お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-28
13:55
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
予測モデルにおけるLiNGAMを用いた特徴量選択
隅田大勇竹川高志工学院大NC2022-17 IBISML2022-17
機械学習モデルの精度を向上させるためには,使用するモデルの特徴,およびデータのドメイン知識を踏まえたうえで特徴量エンジニ... [more] NC2022-17 IBISML2022-17
pp.123-128
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-28
15:25
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
因果探索におけるAsymmetries手法とScore-Based手法のハイブリッド型アルゴリズムの設計に向けて
三﨑滉太松島 慎東大NC2022-20 IBISML2022-20
社会科学や自然科学の分野において複数の要素間の因果関係を把握することに対する需要は高い.このような因果関係を探るために,... [more] NC2022-20 IBISML2022-20
pp.143-148
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-28
15:50
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MDL原理に基づくNML符号長を用いた離散変数の因果探索
小林将理西本洋紀松島 慎東大NC2022-21 IBISML2022-21
有限個の観測データのみから確率変数間の因果構造を推測することは,科学における重要な問題の一つである.
本稿では,離散変... [more]
NC2022-21 IBISML2022-21
pp.149-155
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-28
16:55
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
HSICを拡張した条件付き独立性検定
張 秉元鈴木 讓阪大NC2022-23 IBISML2022-23
変数Zの各値のもとで変数X,Yが独立になるかという、いわゆる条件付き独立性の検定方法を検討した。
グラフィカルモデルの... [more]
NC2022-23 IBISML2022-23
pp.164-169
IBISML 2022-01-18
13:20
ONLINE オンライン開催 分類器の説明に有効な因果コンセプトの自動発見
チャン クァン ティエン福地一斗秋本洋平佐久間 淳筑波大/理研IBISML2021-24
我々は「データXはクラスYと識別されたのは、Xが概念A,概念Bを持って、かつ概念Cを持たないから」のような形式でブラック... [more] IBISML2021-24
pp.45-53
PRMU 2021-12-16
15:25
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]プラントシミュレータを用いた時系列因果探索手法の評価
小山和輝藤原大悟切通恵介大川内智海泉谷知範NTTコミュニケーションズ)・浅原啓輔清水昌平滋賀大PRMU2021-34
工場・プラントではセンサなどの時系列データで構成されるプロセスデータの利用が広がっているが,運転の改善のためには,新たな... [more] PRMU2021-34
pp.57-60
IA, IN
(併催)
2017-12-14
12:40
広島 広島市立大学 [招待講演]因果探索への招待
清水昌平滋賀大IN2017-49 IA2017-56
因果探索とは、因果関係に関する仮説をデータから探索するための方法論である。初めに、因果探索の基本的アイデアを述べる。そし... [more] IN2017-49 IA2017-56
pp.19-24
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会