お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, NS
(併催)
2021-12-16
09:55
奈良 奈良県文化会館+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
DTNにおけるモデレーテッドデータ属性別送信制御方式伝送特性評価
鈴木洋勇水野 修工学院大NS2021-97
大規模災害の通信方式としてDTNが注目されている.また,災害時に作成されるデータには重要度があり,重要度の高いデータを優... [more] NS2021-97
pp.7-12
MVE 2021-09-18
13:30
ONLINE オンライン開催(国士舘大学でのハイブリッド開催から変更) 減災対策の実践的な知識や体験が日常生活の中で得られる 情報提示システムの検討
飯田千香子宇於崎月香鈴木陽登美谷 菜々子辻田喜琉江崎航矢武川直樹東京電機大)・青木良輔NTTMVE2021-23
近年,未曾有の災害が頻発している中で,防災対策が十分に機能せず,減災対策についても十分に習得している人が少なく,大きな災... [more] MVE2021-23
pp.66-71
KBSE 2021-03-06
13:00
ONLINE オンライン開催 UAVを用いた山間部における効率的な災害避難支援の研究
多胡 樹神林 靖日本工大KBSE2020-43
われわれは各地で様々な自然災害を目の当たりにしてきた.津波に注目が集まっているが,山間部での地すべりも深刻な問題である.... [more] KBSE2020-43
pp.54-59
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-28
11:10
ONLINE オンライン開催 小型自立移動式災害対策支援ユニットへの災害情報共有方式の実装
田島氷河水野 修工学院大CAS2020-42 ICTSSL2020-27
大規模な都市災害時に被災者を支援するため,我々は自立移動式災害対策支援ユニット(D-ZEV: Disaster-robu... [more] CAS2020-42 ICTSSL2020-27
pp.19-24
NS, RCS
(併催)
2020-12-17
11:00
ONLINE オンライン開催 データの重要度に着目したDTNにおけるキューイング方式
鈴木洋勇田島氷河水野 修工学院大NS2020-87
大規模災害時の通信方法として,既存の通信インフラを使用せずに,スマートフォン同士で直接通信するDTNが注目されている.災... [more] NS2020-87
pp.1-6
EA, ASJ-H, EMM
(共催)
2020-11-20
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]インタラクションの表現に着目した防災・減災学習向けVRシステムの開発
野元颯馬河野和宏関西大EA2020-31 EMM2020-46
日本は災害大国であり,防災・減災教育は重要である.しかし従来の座学や避難訓練では十分な実感を抱かせることが難しい.そこで... [more] EA2020-31 EMM2020-46
pp.54-57
ICTSSL, IN
(連催) ※学会内は併催
2019-10-17
11:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 小型自立移動式災害対策支援ユニットにおける災害情報共有方式
田島氷河井上勇気水野 修工学院大ICTSSL2019-19 IN2019-33
大規模な都市災害時には,災害対策本部から被災者に対して様々な支援が必要である.そこで,我々は自立移動式災害対策支援ユニッ... [more] ICTSSL2019-19 IN2019-33
pp.17-22
AI 2019-09-13
15:25
鹿児島 霧島自然ふれあいセンター LSTMを用いた降水予測の検討
金子 凌仲吉信人東京理科大AI2019-23
近年,毎年のように発生する豪雨災害は,人々の人命や財産に多大なる被害をもたらす.しかし,それを予測するのは難しく,土木,... [more] AI2019-23
pp.25-29
ICTSSL 2019-05-31
10:50
北海道 北海道中小企業会館 小型自立移動式災害対策支援ユニットの移動モデルの検討
田島氷河井上勇気水野 修工学院大ICTSSL2019-7
大規模な都市災害時において,災害対策本部から一般のユーザや防災に従事するユーザに対して災害関連情報の収集・配信が必要であ... [more] ICTSSL2019-7
pp.33-38
LOIS 2019-03-07
13:10
沖縄 宮古島市中央公民館 視聴覚室 札幌市南区における市民参加型まち歩きワークショップの報告
宇津圭祐植田 俊田島 祥梶田佳孝村上祐治内田 理東海大LOIS2018-61
災害時の情報共有手段としてソーシャルメディアの活用が注目されている.一方,まち歩きにより防災・減災の観点でまちを見直すワ... [more] LOIS2018-61
pp.35-40
CAS, ICTSSL
(共催)
2019-01-24
13:50
東京 機械振興会館 ユーザに適した情報を提供する複合災害対策システムの評価実験
内山翔太稲葉弘祐水野 修工学院大CAS2018-121 ICTSSL2018-40
大規模な都市災害時において,一般のユーザや防災に従事するユーザに対して災害関連情報の配信が必要である.特に,大規模ターミ... [more] CAS2018-121 ICTSSL2018-40
pp.27-32
IN, ICTSSL
(共催)
NWS
(併催) [詳細]
2018-10-19
09:45
香川 高松商工会議所会館 複合災害対策システムの情報提示の汎用化
内山翔太稲葉弘祐水野 修工学院大ICTSSL2018-27 IN2018-44
大規模な都市災害時において,一般のユーザや防災に従事するユーザに対して災害関連情報の配信が必要である.特に,大規模ターミ... [more] ICTSSL2018-27 IN2018-44
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2016-03-04
11:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) コンテキストに合わせた災害情報を提供する複合災害対策システムのユーザ評価実験
飯塚 航荒谷勇人水野 修工学院大NS2015-229
地震等の都市災害発生時に減災のための情報提供手段の確保が求められている.そのために,災害時に被災者の状況であるコンテキス... [more] NS2015-229
pp.353-356
CQ 2016-01-21
11:05
茨城 筑波大学 減災への貢献度に基づく通信網の要求信頼性決定方法に関する一考察
渡邉 均黄 平国東京理科大CQ2015-96
制御網と伝達網あるいは,経済等人間活動のネットワークと通信網など,2つのネットワークが連携して機能することは多い.そこで... [more] CQ2015-96
pp.19-24
NS, RCS
(併催)
2015-12-17
09:40
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 複合災害対策システムのためのユーザコンテキスト推定方式の実験的評価
飯塚 航水野 修工学院大NS2015-128
地震等の都市災害発生時に減災のための情報提供手段の確保が求められている.大規模ターミナル駅周辺地域において,被災者の状況... [more] NS2015-128
pp.7-12
IN, IA
(併催)
2015-12-17
17:35
広島 広島市立大学 減災情報ネットワークにおけるOpenFlowコントローラ冗長化方式
芳根 歩大割健史水野 修工学院大IN2015-82
震災時に円滑な通信を行うことを目的とし,減災情報ネットワークを構築している.しかし,防災訓練での運用結果より,既存の減災... [more] IN2015-82
pp.65-70
RCC, ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2015-07-30
09:00
長野 JA長野県ビル ユーザコンテキスト推定方式を用いた複合災害対策システム
飯塚 航水野 修工学院大NS2015-37
地震等の都市災害発生時に減災のための情報提供手段の確保が求められている.そのために,災害時に被災者の状況であるコンテキス... [more] NS2015-37
pp.1-6
NS, IN
(併催)
2015-03-03
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンタ OpenFlowによる減災情報ネットワーク冗長化の評価実験
芳根 歩水野 修工学院大NS2014-223
震災時に円滑な通信を行うことを目的とし,減災情報ネットワークの構築を行っている.減災情報ネットワークを構成する要素の1つ... [more] NS2014-223
pp.269-273
IN 2013-01-24
15:45
鹿児島 鹿児島県産業会館 都市災害を想定した減災情報ネットワークの運用方法の検証
隆 晃人山本 翔水野 修工学院大IN2012-141
首都圏直下型地震が発生した際には,線路の破損や基地局の損傷等により公共交通機関が機能を失い,通信が困難になることが予想さ... [more] IN2012-141
pp.15-20
ICSS 2012-11-22
16:00
広島 国民宿舎みやじま杜の宿(広島県廿日市市宮島町) 帰宅困難者支援システムにプライバシー情報を登録する住民の安心感の要因に関する検討
奥村香保里白石善明名工大ICSS2012-54
近年,台風や集中豪雨により交通機関が運休することで,多くの帰宅困難者が発生しており,そのような人に正確な情報を与えるよう... [more] ICSS2012-54
pp.55-60
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会