お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITE-BCT, OCS, IEE-CMN, OFT
(連催) ※学会内は併催
2022-11-11
10:10
宮城 フォレスト仙台
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
簡素化光相関領域反射計におけるレイリー散乱の観測
宮前知弥朱 光韜清住空樹横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大/横浜国大)・水野洋輔横浜国大OFT2022-39
近年、光ファイバ通信が急激に広まると同時に、光ファイバ通信ネットワークの健全性を診断する技術が求められている。光相関領域... [more] OFT2022-39
pp.11-14
OFT 2022-10-13
09:30
神奈川 かながわ県民センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]二重変調法に基づくOCDRの測定レンジの延伸
坂本真菜横浜国大/芝浦工大)・宮前知弥横浜国大)・野田康平横浜国大/東工大)・中村健太郎東工大)・李 ひよん芝浦工大)・水野洋輔横浜国大OFT2022-20
近年、光ファイバ通信ネットワークの健全性診断手法として光ファイバ上の接続不良箇所やその他の反射点の位置と反射率を計測でき... [more] OFT2022-20
pp.9-12
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2021-11-19
10:50
ONLINE オンライン開催 超簡素化OCDRの提案
清住空樹宮前知弥横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2021-53
光ファイバ反射率分布測定法は,ファイバネットワークの健全性を診断する手法として広く研究されている。その中でも,光相関領域... [more] OFT2021-53
pp.13-16
OFT 2021-10-14
10:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]OCDRの世界最速動作の実現と空間分解能劣化の抑制
宮前知弥朱 光韜清住空樹横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2021-23
近年、光ファイバ通信が急激に広まると同時に、光ファイバ通信ネットワークの健全性を診断する技術が求められている。光相関領域... [more] OFT2021-23
pp.9-12
OFT 2021-05-14
15:10
ONLINE オンライン開催 2波長直交偏波励起光パルスを用いた誘導ブリュアン散乱による歪分布計測
辻 健一郎上原知幸防衛大OFT2021-10
従来、誘導ブリュアン散乱を用いたBOTDA型歪分布測定法においては、ブリュアン利得が励起光とプローブ光の偏光状態に依存す... [more] OFT2021-10
pp.40-43
PN 2021-03-01
16:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ブリルアン散乱に基づく分布型光ファイバセンサの高性能化
水野洋輔横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大PN2020-47
光ファイバに沿った任意の位置で歪や温度を測定できるセンサを「分布型光ファイバセンサ」と呼ぶ。ビルの内壁やトンネル、ダム、... [more] PN2020-47
pp.30-37
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2021-02-19
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]光ファイバシステムによる変位計測
田中洋介東京農工大OFT2020-68 OPE2020-89
通信用光ファイバ、変調器、増幅器等の利用により、干渉計や強度相関処理系のような光計測の中心的な役割を果たす光学系が容易に... [more] OFT2020-68 OPE2020-89
pp.58-61(OFT), pp.63-66(OPE)
OFT 2019-10-11
11:55
新潟 駅まえオフィス貸会議室(新潟) 光ファイバ温度分布計測装置の最近の適応事例
永井竜二橋場圭一湯 京龍住友電工OFT2019-37
今日、ラマン散乱光を利用した光ファイバ温度分布計測装置(弊社登録商標:オーピサーモ、OPTHERMO)は電力ケーブルやイ... [more] OFT2019-37
pp.27-31
US 2015-06-19
15:40
熊本 熊本大学 超音波アレイセンサを用いた物体表面形状と二次元流速分布の同時計測手法の開発
河内拓也木村 駿井原智則木倉宏成東工大)・木本和志岡山大US2015-23
東京電力福島第一原子力発電所事故後の格納容器内の調査,特に燃料デブリ実態把握および漏洩箇所の調査に関連して,超音波アレイ... [more] US2015-23
pp.39-44
US, EA
(併催)
2015-01-29
14:50
京都 同志社大学 フェイズドアレイUVP法を用いた二次元速度ベクトル分布計測に関する研究
河内拓也福本拓哉都築宣嘉木倉宏成東工大US2014-92 EA2014-70
東京電力福島第一原子力発電所事故の汚染水漏洩箇所調査に関連して,フェイズドアレイUVP法を用いた2次元フローマッピング技... [more] US2014-92 EA2014-70
pp.99-104(US), pp.63-68(EA)
OFT 2013-10-25
09:25
奈良 エルトピア奈良 [フェロー記念講演]ブリュアン散乱を応用した光ケーブルの評価技術と分布型光ファイバセンサ
堀口常雄芝浦工大OFT2013-33
ブリュアン散乱は光ファイバ通信システムに悪影響をおよぼすことが多いが,有益な応用も数多く開発されている.そのような例の一... [more] OFT2013-33
pp.51-56
MBE, NC
(併催)
2013-03-13
14:10
東京 玉川大学 K-Rbハイブリッドセルを用いた光ポンピング原子磁気センサによる生体磁気計測に向けた磁場分布計測
伊藤陽介佐藤大地大西宏征鎌田啓吾小林哲生京大MBE2012-93
生体磁気計測用の磁気センサとして,光ポンピング原子磁気センサが注目されている.我々は,KとRbの2種類のアルカリ金属原子... [more] MBE2012-93
pp.31-34
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2013-03-01
14:00
東京 機械振興会館 遠視野像逆フーリエ変換による光導波路端の電界分布計測方法の検討
外薗裕仁中島大介陳 嬌辻野美樹浜本貴一九大OCS2012-109 OFT2012-85 OPE2012-203
レーザーや光導波路の光フィールドの評価方法として、近視野像(NFP)及び遠視野像(FFP)計測が一般的に用いられる。NF... [more] OCS2012-109 OFT2012-85 OPE2012-203
pp.65-70(OCS), pp.85-90(OFT), pp.85-90(OPE)
OFT 2013-01-24
14:30
徳島 アスティとくしま(徳島) ダブルパルスBOTDRの受信感度改善と測定距離拡大
雲田真弘安在勇介松浦 聡小山田弥平茨城大OFT2012-55
光ファイバの片端から高い距離分解能で歪・温度の分布測定を行うダブルパルスBOTDRに関して、散乱信号の受信帯域をマイクロ... [more] OFT2012-55
pp.13-18
OFT 2013-01-24
16:00
徳島 アスティとくしま(徳島) 合成型BOTDRの提案と実験による検証
西口憲一阪大)・李 哲賢グジク アーター岸田欣増ニューブレクスOFT2012-58
Brillouin optical time-domain reflectometry (BOTDR) の空間分解能を向... [more] OFT2012-58
pp.31-36
EA 2012-03-16
13:30
東京 (株)日立製作所中央研究所 水中用小型振動計測センサユニットの試作
榛葉昌高長谷川 淳拓殖大EA2011-124
水中の振動体を非接触で多点同時計測してその振動分布を3D アニメーション表示として可視化するシステムの開発を目的とし、セ... [more] EA2011-124
pp.25-30
OPE, R, CPM
(共催)
2011-04-22
14:20
東京 機械振興会館 FBGを用いた超電導線材の常電導転移検出
大道浩児寺田佳弘坂元 明山内良三フジクラR2011-4 CPM2011-4 OPE2011-4
波長分割多重したファイバブラッググレーティング(Fiber Bragg Grating, 以下,FBGと略す)を用いて超... [more] R2011-4 CPM2011-4 OPE2011-4
pp.15-18
EA, US
(併催)
2011-01-21
15:30
京都 同志社大学京田辺キャンパス医心館 N-A, N-B 空中超音波流速分布計測法に関する基礎研究
田中健太木倉宏成東工大US2010-110
従来流れ場の計測には,レーザドップラ流速計,熱線流速計,画像処理流量計が用いられてきた.しかし,これらの手法を用いるには... [more] US2010-110
pp.107-112
NC, MBE
(併催)
2010-03-09
14:35
東京 玉川大学 足裏への微小機械刺激がヒト静止立位時の重心動揺に与える影響
小松一貴立山翔太阪大)・野村国彦阪経済大)・浅井義之佐古田三郎野村泰伸阪大MBE2009-107
本研究の目的は,ヒト静止立位姿勢の制御メカニズムに関する仮説である,PD制御モデルおよび間欠制御モデルの妥当性を検証する... [more] MBE2009-107
pp.37-42
EMCJ 2010-01-22
16:25
沖縄 琉球大学50周年記念館 感温液晶マイクロカプセルを用いたミリ波曝露による対流現象の解析
田口貴幸鈴木敬久首都大東京)・小島正美金沢医科大)・酒井泰二NICT)・山代陽子金沢医科大)・小池 梓首都大東京)・渡辺聡一NICT)・多氣昌生金沢医科大)・佐々木 洋首都大東京EMCJ2009-125
ミリ波帯電磁波は生体組織に入射されることにより局所的な温度上昇を引き起こす。その局所的な熱輸送を解析する事で、ミリ波曝露... [more] EMCJ2009-125
pp.157-162
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会