お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 203件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW 2022-08-22
10:40
ONLINE オンライン開催 無線LANにおける線形計画法を用いたダイナミック周波数共用の一検討
佐々木貴裕佐々木重信新潟大SRW2022-10
本報告では無線LANにおける周波数有効利用のために,線形計画法を用いたダイナミック周波数共用について検討する.無線LAN... [more] SRW2022-10
pp.8-13
SANE 2022-08-19
11:10
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
航空機電波高度計の帯域内および帯域外干渉信号による電磁干渉特性 ~ 同一型式のパルス方式電波高度計の電磁干渉特性のばらつき評価・分析 ~
二ッ森俊一宮崎則彦平賀規昭電子航法研SANE2022-49
航空機電波高度計(周波数帯: 4.2−4.4GHz)は,航空機の高度を測定するアビオニクスであり,着陸時のみならず様々な... [more] SANE2022-49
pp.92-96
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-28
09:50
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
宇宙-空-地上統合ネットワークを構成する高高度プラットフォームにおける干渉抑制のためのヌル形成制御に関する検討
大河原佑斗川本雄一加藤 寧東北大SAT2022-22
6Gの要件として,広範囲にわたり移動通信サービスを享受可能にすることが挙げられるため,現在の移動通信システムがカバーして... [more] SAT2022-22
pp.30-34
SANE 2022-07-01
14:50
茨城 JAXA筑波宇宙センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
航空機電波高度計の帯域内および帯域外干渉信号による電磁干渉特性 ~ 3種類のFMCW方式の電波高度計を用いた測定評価 ~
二ッ森俊一宮崎則彦平賀規昭電子航法研SANE2022-21
航空機電波高度計(周波数帯: 4.2−4.4GHz)は,航空機の高度を測定するアビオニクスであり,着陸時のみならず様々な... [more] SANE2022-21
pp.33-37
AP
(第二種研究会)
2022-06-10
11:25
北海道 根室総合文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
基地局用9周波数帯共用平面アンテナ-小形版
富澤 豊中島悠太萩原弘樹日本電業工作)・中野雅之KDDI総合研究所
無線基地局用アンテナには2周波数以上を共用したものがある。今回は、利得8dBi以上の9波の0.7/0.8/1.7/2/2... [more]
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-02
13:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]周波数共用のための電波マップと3次元地図情報を用いた干渉電力推定手法
宮本 直藤井威生電通大SR2021-93
周波数資源枯渇問題への解決策として,近年,周波数共用技術が注目されている.高効率な周波数共用を実現するには,二次ユーザは... [more] SR2021-93
pp.36-41
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-02
15:00
ONLINE オンライン開催 ダイナミック周波数共用における観測結果の広がりを考慮した二段階無線チャネル観測法の提案
宗 秀哉見口健太湘南工科大)・征矢隼人neko 9SR2021-96
周波数利用効率向上のため,同一無線リソースを複数の無線システムで共用するダイナミック周波数共用(DSS: Dynamic... [more] SR2021-96
pp.49-54
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
09:30
ONLINE オンライン開催 VHF帯における周波数共用のための高効率電波保護領域算出モデル
皆木渓夏富田晋伍水谷圭一原田博司京大SR2021-99
現在日本においては,VHF帯に安全安心のための公共ブロードバンド移動通信システム(PBBシステム)が割り当てられている.... [more] SR2021-99
pp.64-70
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
09:55
ONLINE オンライン開催 IEEE 802.11無線LAN向け多腕バンディットアルゴリズムを用いた送信チャネル選択方式の検討
矢野一人鈴木健太オジェツンデ ババツンデATR)・今中崇詞太田真衣太郎丸 真福岡大SR2021-100
無線LANをはじめとした免許不要帯における無線通信のトラヒックは増加の一途を辿っており,多数の無線システムやユーザが存在... [more] SR2021-100
pp.71-76
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
10:20
ONLINE オンライン開催 VHF帯電波センシング情報を活用したSub-6GHz帯周波数共用システムにおける電波保護領域推定法
富田晋伍水谷圭一原田博司京大SRW2021-73
現在,ローカル5G等の自営運用可能なSub-6 GHz帯無線通信システムの普及が加速している.複数のシステムが同一周波数... [more] SRW2021-73
pp.21-26
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
10:45
ONLINE オンライン開催 ダイナミック周波数共用データベースにおける計算量削減に関する一検討
新岡燎汰佐々木重信新潟大)・大宮 陸村上友規NTTSRW2021-74
無線通信の急速な普及に伴う周波数帯域の不足という問題に対して,既存の無線局を保護しながら周波数の有効利用を図るダイナミッ... [more] SRW2021-74
pp.27-32
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
14:30
ONLINE オンライン開催 スマートコントラクトとCAを用いた動的周波数共用の自動化
鈴木信雄ATR/近畿大)・前山利幸拓殖大)・吉岡達哉長谷川晃朗横山浩之ATRSR2021-119
5Gをはじめ,さらに高度な移動通信システムを実現するためには,既存の周波数資源を活用することが有効である.そのために,周... [more] SR2021-119
pp.146-153
AP, WPT
(併催)
2022-01-21
14:30
鳥取 鳥取県立生涯学習センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無人飛行機を用いた波源推定法と無人飛行機配置の最適化に関する検討
高世 駿西森健太郎新潟大)・松田崇弘都立大AP2021-153
近年,無線通信システムの運用の増加に伴い,周波数資源の圧迫やシステム間の干渉が問題となっている.しかし,全ての時間・場所... [more] AP2021-153
pp.104-109
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2021-11-26
09:50
東京 機械振興会館 (予定)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
階層的クラスタリング機械学習による遅延プロファイルを用いた端末位置推定
平田 詢水谷圭一原田博司京大SRW2021-36
GPSなどの位置推定手法に頼ることなく、電波の観測のみで当該電波の発射位置を推定する手法として、遅延プロファイルと機械学... [more] SRW2021-36
pp.37-42
AP, RCS
(併催)
2021-11-10
15:55
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
HAPSと地上セルラーシステムが周波数共用した場合のMIMO対応HAPS下り回線干渉キャンセラーの検討
柳川竜輝藤井輝也東工大RCS2021-153
成層圏の高度約20 kmを飛行するHAPSと地上セルラーが同一周波数を共用する場合、相互の干渉回避技術が不可欠である。H... [more] RCS2021-153
pp.52-57
SR 2021-11-04
13:05
ONLINE オンライン開催 [招待講演]動的周波数共用に向けた国内政策
柳迫泰宏総務省SR2021-46
近年、デジタル変革時代を迎え、社会経済や国民生活の様々な分野における新たな電波利用ニーズに対する周波数の確保に向けて、周... [more] SR2021-46
p.37
SR 2021-11-04
15:35
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]Sub 1 GHz帯におけるIEEE 802.11ahとIEEE 802.15.4gの周波数共用
永井幸政三菱電機SR2021-49
920MHz帯(Sub-1GHz)は,低消費電力と広範囲なエリアをカバーすることが出来ることからIoT向け無線通信帯域と... [more] SR2021-49
pp.47-49
EMT, IEE-EMT
(連催)
2021-11-05
10:00
ONLINE オンライン開催 14-20GHz帯及び30GHz帯で動作する直交偏波共用単層リフレクトアレー
井上治幸出口博之辻 幹男同志社大EMT2021-45
リフレクトアレーは導体素子,誘電体基板,地導体から構成され,入射した電波を特定の方向に強く反射できるアンテナである.筆者... [more] EMT2021-45
pp.88-93
RCS, SAT
(併催)
2021-08-26
11:50
ONLINE オンライン開催 HAPS-地上間の周波数共用を実現するためのヌル形成に基づく2段階プリコーディング方式
田代晃司星野兼次長手厚史ソフトバンクRCS2021-101
空・海・山へ向けた大幅なカバレッジ拡張は次世代モバイル通信規格6Gにおける重要なコンセプトのひとつであり,これを実現する... [more] RCS2021-101
pp.13-18
RCS, SAT
(併催)
2021-08-27
13:10
ONLINE オンライン開催 干渉分布に基づく事前空き周波数割り当て法
チャルーンスック ブンパシット安達宏一電通大RCS2021-111
近年,無線通信トラフィックの増加に伴い周波数資源枯渇問題が顕著になっており,周波数資源の有効活用が課題となっている.この... [more] RCS2021-111
pp.63-68
 203件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会