に関する検... [more]
SS2016-64
pp.25-30
SS 2017-03-09
15:40
沖縄 てんぶす那覇 前処理命令による可変点を考慮した共変更ルール抽出
森 達也小林隆志林 晋平東工大)・渥美紀寿京大SS2016-70
プログラムを変更すると複数の依存箇所に変更が伝播するが,大規模なソフトウェア開発では開発者が必要な変更箇所を全て特定する... [more] SS2016-70
pp.61-66
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会