お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2022-11-26
14:35
山形 山形大学 量的表現を伴わない「量」を含む文の解釈における知覚的手がかりとグループ化の効果
安田哲也東大)・小林春美東電機大TL2022-19
「私の研究室には,お金持ちな学生がいます」という文は,何人がお金持ちかは明示していないが、研究室(i.e., グループ)... [more] TL2022-19
pp.6-10
TL 2022-03-13
14:35
ONLINE オンライン開催 英語条件表現の諸相
佐良木 昌明大TL2021-40
高度翻訳知識を広く集成し、これら実践的知見を翻訳文法として体系立てる。この作業の一貫として、英語条件表現の諸形態、とりわ... [more] TL2021-40
pp.45-49
TL 2018-07-29
13:40
東京 慶応大学 Disjunction in DE contexts -- When do children change their interpretation? --
Emi Caley-KomineMeiji Gakuin Univ.TL2018-37
下方含意(DE)オペレータの作用領域内にあるdisjunctionの解釈は言語によって異なる[14, 16]。そのため子... [more] TL2018-37
pp.117-122
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2017-02-09
10:40
大阪 大阪・梅田 ティーオージー会議室 コピュラ文を考慮した述語項構造解析器による含意認識
齋藤 彰竹内孔一岡山大NLC2016-40
テキスト含意認識問題の先行研究では,文に含まれる内容語の含有率などを含意の識別に用いていた.しかし,文中に現れる内容語の... [more] NLC2016-40
pp.1-5
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-22
09:30
東京 NTT武蔵野研究開発センタ 人工知能を利用した短答式記述採点支援システムの開発
石岡恒憲亀田雅之大学入試センター)・劉 東岳学研教育総研NLC2016-36
センター試験など大学入試試験レベルの短答式記述試験の自動採点および人間による採点を支援する実用可能なシステムを目指して,... [more] NLC2016-36
pp.87-92
ET 2015-03-14
14:05
徳島 四国大学交流プラザ 接続詞を伴った文表現と含意を伴った状況表現の双方向組立による接続詞演習環境の設計・開発
緒方 祐林 雄介平嶋 宗広島大ET2014-114
接続詞の使われ方は,既にある文において明示的に表されている意味を強調する強調的用法,と既にある文において明示的に表されて... [more] ET2014-114
pp.163-168
SIS 2008-12-05
12:40
大阪 関西大学(千里山キャンパス) オーソモジュラ量子論理における含意結合子の強弱について ~ 量子論理のモルフォロジー解析 ~
藤尾光彦九工大
モルフォロジー演算は随伴演算子の対として束に一般化される. 特に集合束のモルフォロジーはKripke意味論を介して, ... [more] SIS2008-61
pp.109-112
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-18
10:30
福岡 北九州学術研究都市 [ポスター講演]テストデータ削減のための必須割当に基づくテストポイント挿入法
平本和子吉川祐樹市原英行井上智生広島市大VLD2008-80 DC2008-48
本研究では,テストポイント挿入によるテストデータ量の削減法を考案する.故障の中には,同じ信号線に異なる値の割当を必要とす... [more] VLD2008-80 DC2008-48
pp.121-126
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会