お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DC 2022-12-16
13:10
山口 旧大阪商船「海峡ロマンホール」
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LSI微小遅延故障診断の高精度化について
藤田慎ノ介ステファン ホルスト温 暁青九工大DC2022-72
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] DC2022-72
pp.1-6
RISING
(第三種研究会)
2022-10-31
13:00
京都 京都テルサ(1日目),オンライン開催(2,3日目) [ポスター講演]故障対応自動化に向けたネットワーク装置コマンドログからの特徴量抽出法
甲斐田慶太郎木村達明阪大)・山内啓嗣ソフトバンク)・滝根哲哉阪大
近年の通信サービスの多様化や急速な普及により,通信事業者の運用するネットワークは大規模・複雑化し,故障対応を含むネットワ... [more]
NS 2022-10-05
10:45
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワーク装置コマンドログからの特徴量抽出法
甲斐田慶太郎木村達明阪大)・山内啓嗣ソフトバンク)・滝根哲哉阪大NS2022-76
近年,通信サービスの多様化と拡大に伴うネットワークの大規模化により,その監視・管理業務は複雑化している.ネットワーク装置... [more] NS2022-76
p.1
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-10
10:50
ONLINE オンライン開催 故障活性化率に基づく診断分解能向上指向テスト生成法
千田祐弥細川利典日大)・山崎浩二明大CPSY2021-57 DC2021-91
高い欠陥検出率を達成するテスト生成法の1つとして,n回検出テスト生成法が提案されている.さらに,テスト品質尺度として故障... [more] CPSY2021-57 DC2021-91
pp.73-78
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-16
14:55
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]通信サービス故障診断における機械学習を用いた装置コマンド自動制御化の検討
山内啓嗣ソフトバンク)・木村達明阪大RCC2021-40 NS2021-56 RCS2021-98 SR2021-40 SeMI2021-29
近年,通信サービスの急速な普及と多様化により,ネットワークの装置構成は大規模・複雑化し,その運用は非常に困難になっている... [more] RCC2021-40 NS2021-56 RCS2021-98 SR2021-40 SeMI2021-29
pp.83-87(RCC), pp.124-128(NS), pp.104-108(RCS), pp.106-110(SR), pp.82-86(SeMI)
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-26
11:00
ONLINE オンライン開催 ニューラルネットワークを用いた被疑論理故障信号線の欠陥種類推定法
太田菜月細川利典日大)・山崎浩二明大)・山内ゆかり新井雅之日大CPSY2020-61 DC2020-91
特定の故障モデルの故障診断は誤診断や解なしという診断を起こす可能性があるため,スキャン設計回路を対象としたマルチサイクル... [more] CPSY2020-61 DC2020-91
pp.67-72
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-26
11:20
ONLINE オンライン開催 レジスタ転送レベル回路における故障診断容易化のためのコントローラの制御信号のドントケア割当て法
土渕航平細川利典日大)・山崎浩二明大CPSY2020-62 DC2020-92
近年の半導体微細化技術の進歩に伴い,超大規模集積回路において,故障解析は歩留まりの向上のために重要である.被疑故障を事前... [more] CPSY2020-62 DC2020-92
pp.73-78
SS, MSS
(共催)
2020-01-14
15:50
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス 条件付き判断を用いた離散事象システムにおけるリライアブル共可診断性の検証
濱田 匠高井重昌阪大MSS2019-47 SS2019-31
本稿では,条件付き判断を用いた離散事象システムの分散型リライアブル故障診断法を提案する.まず,条件付き論理和($n$,$... [more] MSS2019-47 SS2019-31
pp.37-42
RCC, MICT
(共催)
2019-05-29
15:30
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]パーシステントホモロジーを用いた振動時系列データ解析
寺内恒輝阪市大)・林 和則阪市大/理研)・狄 靖岡田洋侍住友電工RCC2019-10 MICT2019-10
本研究では,加速度センサを通して得られる回転機械の振動時系列データを用いて消耗部品の故障診断を行うために,位相的データ解... [more] RCC2019-10 MICT2019-10
pp.47-52
DC 2017-02-21
10:55
東京 機械振興会館 電源ネットワークに対するIR-Dropの影響範囲特定に関する研究
宮瀬紘平濱崎機一九工大)・ザウアー マティアスフライブルク大)・ポリアン イリアパッサウ大)・ベッカー ベルンドフライブルク大)・温 暁青梶原誠司九工大DC2016-75
LSIの微細化や低消費電力化はLSIテストを非常に困難にしている.今後のさらなる微細化は配線幅の縮小を可能にし,低消費電... [more] DC2016-75
pp.7-10
DC 2017-02-21
11:35
東京 機械振興会館 論理回路の組込み自己診断に関する提案
香川敬祐矢野郁也王 森レイ樋上喜信高橋 寛愛媛大)・大竹哲史大分大DC2016-76
近年,自動車の機能安全を実現するために車載集積回路が果たす役割が増加している.自動車の機能安全を保証するためには,フィー... [more] DC2016-76
pp.11-16
DC 2015-02-13
16:00
東京 機械振興会館 マルチサイクルキャプチャテスト集合を用いた単一論理故障の故障診断法の評価
高野秀之山崎紘史細川利典日大)・山崎浩二明大DC2014-86
スキャンテストのテスト品質を向上させる手法としてマルチサイクルキャプチャテストが提案されている.しかしながら,マルチサイ... [more] DC2014-86
pp.49-54
R 2013-06-14
13:55
東京 機械振興会館 ネットワーク機器のTDR法によるケーブル故障診断方式の検討
桑原 崇明星慶洋三菱電機)・斉藤成一サレジオ高専R2013-17
多数の通信端末をケーブル接続しているネットワークでは,配線構成が複雑なために,ケーブル劣化や接続不十分などによる伝送路の... [more] R2013-17
pp.7-12
EMCJ 2013-01-11
13:55
長崎 長崎大学 マルチモードTDR法を用いた多重故障診断方式の検討
桑原 崇小林 剛上馬弘敬明星慶洋三菱電機)・斉藤成一サレジオ高専EMCJ2012-117
多数の通信端末をケーブル接続しているネットワークでは,配線構成が複雑なために,ケーブル劣化や接続不十分などによる伝送路の... [more] EMCJ2012-117
pp.87-92
MSS, CAS
(共催)
2012-11-01
15:00
岩手 岩手大学 ANDルールを用いた離散事象システムの分散型オンライン診断
山本 聖高井重昌阪大CAS2012-53 MSS2012-33
本稿では,複数のローカル診断器の判断をANDルールにより統合する,離散事象システムの分散型故障診断について考察する.AN... [more] CAS2012-53 MSS2012-33
pp.17-21
MSS, CAS
(共催)
2012-11-01
15:50
岩手 岩手大学 ワイルドカード文字を含むNグラムモデルを用いた確率離散事象システムの故障診断
平石邦彦吉本美和小林孝一北陸先端大CAS2012-55 MSS2012-35
著者らの以前の論文において,確率離散事象システムに対する新しい故障診断方式を提案している。提案法では,まずシステムで発生... [more] CAS2012-55 MSS2012-35
pp.29-34
MSS 2012-03-08
14:20
東京 JAIST東京サテライト ANDルールを用いた離散事象システムの分散型診断における共可診断性の検証
山本 聖高井重昌阪大MSS2011-74
本稿では,複数の診断器の判断をANDルールにより統合する,離散事象システムの分散型故障診断について考察する.
ANDル... [more]
MSS2011-74
pp.11-16
EMCJ 2012-01-27
14:05
福岡 九州大学 マルチモードTDR法によるケーブル故障診断方式の検討
桑原 崇小林 剛上馬弘敬大橋英征三菱電機)・斉藤成一サレジオ高専EMCJ2011-123
多数の通信端末をケーブル接続しているネットワークでは,配線構成が複雑なために,ケーブル劣化や接続不十分などによる伝送路の... [more] EMCJ2011-123
pp.71-76
SS, MSS
(共催)
2012-01-27
11:45
高知 高知市文化プラザかるぽーと 離散事象システムの分散型故障診断における冗長性解析
中田修平高井重昌阪大MSS2011-71 SS2011-56
本研究では,複数のローカル診断器を用いた離散事象システムの分散型故障診断において,何らかの原因によりいくつかの診断器の診... [more] MSS2011-71 SS2011-56
pp.95-100
RCS, AN, SR, USN
(併催)
2011-10-26
17:05
東京 上智大 [招待講演]医療ICT・高信頼制御通信のためのソフトウェア無線・コグニティブ無線
河野隆二横浜国大SR2011-59
本稿では、無線情報通信分野の今後において、学術、産業のいずれにおいても最大の発展が期待される「制御のための通信:高信頼制... [more] SR2011-59
pp.103-109
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会