お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2016-07-07
16:40
北海道 小樽市観光物産プラザ データの地理的分散管理のための分散KVS冗長化手法
松田一仁福山訓行富士通研ICM2016-17
昨今 IaaS 等のクラウドのみでなく,極めて多数のセンサ,アクチュエータ,組み込み計算機がインターネットをはじめとする... [more] ICM2016-17
pp.51-56
IN 2014-04-17
13:00
京都 京都府中小企業会館 伸縮するステートフル分散システムにおける厳密な負荷分散手法
中谷裕一栗田弘之高田直樹山下高生NTTIN2014-1
大規模分散処理システムには適切な負荷分散機能が必須であり,特にステートフルサービスや分散ハッシュテーブルにおける負荷分散... [more] IN2014-1
pp.1-6
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2014-03-28
13:55
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) P2P型ネットワークにおけるハッシュ木構成法の評価
淺枝智之樋口太平双紙正和広島市大ICSS2013-91
近年,データの送受信に基地局となるサーバを用いず,通信端末であるピア同士で通信を行うP2Pという通信方法が研究されている... [more] ICSS2013-91
pp.217-224
NS, IN
(併催)
2014-03-06
11:40
宮崎 宮崎シーガイア 構造化オーバレイにおけるクエリの流量のみに基づく経路表構築手法
安藤泰弘長尾洋也宮尾武裕首藤一幸東工大NS2013-207
構造化オーバレイでは,各ノードが自身が持つ経路表を参照し,クエリを担当ノードまで転送する.
ノードにはノードIDという... [more]
NS2013-207
pp.179-184
CPSY 2013-11-08
15:55
広島 広島大学 P2Pファイル共有システムのための木構造ベースの整合性維持手法
中島大志藤田 聡広島大CPSY2013-52
本稿では,P2Pファイル共有システムのための新しい整合性維持手法を提案する.提案手法の基本的な考え方は,共有ファイルごと... [more] CPSY2013-52
pp.73-78
IN, IA
(併催)
2012-12-14
14:55
広島 広島市立大学 構造化オーバレイにおける経路表の順序関係に基づくノードの近接性及び信頼性を考慮したDHTアルゴリズム
玉 コン城間政司長田智和谷口祐治琉球大IN2012-134
Chordは従来の分散ハッシュテーブル(DHT)であり,経路表の管理をランダムに割り当てられたノードIDに基づき厳密に行... [more] IN2012-134
pp.73-77
NS, IN
(併催)
2012-03-08
11:20
宮崎 宮崎シーガイア FRT-2-Chord:one-hopとmulti-hopのシームレスな移行が可能かつ経路表に対称性を持つDHTアルゴリズム
安藤泰弘長尾洋也宮尾武裕首藤一幸東工大IN2011-149
構造化オーバレイの設計手法であるFRTに基づいたDHTアルゴリズムFRT-2-Chord を提案する.DHTに代表される... [more] IN2011-149
pp.73-78
DC 2011-12-16
16:10
兵庫 豊岡市社会福祉協議会/城崎地区センター バックトラッキングを伴う構造化オーバレイネットワーク上のオブジェクト探索
福本 聡小澤一平新井雅之首都大東京DC2011-73
本研究では,構造化オーバレイネットワーク Chord のルーティングプロトコルにバックトラッキングを追加した場合の耐故障... [more] DC2011-73
pp.27-32
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2011-07-14
13:55
福岡 九州大学西新プラザ Ad Hoc通信機能付高度電子タグ間協調通信による棚陳列商品管理方式
丹波恭平・○笠松大佑高見一正創価大USN2011-13
レンタルショップなどでの頻繁な商品の棚陳列変更にも柔軟に対応できる位置管理方式として、Ad Hocネットワーク機能を備え... [more] USN2011-13
pp.43-48
DC 2010-12-10
15:10
鳥取 国際ファミリープラザ(米子) 構造化P2Pネットワークの耐故障性に関する考察
福本 聡・○寺田夢人新井雅之首都大東京DC2010-54
本研究では,代表的な構造化 P2P システムの一つである Symphny について議論する.目的ノードの持つオブジェクト... [more] DC2010-54
pp.15-20
NS, IN
(併催)
2010-03-04
10:00
宮崎 宮崎シーガイア P2Pコンテンツ配信のための管理情報複製配置手法のシミュレーションによる検証
榊原宏紀上和田 徹富士通研)・大亦寿之石川清彦NHKIN2009-157
センターサーバに一極集中することなく,膨大なコンテンツを有効に配信する手段として,Peer-to-Peer(P2P)技術... [more] IN2009-157
pp.79-84
USN, AN, MoNA
(併催)
2010-01-22
10:45
静岡 アクトシティ浜松 MANET環境におけるDHTを用いたデータベースの問合せ処理
西原雄太横田裕介大久保英嗣立命館大AN2009-59
我々は,センサネットワークから得られたセンシングデータをP2Pネットワークを用いて分散管理するP2Pデータポットと呼ばれ... [more] AN2009-59
pp.67-72
CPSY, DC
(併催)
2009-08-04
- 2009-08-05
宮城 フォレスト仙台 分散ハッシュテーブルにおけるキャッシュ機構の改良
北神正人小泉仁志千葉大DC2009-21
近年のユーザ数の増大やコンテンツのデータサイズの増大に伴い, インターネット上のサーバへの負荷が増大している.
その... [more]
DC2009-21
pp.15-20
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2008-07-25
11:10
福岡 福岡システムLSI総合開発センター DHTを用いた双方向匿名通信路の提案
近藤正基齋藤彰一松尾啓志名工大
近年インターネットの普及により莫大な情報量がネットワークを介して処理され
ている.このため,個人情報の流出などの問題が... [more]
ISEC2008-43
pp.61-68
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-05
15:10
神奈川 YRP [招待講演]構造化オーバーレイ概要とユビキタスネットワークでの応用
西谷智広NTTコミュニケーションズMoMuC2007-99 AN2007-74
近年、WinnyやGnutellaなどの普及にともない、P2Pネットワーク技術に注目が集まっている。P2Pに関する技術の... [more] MoMuC2007-99 AN2007-74
pp.19-24(MoMuC), pp.61-66(AN)
DE, DC
(共催)
2007-10-15
15:45
東京 機械振興会館 分散ハッシュテーブルにおけるToken-Based 相互排他制御
大西徹治北神正人千葉大DE2007-121 DC2007-18
ノードが互いに対等なP2P環境におけるデータ利用の多様化のためには共有データへの書込みに対するデータの整合性を保証する相... [more] DE2007-121 DC2007-18
pp.37-42
NS, CS, IN
(併催)
2007-09-20
15:00
宮城 東北大学 P2Pネットワークにおける故障ノード耐性に関する一考察
加藤 翔中山英久加藤 寧東北大NS2007-61
近年の通信回線の広帯域化,PCの高性能化により,端末同士の相互接続によるネットワークを構成しデータを送受信することが可能... [more] NS2007-61
pp.43-46
NS, IN
(併催)
2007-03-09
13:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター オーバレイブロードキャストによるDHTの提案と評価
加藤大志NECIN2006-237
構造化オーバレイネットワークを応用したオーバレイブロードキャストによる
データ共有を実現する方式として、従来のクエリを... [more]
IN2006-237
pp.339-344
IN 2006-12-15
16:40
大阪 大阪大学 ノードの近接性を考慮したP2P DHTの構築手法
土井賢治田頭茂明藤田 聡広島大IN2006-137
分散ハッシュテーブル(Distributed Hash Table: DHT)は,P2Pシステムにおいてネットワーク上に... [more] IN2006-137
pp.139-144
IN, NS
(併催)
2006-03-02
11:20
沖縄 リザンシーパークホテル谷茶ベイ(沖縄) 高次元Lp空間における近似最近傍点探索の分散処理手法
岡 敏生森川博之青山友紀東大
本稿では類似検索に利用される高次元$L_p$空間における近似最近傍点探索について検討を行った.近似最近傍点探索の計算量は... [more] IN2005-182
pp.153-158
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会