お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2019-03-04
09:30
東京 電気通信大学 実物体の触力覚形状認識時における脳内情報表現部位の遷移
衞藤祥太電通大)・中谷裕教東大)・宮脇陽一電通大NC2018-48
ヒトが外界を知覚する際,物体認識は重要な役割を果たしており,その手掛かりとなる物体形状は視覚,体性感覚の双方で認識が可能... [more] NC2018-48
pp.25-30
IMQ, HIP
(共催)
2018-07-20
13:30
北海道 札幌市立大学 サテライトキャンパス [依頼講演]低次元画像近似に基づいたインペインティングとその工学的応用
小川貴弘長谷山美紀北大IMQ2018-5 HIP2018-32
本文では,低次元画像近似に基づいたインペインティングとその工学的応用について説明を行う.具体的に,多変量解析に基づいた次... [more] IMQ2018-5 HIP2018-32
pp.1-4
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2016-07-06
11:15
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 多ドメインマッチング相関分析のL1正則化法
小嶋啓右阪大)・廣瀬 慧九大)・下平英寿阪大IBISML2016-5
Cross-Domain Matching Correlation Analysis(CDMCA)は,近年提案された,異... [more] IBISML2016-5
pp.209-215
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
15:40
東京 玉川大学 ヒト視覚野における物体カテゴリ表現と物体カテゴリ抽象度の時間的関係
佐藤 匡宮脇陽一電通大NC2013-128
物体カテゴリは抽象度に応じて階層的に分類できる.また,ヒトの脳活動にも物体カテゴリの抽象度に対応した階層性が見られること... [more] NC2013-128
pp.227-232
SP 2014-02-28
13:50
徳島 徳島大学 [招待講演]非負値行列因子分解による時系列パターン処理
亀岡弘和東大/NTTSP2013-116
実世界にはパワースペクトル,画素値,頻度など,非負値で表されるデータが多い。このように非負値で表されたデータを有意な加法... [more] SP2013-116
pp.31-36
IBISML 2013-11-13
15:45
東京 東京工業大学 蔵前会館 [ポスター講演]確率的偏正準相関分析
椋田悠介原田達也東大IBISML2013-58
着目変量の影響を除いた二変数の相関の大きくなる射影を求める多変量解析手法として偏正準相関分析があり,時系列間の因果指標と... [more] IBISML2013-58
pp.169-176
EA 2012-12-14
14:20
東京 国立情報学研究所 [招待講演]非負値行列因子分解とその音響信号処理応用
亀岡弘和東大/NTTEA2012-118
実世界にはパワースペクトル,画素値,頻度など,非負値で表されるデータが多い。このように非負値で表されたデータを有意な加法... [more] EA2012-118
pp.53-58
ISEC, LOIS
(共催)
2012-11-21
16:35
静岡 静岡市産学交流センター 生活支援サービス連携システムにおいて柔軟に人的リソース割当を行う手法の検討
林 瑞恵NTT)・美原義行NTT西日本)・中平 篤岡本 学山崎毅文佐藤 敦NTTISEC2012-62 LOIS2012-37
見守り,健康相談等ICT を活用した生活支援サービスは,現在様々な形で提供されている.各サービスの内容は一定の要望に応え... [more] ISEC2012-62 LOIS2012-37
pp.33-40
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2011-07-12
15:25
静岡 静岡大学浜松キャンパス ウイルス感染時に対処行動を行う人物プロファイルに関する基礎検討
神田大彰吉開範章栗野俊一日大ISEC2011-13 SITE2011-10 ICSS2011-18 EMM2011-12
PCのウイルス感染時における、ユーザーの意識行動調査を行っている。ウイルス感染時における心理状況はパニック状態と見なせる... [more] ISEC2011-13 SITE2011-10 ICSS2011-18 EMM2011-12
pp.25-30
ICM 2011-03-10
10:00
沖縄 宮古島マリンターミナル ネットワークデータ間の連動性解析による障害検出方式の検討
木原 拓立石直規瀬戸三郎NTTICM2010-57
ネットワーク保守業務では,高品質・高信頼なサービスを提供するために,障害発生からサービス復旧までの時間短縮に取り組んでい... [more] ICM2010-57
pp.17-22
NC, NLP
(共催)
2011-01-25
14:35
北海道 北大 百年記念館 報酬を考慮した主成分分析を用いた雑音環境下での波形認識
長島健史佐藤仁樹公立はこだて未来大NLP2010-150 NC2010-114
報酬を考慮した主成分分析(RWPCA)を用いて,雑音を除去し冗長な情報を圧縮する線形フィルタを設計した.
RWPCAは... [more]
NLP2010-150 NC2010-114
pp.147-151
ET 2010-03-05
10:35
高知 高知大 多変量解析による授業改善と学生へのフィードバック
野崎真也・○東 るみ子琉球大)・成枝秀介明石高専)・波平宜敬琉球大ET2009-123
安価で効果的な教育改善手法の1つにアンケートの活用が挙げられるが,アンケートの集計結果を直接授業改善に活かすのは効率的で... [more] ET2009-123
pp.113-117
NLP 2009-12-21
14:25
岩手 つなぎ温泉 清温荘 強化学習を用いた高次元非線形時系列予測
高岩 麦佐藤仁樹公立はこだて未来大NLP2009-133
複数の非線形時系列から有効な情報を抽出し,強化学習を利用することにより非線形時系列の予測精度を改善した.まず,報酬を考慮... [more] NLP2009-133
pp.37-42
MBE 2009-05-22
11:10
富山 富山大学 サポートベクターマシンによる非線形回帰を用いた新たなパルスオキシメトリの校正法の試み
野本大貴小川充洋金沢大)・山越康弘ユーシス)・野川雅道山越健弘本井幸介田中志信山越憲一金沢大MBE2009-2
パルスオキシメータの校正は一般的にRと呼ばれる2波長で計測された光電脈波のAC/DC比の比を用いて行われる.Rにより,情... [more] MBE2009-2
pp.5-8
NLP 2009-02-28
13:20
神奈川 法政大学梶野町校舎西館W203教室 フラクタルとエントロピーを用いた肌表面形状の定量的評価
佐々木拓郎中川匡弘長岡技科大NLP2008-140
人の肌を観たときの評価値は,主観に大きく依存するために評価者によって多様であり,客観的な評価が困難である.これを客観的,... [more] NLP2008-140
pp.49-54
NLP 2008-11-06
14:15
愛知 名古屋大学 高次元行動空間における強化学習 ~ 主成分分析による行動空間圧縮 ~
佐藤仁樹公立はこだて未来大NLP2008-64
予備制御器から得られた行動の主成分分析に基づき,高次元行動空間を圧縮する方法を提案する.まず,適当な予備制御器を用いて環... [more] NLP2008-64
pp.37-42
MBE 2008-09-25
10:45
長野 信州大学工学部 フラクタルとエントロピーを用いた肌表面形状の定量的評価
佐々木拓郎中川匡弘長岡技科大MBE2008-37
人の肌を観たときの評価値は,主観に大きく依存するために評価者によって多様であり,客観的な評価が困難である.これを客観的,... [more] MBE2008-37
pp.59-64
R 2007-05-18
14:00
広島 広島大学 多変量解析を用いた不正アクセス検知モデルの提案
酒井悠人広島大)・林坂弘一郎神戸学院大)・土肥 正広島大R2007-8
多くのコンピュータ・ネットワークシステムでは,情報セキュリティを確保するために侵入検知システム (IDS) が設置されて... [more] R2007-8
pp.1-6
CQ, MVE
(併催)
2007-01-26
11:30
福岡 アジア太平洋インポートマート 携帯端末を用いた映像視聴の品質に対するユーザ評価の要因分析
須田洋平矢守恭子田中良明早大CQ2006-90
携帯端末の進化により,様々な場所での映像コンテンツ視聴の機会が増えている.
移動中の映像視聴において,映像品質に対する... [more]
CQ2006-90
pp.61-66
NLP 2006-03-21
13:00
東京 法政大学(市ヶ谷) 絶対値誤差を最小とするテンソル積と定常雑音の推定
板井陽俊安川 博愛知県立大)・内匠 逸名工大)・畑 雅恭中部大
複数のセンサから観測された観測信号に共通する定常な背景雑音と観測源に依存する非定常な局所成分の分離という視点に立ち,テン... [more] NLP2005-156
pp.31-36
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会