お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 196件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AI 2022-12-21
15:10
福岡 九州大学 西新プラザ 修得科目に基づく学生のクラスタリングを通じた専門分野選択と専門性形成の傾向把握
鈴木大助北陸大AI2022-42
本研究は,本学経済経営学部2019年度入学生3年終了時の専門分野・応用分野の修得科目に基づいて学生のクラスタリングを行い... [more] AI2022-42
pp.50-55
PRMU 2022-12-16
16:15
富山 富山国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
e(m)-ダイバージェンスを利用した1次元正規分布のなす空間の分割について
藤木 淳福岡大)・赤穂昭太郎産総研PRMU2022-54
1次元正規分布の集合をダイバージェンスを用いてクラスタリングをしたり判別したりする際には,ダイバージェンスの値によって1... [more] PRMU2022-54
pp.116-121
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
09:55
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
3次元骨格情報の短時間主成分に対する極値探索に基づくバドミントン選手の反応時間推定法の検討
佐川加奈宍戸英彦吹田真士北原 格筑波大CNR2022-17
戦略を重要視する対戦型競技では,優勢度が変化したタイミングの効果的なプレーや戦術が研究されている.本研究では,時系列3次... [more] CNR2022-17
pp.11-16
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2022-05-27
14:30
ONLINE オンライン開催 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第6報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大LOIS2022-1
板書を伴う講義において,講師の動作 (説明,板書) に対応して受講者の動作 (説明を聞く,ノートを取る) が生じる.また... [more] LOIS2022-1
pp.1-6
EST 2022-05-19
15:45
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アレーレーダ画像化と主成分分析による複数人の高精度心拍計測
岩田慈樹阪本卓也京大EST2022-7
広い周波数帯域と多数のアレー素子を有するミリ波レーダは高性能化が進み,得られるレーダ画像の分解能は人体の複数部位からの反... [more] EST2022-7
pp.34-37
EST 2022-01-28
11:20
ONLINE オンライン開催 ミリ波アレーレーダによる人体イメージングと位相時系列の主成分分析を併用した非接触心拍計測
岩田慈樹香田隆斗阪本卓也京大EST2021-84
本稿では,超広帯域ミリ波アレーレーダによる人体の心拍非接触計測において計測精度を向上させる手法を提案する.提案手法は,レ... [more] EST2021-84
pp.136-139
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-23
11:20
ONLINE オンライン開催 e(m)-PCAを用いた2クラス分類に向けて
藤木 淳福岡大)・赤穂昭太郎産総研NC2021-43
これまでの多くのデータ分析手法は,測定値そのものをデータとして扱い,そのデータを線形もしくは非線形写像によって高次元ユー... [more] NC2021-43
pp.55-58
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 3次元顔モデルの笑顔変換表情の魅力度 ~ 視点依存性と性差 ~
間世田 秀赤松 茂法政大
笑顔の魅力度について視点依存性・性差に関する統計的な分析を行った. [more]
MBE, NC
(併催)
2021-10-29
11:40
ONLINE オンライン開催 常微分方程式に基づくニューラルネットワークの複雑さと精度の数値的研究
江刺家 郁大久保 潤埼玉大NC2021-26
近年,深層ニューラルネットワークの研究が活発に行なわれている.特に画像認識における性能向上は顕著であり,その一因として残... [more] NC2021-26
pp.46-50
AP 2021-08-20
10:25
ONLINE オンライン開催 無線LANセンシングのための離散フーリエ基底を用いた低演算量なチャネル解析手法
長尾勇平レイドリクス)・辻 康介一色良太郎ラナンテ レオナルド九工大)・尾知 博レイドリクスAP2021-49
近年,無線LANを用いて人物検出やモーション検出,バイタルサイン検知などを行うCSI (Channel State In... [more] AP2021-49
pp.7-12
MI 2021-07-08
14:00
ONLINE オンライン開催 低ランク性・スパース性に基づく教師なし深層学習による血管造影
石橋諒士酒井智弥長崎大)・羽石秀昭千葉大MI2021-11
本研究の目的は,自然呼吸下X線造影像から血管強調画像を作成することである.DSA(digital subtraction... [more] MI2021-11
pp.11-14
QIT
(第二種研究会)
2021-05-25
14:00
ONLINE オンライン開催 超高次元データ解析のための量子インスパイア主成分分析の開発
間島 慶量研機構)・小出(間島) 真子NICT)・田桑弘之樋口真人須原哲也八幡憲明量研機構
主成分分析は多変量データから重要な低次元成分を抽出する統計手法である.しかし,主成分分析のアルゴリズムは特異値分解に基づ... [more]
MI 2021-03-16
16:30
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]深層学習によるメラノーマの自動診断 ~ HSDの主成分分析による次元縮約 ~
金澤祐斗永岡 隆木村裕一根本充貴近畿大MI2020-82
我々は、450 nm~750 nm (1.5 nm刻み)の波長域からなるハイパースペクトラルデータ(HSD)と、人工知能... [more] MI2020-82
pp.150-151
SeMI 2021-01-21
14:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]主成分分析を用いたバックスキャッタ信号位相角の高精度な推定 ~ シミュレーションと実験実証 ~
岩崎友哉三次 仁慶大SeMI2020-56
バックスキャッタ信号の復調や位置推定に用いるキャリア位相角推定では,これまで線形回帰をベースとした推定量が用いられてきた... [more] SeMI2020-56
pp.75-83
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 初対面の日常会話における高齢女性のパーソナリティと発話応答との関連
髙栁直人楊井一彦平石牧子花王)・徳永弘子東京電機大)・片岡 潔花王)・武川直樹東京電機大
他者との日常会話は対人関係の構築・維持に重要な役割を担い,日常会話を通じた社会的交流機会の増加は,高齢者の死亡リスクの低... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 大規模アンケート回答データに対する特異的回答者の検出に関する一検討
高橋宏侑亀山 渉菅沼 睦早大
様々な質問項目を設けて消費者に回答してもらうアンケートでは,多くの回答者とは異なる,少数の特異的な回答をした者がいる可能... [more]
EA, ASJ-H
(共催)
2020-07-21
11:50
ONLINE オンライン開催 次世代型自動車内サイン音の構成要素評価
神薗善規尾上孝雄小林 亙阪大)・岡本大典 EA2020-13
本研究は,次世代の自動車内サイン音による安全で快適な運転環境への寄与を目的とする.これまでの自動車内サイン音は周囲環境で... [more] EA2020-13
pp.71-78
NLP 2020-05-15
13:25
ONLINE オンライン開催 べき乗法と平均合意に基づく主成分分析の分散アルゴリズムの設計
大浦夢月右田剛史高橋規一岡山大NLP2020-4
主成分分析は多変量解析の重要な手法の一つであり,統計分析,機械学習,パターン認識,信号処理,通信などの幅広い分野に応用さ... [more] NLP2020-4
pp.17-22
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-17
09:45
京都 京都大学
(開催中止,技報発行あり)
低ランク・スパース近似のDNN表現と学習 ~ 自然呼吸下X線血管造影への応用 ~
三好亮平酒井智弥長崎大)・大西 峻羽石秀昭千葉大PRMU2019-91
低ランク・スパース近似またはロバスト主成分分析は,線形従属な特徴と希少な特徴が混合している時系列データの情報処理に適して... [more] PRMU2019-91
pp.133-138
IBISML 2020-03-10
13:25
京都 京都大学
(開催中止,技報発行あり)
最頻値推定量を用いた主成分分析の提案
三戸圭史筑波大)・日野英逸統計数理研/理研IBISML2019-34
主成分分析は次元削減や可視化のようなデータ分析のための手法として広く一般に用いられている.しかしながら外れ値に対して脆弱... [more] IBISML2019-34
pp.9-16
 196件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会