お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS 2022-11-07
14:20
北海道 北海道自治労会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数ファイルを経由して発生するDOM Based XSSを防ぐためのリアルタイム検出手法の提案
日浦秀侑金岡 晃東邦大ICSS2022-40
DOM Based XSSはインジェクション攻撃に関する脆弱性の中でもJavaScriptのソースコードの不備によって発... [more] ICSS2022-40
pp.13-18
ET, IPSJ-CLE
(連催)
2022-06-11
14:40
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Google ColaboratoryのPythonプログラムの自動採点について
小酒井亮太小林敏樹張 文軒楊 群渡邊裕司名古屋市大ET2022-6
本研究では,Google Colaboratoryで入力されたPythonプログラムコードに対して,自動採点のプログラム... [more] ET2022-6
pp.20-25
SS 2022-03-07
10:55
ONLINE オンライン開催 ソースコードの文構造に着目したコードレビュー自動化モデルの提案
井原輝人平尾俊貴奈良先端大)・藤原賢二東京都市大)・飯田 元奈良先端大SS2021-43
コードレビューは開発者がソースコードを精査して,不具合や改良部分を発見できるメリットがある.一方で,人手で精査する作業に... [more] SS2021-43
pp.7-12
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
10:40
ONLINE オンライン開催 抽象構文木による開発者向けDOM-Based XSS対策支援システムの提案
中原 崇井手脩太前田達哉波多悠輔小林孝史関西大ICSS2021-72
XSS脆弱性は,Webアプリケーションの実装を経由して攻撃者が任意のJavaScriptを実行できる脆弱性であり,開発者... [more] ICSS2021-72
pp.78-86
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2021-07-08
10:10
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 抽象構文木を用いた差分検出手法の活用によるGitのファイル追跡機能改善の試み
藤本章良肥後芳樹楠本真二阪大SS2021-1 KBSE2021-13
ソフトウェア開発においては,バージョン管理システムが頻繁に利用されている.バージョン管理システムの一つであるGitは,変... [more] SS2021-1 KBSE2021-13
pp.1-6
LOIS 2020-03-12
11:30
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
構文上の特徴の組合せによるソースコード部分の特徴付け
中山 健津田塾大LOIS2019-74
内容を把握していないソースコードから作業目的に関連する部分を探し,それを必要な範囲で理解する事は,ソフトウェア技術者の主... [more] LOIS2019-74
pp.103-108
SS 2020-03-05
10:20
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
マイクロベンチマークサービスにおけるソフトウェアパフォーマンス改善方法の分析
才木一也安東亮汰伊原彰紀和歌山大SS2019-52
マイクロベンチマークサービスは,プログラムの実装方法の違いによる実行時間,メモリ消費量,CPU使用率などのパフォーマンス... [more] SS2019-52
pp.67-72
SS, MSS
(共催)
2020-01-14
13:50
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス 抽象構文木を利用したファイル間のコード移動検出
藤本章良肥後芳樹松本淳之介楠本真二阪大MSS2019-43 SS2019-27
ソフトウェア開発において,開発者がソースコードの差分を理解することは重要である.ソースコードの差分を検出するツールとして... [more] MSS2019-43 SS2019-27
pp.13-18
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
17:50
北海道 函館コミュニティプラザ ソースコード部分の特徴への対話的アノテーション付与の枠組み
中山 健津田塾大)・田野俊一橋山智訓電通大SS2017-15 KBSE2017-15
ソースコード内の意味的なまとまりや関係が適切に示されれば,技術者がソースコードを理解するうえで有用である.これをシステム... [more] SS2017-15 KBSE2017-15
pp.85-90
SS 2017-03-09
13:45
沖縄 てんぶす那覇 コード内コンテキストを用いた履歴情報取得のためのGitクライアントの拡張
佐々木美和小倉直徒柗本真佑楠本真二阪大SS2016-66
一般的な版管理システムでは,ソースコードはただのテキスト情報として扱われており,ソースコードの構文情報に基づいた情報の取... [more] SS2016-66
pp.37-42
SS 2015-05-11
15:40
熊本 熊本大学 Hardware Description Languageにおけるコードクローンのパターン分類
上村恭平藤原賢二飯田 元奈良先端大SS2015-5
近年,回路規模の増大と複雑化に伴い,回路の開発にHardware Description Language (HDL) ... [more] SS2015-5
pp.23-28
LOIS 2014-03-07
11:40
沖縄 石垣市健康福祉センター コードパターンを用いたソースコードナビゲーション
中山 健津田塾大)・○酒井恵光大谷大LOIS2013-58
ソースコード内には様々な粒度でプログラマが把握する意味的なまとまりや関係が存在し,コードを理解するうえで有効である.これ... [more] LOIS2013-58
pp.23-28
LOIS 2012-03-09
16:40
沖縄 名桜大学 ソースコード差分とWebブックマークの関連付けによるプログラミング支援
田中千香子・○中山 健新田善久津田塾大)・酒井恵光大谷大LOIS2011-111
コーディングはWeb ページ等を検索・参照しながら行うのが一般的である.しかし,見付けた有用なペー
ジを後から有効に利... [more]
LOIS2011-111
pp.231-235
SS 2008-08-01
09:30
北海道 公立はこだて未来大学 AST変換を用いた他言語へのツール適用
長谷川 勇野村総研SS2008-22
近年のツールの需要増加に対して,開発現場へのツールの供給は十分ではない.本論文では,ツールの供給不足の問題を解決するため... [more] SS2008-22
pp.55-60
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会