お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-26
10:40
ONLINE オンライン開催 自己参照に基づく直接密度比推定を用いた教師なし再利用FPGA検出
井阪友哉関西学院大)・新谷道広奈良先端大)・アフメド フォイサルプライム大)・井上美智子奈良先端大CPSY2020-60 DC2020-90
Field-programmable gate-array(FPGA)の回路性能は使用により経時的に劣化することから,F... [more] CPSY2020-60 DC2020-90
pp.61-66
MBE, MICT
(共催)
2021-01-28
15:40
ONLINE オンライン開催 リカレントニューラルネットワークを用いた投薬効果予測モデルのための訓練データにおける外れ値検出付き学習手法の検討
佐久間義友小林 匠杉本千佳河野隆二横浜国大MICT2020-27 MBE2020-32
近年,機械学習の医療・ヘルスケア領域への応用が注目されている.その中でも,手術中に行う全身麻酔の補助や,糖尿病患者のイン... [more] MICT2020-27 MBE2020-32
pp.28-33
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-17
14:25
ONLINE オンライン開催 Sparse Robust Deep Autoencoderを用いた心電図外れ値検出器のハードウェア向けモデル圧縮手法について
曽我尚人佐藤真平中原啓貴東工大VLD2020-17 ICD2020-37 DC2020-37 RECONF2020-36
近年,心電図を日常生活の中で記録できるように携帯型の心電図計やウェアラブルデバイスが普及し始め ている. これらの測定機... [more] VLD2020-17 ICD2020-37 DC2020-37 RECONF2020-36
pp.36-41
HWS, VLD
(共催)
2019-02-28
13:55
沖縄 沖縄県青年会館 Sparse Robust Deep Autoencoderによる心電図外れ値検出器のハードウェア向けモデル圧縮について
曽我尚人佐藤真平中原啓貴東工大VLD2018-114 HWS2018-77
近年,心電図を日常生活の中で記録できるように携帯型の心電図計やウェアラブルデバイスが普及し始 めている. こ... [more] VLD2018-114 HWS2018-77
pp.127-132
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-06
11:20
広島 サテライトキャンパスひろしま Sparse Robust Deep Autoencoderを用いて学習した心電図の外れ値検出器のハードウェア実装について
曽我尚人佐藤真平中原啓貴東工大RECONF2018-42
現在の心電図の外れ値検出はルールベースであり偽陽性が多く,新たな検出方法の検討が必要とされて いる.外れ値検出と... [more] RECONF2018-42
pp.45-50
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-19
11:20
北海道 北海道大学 [ポスター講演]近接深度センサを用いた嚥下検出アルゴリズムのオンライン化
高井 翼酒井智弥東嶋美佐子長崎大PRMU2016-183 CNR2016-50
日常的な反復唾液嚥下テストによる嚥下機能の定量化と誤嚥リスクの早期発見を可能にするため,画像から嚥下運動を検出することで... [more] PRMU2016-183 CNR2016-50
pp.163-164
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-24
16:55
神奈川 慶大日吉キャンパス ストリームデータに対するマハラノビス距離に基づく外れ値検出手法のFPGA実装
荒井悠人若林真一永山 忍稲木雅人広島市大VLD2016-91 CPSY2016-127 RECONF2016-72
本研究では,ストリームデータ内の外れ値をマハラノビス距離により検出する手法に着目する.マハラノビス距離の計算では,行列演... [more] VLD2016-91 CPSY2016-127 RECONF2016-72
pp.141-146
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
14:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 ダークネットトラフィック解析による学習型DDoSバックスキャッタ検出システム
宇川雄樹北園 淳小澤誠一神戸大)・班 涛中里純二NICT)・島村隼平クルウィットICSS2015-67
本研究では,ダークネットで観測されたUDP通信トラフィックからDDoS攻撃によるバックスキャッタか否かを判定するオンライ... [more] ICSS2015-67
pp.123-128
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2016-01-19
14:20
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 外れ値検出に対するMSD法のGPU実装と実験的評価
浅野翔太郎稲木雅人永山 忍若林真一広島市大VLD2015-83 CPSY2015-115 RECONF2015-65
近年,情報通信技術やセンシング技術の進歩によって,世の中に流通するデータ量は増加の一途をたどっている.このような膨大な量... [more] VLD2015-83 CPSY2015-115 RECONF2015-65
pp.37-42
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2015-08-06
17:00
大分 ビーコンプラザ(別府) FPGA NIC向けノンパラメトリックオンライン外れ値検出機構
林 愛美徳差雄太慶大)・松谷宏紀慶大/JST/NIICPSY2015-42
情報通信技術やセンシング技術の進歩によって、世の中に流通するデータ量はますます増加している。
このような膨大な量のデー... [more]
CPSY2015-42
pp.269-274
MI 2012-01-19
10:00
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 推定確度の自己評価を行う外れ値に頑健なクラスタベーズドなPDMの非剛体位置合わせ
澤田好秀本谷秀堅名工大MI2011-77
本稿では,臓器の形状と画像との非剛体位置合わせ法として,各位置における位置合わせの確度を自己評価できるだけでなく,形状モ... [more] MI2011-77
pp.1-6
MI 2012-01-19
11:20
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 Nonrigid ICPへの確率モデルの導入による位置合わせの頑健化
松野高道山岡尚登澤田好秀本谷秀堅名工大MI2011-96
Nonrigid ICPに確率モデルを導入することにより,外れ値に頑健な位置合わせ法を実現したので報告する.Nonrig... [more] MI2011-96
pp.103-108
EA 2011-06-23
14:00
北海道 北海道医療大学 2つの経路推定フィルタを用いたオンライン2次経路推定手法の導入によるANCシステムの騒音除去性能の向上
大石明久ムハマド タヒル アクター三橋 渉電通大EA2011-31
本論文では,経路推定用の雑音を用いて2 次経路をオンライン推定する手法を備えたフィードフォワード型アクティブノイズコント... [more] EA2011-31
pp.7-12
EA 2010-08-09
15:15
宮城 東北大学 空間パワースペクトルの主成分分析に基づく時間断続信号の検出
加藤通朗杉本侑哉牧野昭二山田武志北脇信彦筑波大EA2010-47
会議音声アーカイブを効率良く再生するためには,誰がいつ,どのように発話しているかを事前に検出しておくことが重要である.本... [more] EA2010-47
pp.25-30
SR 2010-05-21
10:00
神奈川 慶応大学 協調センシング時の低SNRノード検出手法に関する検討
レ ヴ フン太田真衣稲毛 契藤井威生電通大)・村岡一志有吉正行NECSR2010-8
本稿はコグニティブ無線におけるスペクトルセンシングの一種である協調センシングに注目し,外れ値検出による低SNR(Sign... [more] SR2010-8
pp.43-48
DE 2007-07-03
15:25
宮城 秋保温泉(仙台) トランザクションデータベースに対する高確信度の相関ルールを用いた外れ値検出手法
成田和世北川博之筑波大DE2007-88
データから珍しいイベントの発生や,他とは逸脱したオブジェクト,例外などを検出する外れ値検出は重要なデータマイニング技術の... [more] DE2007-88
pp.399-404
PRMU, NLC
(共催)
2005-09-21
09:00
東京 東大(本郷) 最近傍グラフ上での高速な部分教師付き学習法
杜 偉薇浦浜喜一九大
パターン識別器の部分教師付き学習のための簡単で高速なラベル伝搬法を提案する.本手法では,kNNグラフと呼ばれるスパースな... [more] NLC2005-24 PRMU2005-51
pp.1-6
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会