お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-25
16:00
ONLINE オンライン開催 FPGA向け4倍精度浮動小数点演算器の設計と共役勾配法による評価
柿根尚喜窪田昌史弘中哲夫広島市大VLD2021-73 CPSY2021-42 RECONF2021-81
4倍精度浮動小数点演算の需要は多いものの,商用プロセッサへの搭載例は少なく,ソフトウェアによる低速なエミュレーションで実... [more] VLD2021-73 CPSY2021-42 RECONF2021-81
pp.138-142
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-02
10:35
ONLINE オンライン開催 正確丸めを実現するFPGA向き指数関数計算法
原口卓也高木直史京大VLD2021-35 ICD2021-45 DC2021-41 RECONF2021-43
IEEE754で正確に丸めることが推奨されている関数の一つ,指数関数expの正確丸めを実現するFPGA向きの計算法を提案... [more] VLD2021-35 ICD2021-45 DC2021-41 RECONF2021-43
pp.105-110
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
13:00
熊本 くまもと県民交流館パレア 高基数STL法を用いたFPGA向き指数関数計算法
藤原康史高木一義高木直史京大RECONF2017-46
IEEE754-2008 標準で推奨されている倍精度浮動小数点指数関数の正確丸めを保証するFPGA 向きの計算 法を提... [more] RECONF2017-46
pp.55-59
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
14:50
沖縄 具志川農村環境改善センター 倍精度浮動小数点対数関数のFPGA向き計算法
藤原康史高木一義高木直史京大CPSY2016-156 DC2016-102
浮動小数点数演算標準IEEE754が2008年に改定され,正確に計算すべき関数として36... [more] CPSY2016-156 DC2016-102
pp.363-367
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-23
13:50
神奈川 慶大日吉キャンパス 多倍長精度積分計算を加速させる専用システムGRAPE9-MPXの開発とその応用
台坂 博一橋大)・中里直人会津大)・石川 正湯浅富久子高エネルギー加速器研究機構)・似鳥啓吾理研VLD2016-72 CPSY2016-108 RECONF2016-53
我々は多倍長精度積分を加速させる専用計算システムGRAPE9-MPXの開発を進めている.これは, 4倍, 6倍, 8倍精... [more] VLD2016-72 CPSY2016-108 RECONF2016-53
pp.13-18
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
16:15
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 2つの浮動小数点倍精度加算器を用いた仮数部104ビット拡張倍精度加算器
矢高裕之高木直史高木一義京大CPSY2014-75
近年, 高速な高精度計算の必要性が高まっている.
しかし, IEEE754に準拠した4倍精度浮動小数点演算をハードウェ... [more]
CPSY2014-75
pp.19-23
RECONF 2014-09-19
11:00
広島 杜の宿 FPGAを用いた多倍長専用計算機GRAPE9-MPXの開発
元木伸治高エネルギー加速器研究機構)・台坂 博一橋大)・中里直人会津大)・石川 正湯浅富久子高エネルギー加速器研究機構)・福重俊幸川井 敦K & F Computing Research)・牧野淳一郎理研/東工大RECONF2014-29
素粒子物理分野における精密な理論解析のための高次輻射補正には、ループ図形を含むファインマン図の
計算が必要であり、それ... [more]
RECONF2014-29
pp.69-74
DC, CPSY
(共催)
2011-04-12
13:25
東京 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス 超並列数値シミュレーションにおける倍精度浮動小数点データ圧縮手法に関する一考察
大原 衛山口隆志都立産技研センターCPSY2011-2 DC2011-2
GPGPU (General-Purpose computing on Graphics Processing Unit... [more] CPSY2011-2 DC2011-2
pp.5-10
RECONF 2010-05-13
15:45
長崎 長崎温泉 やすらぎ伊王島 (長崎市伊王島町) 高精度な科学技術計算エンジン向きディジットシリアル浮動小数点演算器
谷川一哉伴 大雅弘中哲夫広島市大RECONF2010-6
本研究室では,8 倍精度浮動小数点演算を対象として,一般的に使われているパラレル浮動小数点演算器
に対し,小面積のまま... [more]
RECONF2010-6
pp.31-36
SS 2008-10-16
16:10
山梨 山梨大学甲府キャンパス 部分的倍精度計算によるGPU上での反復解法の改善
藤木史朗安藤英俊鳥山孝司山梨大SS2008-32
高速な数値計算が可能であるGPU上で,幾つかの反復解法が実装されているが,これらは単精度演算でありCPUの倍精度演算より... [more] SS2008-32
pp.31-36
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会