お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2021-09-18
14:50
ONLINE オンライン開催 語彙的難しさだけでリーダビリティはどの程度説明できるか? ~ 知識・対話・解釈性との関連から ~
江原 遥学芸大TL2021-14
近年、BERTなどの深層学習技術の向上により、文脈を考慮したテキスト分類が可能になってきている。
言語教育において重要... [more]
TL2021-14
pp.11-16
NLC 2021-09-16
16:40
ONLINE オンライン開催 英語学習者にとっての経済ニューステキストのリーダビリティ
江原 遥学芸大NLC2021-16
近年、Transformersなどの深層転移学習技術の向上により、所与のテキストのリーダビリティを自動的に判定する自動リ... [more] NLC2021-16
pp.45-50
ET 2021-09-10
11:30
ONLINE オンライン開催 教育的説明性を有する自動リーダビリティ判定に向けて ~ 語彙・概念学習支援の観点から ~
江原 遥学芸大ET2021-10
テキストから、人間が付けたテキストの難しさのラベルを予測する自動リーダビリティ判定は、Transformer等の深層転移... [more] ET2021-10
pp.11-16
HCS 2021-08-22
15:00
ONLINE オンライン開催 多様な自動リーダビリティ判定手法の性能比較と教育的説明性
江原 遥学芸大HCS2021-32
自動リーダビリティ判定は、所与のテキストの読みやすさを自動的に判定するタスクであり、難度を考慮した教材検索など様々な応用... [more] HCS2021-32
pp.84-89
TL 2009-06-18
13:00
東京 機械振興会館 現代日本語書き言葉均衡コーパスに対する難易度付与
小島健輔佐藤理史名大TL2009-3
現代日本語書き言葉均衡コーパスのモニター公開データに含まれている書籍データ,4,669サンプルに対し,教科書コーパスに基... [more] TL2009-3
pp.13-18
TL 2009-06-18
13:30
東京 機械振興会館 日本語学習者のための日本語テキスト難易度推定用コーパス
クリスティーナ フメリャク 寒川リュブリャーナ大TL2009-4
第2言語学習に効果的な読解のためには、学習者の言語能力に適した読解材料が必要である。本稿では、今まで取り上げられた日本語... [more] TL2009-4
pp.19-24
NLC 2007-10-05 東京 キャンパスイノベーションセンター 国語教科書コーパスを応用した日本語リーダビリティー構築のための基礎研究
柴崎秀子沢井康孝長岡技科大NLC2007-32
本研究は,日本語の文章のリーダビリティーを数式化することを目的とする。英語リーダビリティーでは,1文の文字数と1語の音節... [more] NLC2007-32
pp.19-24
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会