お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
10:50
東京 玉川大学 後方散乱光時間分解計測による吸収係数分布の高精度推定の試み
大場一寛横山直弥北大)・浪田 健京大)・加藤祐次清水孝一北大MBE2013-135
これまで,後方散乱光を用いた生体断層イメージングの実現をめざし,再構成方法の簡便な吸収係数分布推定法を考案し,シミュレー... [more] MBE2013-135
pp.109-114
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
11:30
東京 玉川大学 後方散乱光の時間分解計測による組織酸素飽和度断層イメージングの基礎的検討
森本拓朗浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2012-115
後方散乱光時間分解計測による組織酸素飽和度の体内分布イメージングをめざし,まずヘモグロビン波長の吸収スペクトルから,用い... [more] MBE2012-115
pp.139-144
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
09:50
東京 玉川大学 散乱特性実測による後方散乱型吸収分布推定法の開発
大谷真史浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2011-109
後方散乱光を用いた生体断層イメージングの実現をめざし,これまで再構成方法の簡便な吸収係数分布推定法を考案し,シミュレーシ... [more] MBE2011-109
pp.1-6
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
11:30
東京 玉川大学 後方散乱光時間分解計測による高確度吸光度分布推定法の開発
杉山慶多浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2011-113
我々はこれまで,近赤外領域の後方散乱光から対象物の深さ方向吸収係数分布を推定する方法を提案し,シミュレーションおよび実験... [more] MBE2011-113
pp.25-30
ED 2011-12-15
13:40
宮城 東北大学 電気通信研究所 片平キャンパス内 ナノ・スピン総合研究棟 光学励起グラフェンのテラヘルツ誘導増幅放出
渡辺隆之ステファン ボウバンガ トムベット福嶋哲也佐藤 昭尾辻泰一東北大)・ヴィクトール リズィー会津大ED2011-114
我々は時間分解計測により、グラフェンシートが入射テラヘルツ電磁波を増幅することを確認した。グラフェンからの放射スペクトル... [more] ED2011-114
pp.79-83
MI 2011-09-06
11:10
茨城 産業技術総合研究所 拡散光トモグラフィーの画像再構成における画質均一化
齋藤直哉工藤博幸筑波大)・上田之雄佳元健治山下 豊浜松ホトニクスMI2011-52
本論文では時間分解計測法を用いた拡散光トモグラフィーの画像再構成について述べる.拡散光トモグラフィーには,共役勾配法など... [more] MI2011-52
pp.27-31
NC, MBE
(併催)
2010-03-10
14:35
東京 玉川大学 多波長を用いた後方散乱光の時間分解計測による組織酸素飽和度分布推定法の開発
吉村仁志浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2009-117
後方散乱光時間分解計測による生体機能イメージングの実現をめざし,組織酸素飽和度の空間分布推定法を新たに開発した.まず,提... [more] MBE2009-117
pp.91-96
NC, MBE
(併催)
2010-03-11
11:30
東京 玉川大学 近赤外光時間分解計測による後方散乱強調現象の特性解析
近久智哉浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2009-124
反射型の干渉現象である後方散乱強調現象に対し,時間分解計測を行うことで,新たな生体計測法の可能性を調べた.シミュレーショ... [more] MBE2009-124
pp.127-132
MBE 2010-01-29
13:50
熊本 熊本大学 後方散乱光時間分解計測による散乱係数推定法の実験的検証
川島雅之浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2009-95
後方散乱光を用いた生体断層イメージングの高精度化をめざし,これまで1入射2出射系での波形演算による散乱係数推定法を考案し... [more] MBE2009-95
pp.97-102
NC, MBE
(併催)
2008-03-13
15:20
東京 玉川大学 光の後方散乱強調現象の時間分解解析
久保善弘浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2007-118
連続光による解析がほとんどであった後方散乱強調現象に対し,時間分解解析を試みた.拡散性散乱媒質に対する後方散乱光時間分解... [more] MBE2007-118
pp.53-56
MBE 2008-01-25
13:20
福岡 九州大学 後方散乱光時間分解計測による散乱係数推定法の開発
金澤瑠維浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2007-86
生体のような拡散性散乱体に対し,後方散乱光の時間分解計測により散乱係数を推定する方法を考案した.モンテカルロシミュレーシ... [more] MBE2007-86
pp.29-32
MBE 2007-06-29
14:00
北海道 北海道大学 後方散乱光時間分解計測による生体断層イメージングの試み
浪田 健金澤瑠維加藤祐次清水孝一北大MBE2007-17
我々はこれまで,有用性の高い後方散乱光計測により深さ方向の吸収係数分布を推定する手法を提案してきた.この方法は,対象を少... [more] MBE2007-17
pp.9-12
MBE 2005-03-30
09:50
東京 玉川大学 後方散乱光の時間分解計測による散乱体断層イメージング ~ 実用化へ向けての基礎的検討 ~
浪田 健加藤祐次清水孝一北大
これまで開発してきた後方散乱光の時間分解計測による散乱体断層イメージング手法の実用化に向け,基礎的検討を行った.提案手法... [more] MBE2004-125
pp.9-12
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会