お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 74件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2022-09-30
10:30
宮城 東北大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ガウス過程回帰に基づく統合情報量の近似計算の検討
保坂忠明東京理科大NC2022-40
意識を数理的に扱うことを目指す統合情報理論(Integrated Information Theory)の計算枠組はシス... [more] NC2022-40
pp.32-37
IT 2022-07-21
15:40
岡山 岡山理科大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]情報理論に関する未解決問題
村松 純NTTIT2022-20
情報理論に関する未解決問題を紹介する. [more] IT2022-20
pp.24-29
AP 2022-06-16
13:00
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
D層の誕生 ~ 誤り訂正の必要性 ~
得丸久文研究者AP2022-29
中波ラジオ放送が,夜間だけ遠方にスキップする現象は, 「D電離層が日中だけ存在し,夜間は電離状態を維持できなくなるからで... [more] AP2022-29
pp.1-6
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
16:50
ONLINE オンライン開催 [特別招待講演]情報理論研究の広がりと面白さ
山本博資東大IT2021-103 ISEC2021-68 WBS2021-71 RCC2021-78
47年に渡る情報理論研究において取り扱った研究テーマを振り返り, 情報理論研究分野の広がりと面白さについて考える.具体的... [more] IT2021-103 ISEC2021-68 WBS2021-71 RCC2021-78
pp.117-121
QIT
(第二種研究会)
2021-11-30
09:30
ONLINE オンライン開催 グラフ状態の生成に必要なCZ演算の最小回数の解析
吉村友成森 立平東工大
本研究では局所クリフォード演算と CZ 演算を用いてグラフ状態を生成する際に必要な CZ 演算の最小回数について解析した... [more]
CAS, NLP
(共催)
2021-10-15
11:15
ONLINE オンライン開催 進化と信号雑音比 ~ ヒト知能進化は生命進化の一部をなす ~
得丸久文著述業CAS2021-33 NLP2021-31
言語的人類の知能進化は,トバ火山灰の冬の寒冷期をきっかけとして始まり,喉頭降下が起きて,音節・文字・bit という物理信... [more] CAS2021-33 NLP2021-31
pp.90-94
QIT
(第二種研究会)
2021-05-24
12:10
ONLINE オンライン開催 Tighter lower bounds of the error probability of multiple quantum channel discrimination
Ryo ItoRyuhei MoriTokyo Tech
本研究では与えられたクエリ回数に対して, 一般の量子通信路識別問題の誤り確率の下界を導出した. この下界の証明は Zal... [more]
EMM, IT
(共催)
2021-05-20
13:25
ONLINE オンライン開催 混合情報源におけるWyner-Ahlswede-Körner符号化の達成可能領域
竹内大輔渡辺 峻東京農工大IT2021-2 EMM2021-2
混合情報源に対して,Wyner-Ahlswede-Körner 符号化システムの達成可能領域を導出する.Wyner-Ah... [more] IT2021-2 EMM2021-2
pp.7-12
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
09:25
ONLINE オンライン開催 グラフ理論に基づく頑健性符号の構成
佐竹翔平熊本大)・顧 玉杰櫻井幸一九大IT2020-144 ISEC2020-74 WBS2020-63
頑健性符号 (non-malleable code)は情報通信において攻撃者によるデータ改ざんを防ぐために提案された. ... [more] IT2020-144 ISEC2020-74 WBS2020-63
pp.195-200
IT 2020-12-02
16:30
ONLINE オンライン開催 確率的減衰通信路モデルのクラウス表現
中川綾太王 天澄臼田 毅愛知県立大IT2020-43
ビームワンダリングは,無線量子通信におけるフェージングの一種と捉えられ,減衰通信路におけるエネルギー透過率を確率的とした... [more] IT2020-43
pp.106-110
IT 2020-12-03
16:40
ONLINE オンライン開催 ノイズを含む盗聴通信路符号化の実装と安全性評価
髙﨑幸太郎小川朋宏電通大IT2020-62
Wynerの盗聴通信路符号化においては,正規受信者と盗聴者が用いる通信路のノイズ差を利用することで,盗聴者には一切の情報... [more] IT2020-62
pp.206-211
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-29
17:10
ONLINE オンライン開催 二つの小ループからなるネットワークにおける意識の統合情報量
保坂忠明東京理科大NC2020-16
二つの小ループを持つノード数が6 から8 の小規模ネットワークに対して,統合情報量を評価する.数値計算では,意識の統合情... [more] NC2020-16
pp.38-43
IT 2020-09-04
11:10
ONLINE オンライン開催 情報活性度と情報エントロピーを用いたソーシャルネットワークにおける情報拡散モデルの一考察
宮下正明笠松大佑篠宮紀彦創価大IT2020-22
情報通信技術の進化とソーシャルネットワーキング・サービスの普及により,ソーシャルネットワークの社会全体への影響力が強まり... [more] IT2020-22
pp.25-30
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2020-06-18
10:00
ONLINE オンライン開催 デジタル言語第三進化(電子情報)論理層の構築 ~ ホモ・サピエンスになるために ~
得丸久文著述業CAS2020-1 VLD2020-1 SIP2020-17 MSS2020-1
ヒトは,自らを知恵ある人(ホモ・サピエンス)と呼ぶが,その知恵は,遺伝・生得なものではなく, 学習して獲得するものだった... [more] CAS2020-1 VLD2020-1 SIP2020-17 MSS2020-1
pp.1-6
RECONF 2020-05-29
10:00
ONLINE オンライン開催 知能の情報理論 ~ 言語情報の前方誤り訂正 ~
得丸久文著述業RECONF2020-11
ヒトの知能はどのように形成されるか,その生物学的基礎は何かについてはまだ学説も仮説も存在しない.デジタル言語学は知能の情... [more] RECONF2020-11
pp.59-64
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
15:50
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
チューリングマシン、情報理論及び心を読む機械を巡る温故知新 ~ 対人レーダーを応用したブレイン・マシン・インタフェース ~
小池 誠小池誠マイクロ波研RCS2019-372
人間の脳をチューリングマシンとして考えると,その万能チューリングマシンが心を読む機械になる.クロード・シャノンの「通信の... [more] RCS2019-372
pp.269-274
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-23
15:20
広島 広島市青少年センター [招待講演]情報理論的アプローチによる制御システムの性能限界解析
石井秀明東工大IT2019-57 SIP2019-70 RCS2019-287
ネットワーク化された制御システムは,制御理論と通信理論の境界領域にあたる興味深い研究対象である.本講演では,まず通信路の... [more] IT2019-57 SIP2019-70 RCS2019-287
p.129
IT 2019-11-26
15:10
鹿児島 霧島国際ホテル [招待講演]簡潔データ構造と情報理論
定兼邦彦東大IT2019-33
簡潔データ構造とは,データをそのエントロピー近くまで圧縮しつつ様々な処理を高速に行えるデータ構造である.本稿では簡潔デー... [more] IT2019-33
pp.7-14
RCC, ITS, WBS
(共催)
2019-11-06
14:55
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 [招待講演]脳における情報伝達について:情報理論によるアプローチ
小林亮太NIIWBS2019-35 ITS2019-26 RCC2019-66
私たちが不自由なく日常生活を送れるのも,脳が外界の情報を処理し,行動・判断などの機能を担う神経細胞へ情報を伝達するからで... [more] WBS2019-35 ITS2019-26 RCC2019-66
p.63
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
10:00
大阪 大阪大学 吹田キャンパス Evolving Secret Sharing: Hierarchical Access Structure with Polynomial Share Size
Sabyasachi DuttaUniv. of Calgary)・Partha Sarathi RoyKazuhide FukushimaShinsaku KiyomotoKDDI Research)・○Kouichi SakuraiKyushu Univ.ISEC2019-76 SITE2019-70 LOIS2019-35
Secret sharing allows storing secret information in a distri... [more] ISEC2019-76 SITE2019-70 LOIS2019-35
pp.93-98
 74件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会