お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL, CAS
(共催)
2023-01-26
14:20
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
実環境音源分離において抑圧区間拡大が及ぼす効果
日高 司陶山健仁東京電機大CAS2022-71 ICTSSL2022-35
実環境下において,遠方音源ほど音源信号は空間的伝搬広がりをもって到来することが容易に想定できる.複数の複素重み付け加算回... [more] CAS2022-71 ICTSSL2022-35
pp.51-55
ICTSSL, CAS
(共催)
2023-01-26
14:40
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
空間的伝搬広がりによる音質劣化を回避する音源分離
古澤 魁陶山健仁東京電機大CAS2022-72 ICTSSL2022-36
一般に,マイクロホンと音源間の距離が遠くなるほど音源信号は空間的伝搬広がりをもちながら受音される.
しかし,実際の... [more]
CAS2022-72 ICTSSL2022-36
pp.56-61
EMCJ, MICT
(併催)
2021-03-05
09:25
ONLINE オンライン開催 モード多重伝送方式における加算回路を用いた信号印加法の実験的検討
佐藤匠弥松嶋 徹福本幸弘九工大EMCJ2020-73
高速有線通信において、多線化により伝送容量を増加させる検討がなされている。差動伝送ではn信号を送るために2n本の信号線が... [more] EMCJ2020-73
pp.7-12
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-29
13:15
ONLINE オンライン開催 2マイクロホンによる複素重み付け加算回路を用いた3音源分離
菊池慶樹陶山健仁東京電機大CAS2020-63 ICTSSL2020-48
複数音源分離手法として複素重み付け加算回路を用いた手法が提案されている.
2マイクロホンによる音源定位結果に対し,提案... [more]
CAS2020-63 ICTSSL2020-48
pp.124-129
VLD, ICD
(共催)
2008-03-06
12:00
沖縄 沖縄県男女共同参画センター 木構造部分積加算回路を持つ乗算器の面積/遅延/消費電力トレードオフについて
橘 昌良高知工科大VLD2007-150 ICD2007-173
木構造部分積加算回路を持つ乗算器の最終段加算回路の構成により,面積/遅延/消費電力のトレードオフを取る手法について報告す... [more] VLD2007-150 ICD2007-173
pp.37-42
NLP, CAS
(共催)
2006-10-05
11:40
大阪 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス ソーティング・ネットワークを応用したマルチレベル・シグマデルタ変調信号用演算回路(Ⅰ)
藤坂尚登神尾武司生岩量久広島市大
マルチレベル1次シグマデルタ(SD)変調信号をナイキストレート・マルチビット信号に変換することなく直接的に演算する回路を... [more] CAS2006-40 NLP2006-63
pp.35-40
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会