お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 111件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, RCS
(併催)
2023-12-15
09:50
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
5G NRを利用したUL-NOMAシステムの実機開発と実証実験
山添正裕森山雅文松田隆志松村 武NICTRCS2023-194
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] RCS2023-194
pp.88-93
IE, CS
(共催)
IPSJ-AVM
(連催) [詳細]
2023-12-12
10:00
福岡 九州工業大学 若松キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
5G NRに対応したUL-NOMAシステムの開発と映像伝送実験
森山雅文山添正裕松田隆志松村 武NICT)・藤野 学篠原義典辰川 弘金子隆義池田博樹ABiTCS2023-85 IE2023-27
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] CS2023-85 IE2023-27
pp.18-23
CCS, IN
(併催)
2023-08-04
10:12
北海道 番屋の湯 (北海道石狩市) mMTCのためのグラントフリー電力軸NOMAにおけるスループットを保証する電力レベル数の最適化
平井健士小田 怜若宮直紀阪大IN2023-27
本稿では,massive machine-type communications (mMTC) におけるgrant-fr... [more] IN2023-27
pp.58-63
SeMI, RCS, RCC, NS, SR
(併催)
2023-07-12
10:50
大阪 大阪大学中之島センター+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
mMTCのためのセミグラントフリー電力軸NOMAのスループット最大化
平井健士Lu Chen若宮直紀阪大SeMI2023-23
本稿では,massive machine-type communications (mMTC) において,semi-gr... [more] SeMI2023-23
pp.13-18
RCS 2023-06-15
15:35
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ランダムDFT拡散スペクトル有効周波数分割多重と期待値伝播法に基づく低計算量復調法
小松和暉豊橋技科大)・小島 駿東大)・上原秀幸豊橋技科大RCS2023-59
従来のスペクトル有効周波数分割多重(Spectrally Efficient Frequency Division Mu... [more] RCS2023-59
pp.182-187
RCS 2023-06-16
09:30
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
USRPを用いた全二重端末における非整数遅延がディジタル自己干渉キャンセラに与える影響の評価
山本魁世小松和暉豊橋技科大)・宮路祐一愛知工大)・上原秀幸豊橋技科大RCS2023-65
時間領域ディジタル自己干渉キャンセラは,受信した自己干渉信号と再構成した自己干渉信号が完全に時刻同期していることを前提と... [more] RCS2023-65
pp.218-223
PN 2023-03-02
15:30
沖縄 沖縄県立博物館 講座室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
重畳符号化を用いたEONにおける再配置を考慮したパス設定手法
大河内翔太馬場健一工学院大PN2022-67
増加が続く通信トラヒックを効率よく収容する技術として,光基幹ネットワークの分野ではエラスティック光ネットワーク(EON)... [more] PN2022-67
pp.136-141
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-24
13:00
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数GW間連携に基づくLPWAマルチシステム間逐次干渉除去技術の検討
角田真一朗藤井威生電通大)・成枝秀介三重大SRW2022-16
近年,省電力長距離通信を可能とするLPWA (Low Power Wide Area) 端末数が急増の一途を辿っている.... [more] SRW2022-16
pp.1-6
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2022-11-25
09:15
栃木 ホテルエピナール那須 (栃木県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]後方散乱同期ストリーミングシステムにおける送信漏れ込み低減制御の自動化
高澤祐樹鎌田冬馬神奈川工科大)・徳増 理市川晴久慶大)・田中 博神奈川工科大)・三次 仁慶大)・川喜田佑介神奈川工科大SRW2022-25
著者らは後方散乱通信で複数のバッテリーレスセンサタグから同期ストリーミングを行うシステムの開発を行なっている.後方散乱通... [more] SRW2022-25
p.37
RCS 2022-10-28
09:00
愛媛 愛媛大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ハール・プリコーティングを用いる大規模スペクトル有効周波数分割多重と期待値伝播法に基づく並列干渉除去復調法の性能評価
小松和暉NICT)・小島 駿東大)・松村 武NICTRCS2022-141
スペクトル有効周波数分割多重(Spectrally Efficient Frequency Division Multi... [more] RCS2022-141
pp.59-64
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
12:05
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
並列干渉キャンセラを用いたFogノードによるD2D通信
シュレスタ ビヌ張 裕淵府川和彦東工大RCS2022-105
D2D(Device-to-Device)通信では,基地局を介さずにユーザ端末間の直接通信が可能である.セルラー方式の周... [more] RCS2022-105
pp.48-53
SAT, RCS
(併催)
2022-08-25
18:05
北海道 函館市亀田交流プラザ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LoRaWANにおけるWPT干渉除去法
熊田遼汰安達宏一電通大RCS2022-112
IoT技術の発展に伴い,無線センサネットワーク(WSN)が様々なアプリケーションに導入されている.
低消費電力・長距離... [more]
RCS2022-112
pp.84-89
SR 2022-01-25
16:10
ONLINE オンライン開催 LPWAマルチシステム間逐次干渉除去技術の検討
角田真一朗藤井威生電通大)・成枝秀介三重大SR2021-84
近年,モノのインターネット (IoT: Internet of Things) の急速な発展に伴い,LoRaWAN (L... [more] SR2021-84
pp.125-131
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
09:30
ONLINE オンライン開催 帯域内全二重のためのディジタルプリディストータとネルダーミード法を用いた送信機の非線形化
佐藤栄作豊橋技科大)・小松和暉NICT)・宮路祐一上原秀幸豊橋技科大IT2021-28 SIP2021-36 RCS2021-196
同一周波数で同時に送受信を行う帯域内全二重は,周波数利用効率の増加が見込まれるが,自己干渉の除去が必要である.
非線形... [more]
IT2021-28 SIP2021-36 RCS2021-196
pp.1-6
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
13:40
ONLINE オンライン開催 アンソースランダムアクセス通信における繰り返し干渉除去による衝突メッセージの復号
大島 大木村共孝程 俊同志社大IT2021-49 SIP2021-57 RCS2021-217
アンソースランダムアクセス通信における連接符号化法に対して,衝突メッセージ復号のための繰り返し干渉除去法を検討する.共通... [more] IT2021-49 SIP2021-57 RCS2021-217
pp.113-118
AP, RCS
(併催)
2021-11-10
11:15
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
帯域内全二重におけるコンパンディング法のパラメータの最適化
岡野公太豊橋技科大)・小松和暉NICT)・宮路祐一上原秀幸豊橋技科大RCS2021-145
同一周波数で同時に送受信する帯域内全二重は,自端末の送信信号が相手端末からの所望信号に干渉する自己干渉が発生するため,自... [more] RCS2021-145
pp.13-18
RCS 2021-10-21
16:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]帯域内全二重の無線実験系構築への取り組み
宮路祐一上原秀幸豊橋技科大RCS2021-128
著者らは,電波資源を有効利用する技術として帯域内全二重を研究している.その中でも特に,帯域内全二重を実現するためのディジ... [more] RCS2021-128
p.56
PN, NS, OCS
(併催)
2021-06-25
14:50
ONLINE オンライン開催 EONにおける重畳符号化を用いた動的なパス設定手法
佐藤広康馬場健一工学院大)・廣田悠介NICTPN2021-11
近年,著しく増加するインターネットトラフィックを柔軟に収容するため,エラスティック光ネットワーク(EON)が盛んに研究さ... [more] PN2021-11
pp.40-45
RCS 2021-06-23
10:00
ONLINE オンライン開催 上り回線非直交多元接続方式への周波数領域STBCに関する実験的評価
黒澤 敦森山雅文滝沢賢一松村 武児島史秀NICTRCS2021-32
近年,IoT端末の増加により多数接続通信の需要が増している.著者らは,低遅延及び多数接続通信が実現できるよう,上り回線の... [more] RCS2021-32
pp.19-24
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-22
14:00
ONLINE オンライン開催 短縮化拡張プライム系列符号を重畳する同期光CDMA方式の提案
小野恭平山嵜彰一郎松嶋智子職能開発大IT2020-105 SIP2020-83 RCS2020-196
本研究では,拡散符号として一般化拡張プライム系列符号(Generalized modified prime sequen... [more] IT2020-105 SIP2020-83 RCS2020-196
pp.235-240
 111件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会