お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SC 2023-03-17
11:05
東京 国立情報学研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
火災調査報告書のテキストマイニングによる出火原因の自動抽出
松場建都神戸大)・○佐伯幸郎高知工科大)・中村匡秀神戸大SC2022-41
全国の消防局において,消防常備化に伴い採用された職員の大量退職となる時期を迎えている.益々消防需要が増加するわが国におい... [more] SC2022-41
pp.16-21
KBSE 2022-03-09
14:35
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 火災状況の自動理解のためのオントロジー構築に向けた出火原因の自動検出
松場建都中村匡秀神戸大)・佐伯幸郎高知工科大KBSE2021-45
神戸市消防局の作成している火災調査報告書には,出火原因や,火災に至った問題点などの情報が含まれているが,これらの情報を集... [more] KBSE2021-45
pp.24-29
EMM 2022-03-08
09:00
ONLINE 長崎大学 文教スカイホール
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[ポスター講演]画像認識を用いた森林火災検知に関する研究
植田優貴姜 玄浩東京高専EMM2021-107
火災は生態系や人命など,様々なものに被害をもたらす.高精度な火災検知の方法として二酸化炭素などを検知するセンサを用いる方... [more] EMM2021-107
pp.82-85
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
10:40
ONLINE オンライン開催 ライブ映像配信技術を使ったドローンからの森林火災監視
二瓶浩一甲斐夏季丸山侑紀山下敏明金友 大NEC)・北原貴子丸山正晃大木 孝三菱総研)・Kitso KusinSegah Hendrikパランカラヤ大SeMI2020-13
森林火災は世界中で大きな社会問題となっており,インドネシアでは2019年に52億ドルの損失が発生した.延焼を防止するため... [more] SeMI2020-13
pp.57-62
CCS, NLP
(共催)
2020-06-05
15:50
ONLINE オンライン開催 高酸素濃度環境下における乱流火災の非線形ダイナミックス
宇津木克俊冨上拓光後藤田 浩東京理科大NLP2020-20 CCS2020-10
本研究では,記号力学に基づく時系列解析を用いて,高酸素濃度下の乱流火災の温度場の時空ダイナミックスを明らかにする.通常酸... [more] NLP2020-20 CCS2020-10
pp.45-48
CCS, NLP
(共催)
2019-06-09
11:35
新潟 まちな かキャンパス長岡 過重力場における乱流火災の時空構造の非線形相互作用
冨上拓光後藤田 浩東京理科大NLP2019-31 CCS2019-14
本研究グループでは,矩形火源上に形成される乱流火災を対象に,記号力学と統計力学的複雑さの視点から,乱流火災の速度場と温度... [more] NLP2019-31 CCS2019-14
pp.65-68
SSS 2019-04-23
15:50
東京 機械振興会館 ストレス環境を模したVR体験時の心理生理状態の計測
廣瀬文子野々瀨晃平武田大介電中研)・石川大樹小柳 誠理経)・黒田真吾白山工業SSS2019-5
VRによる災害疑似体験により,不安や脅威といったストレスが惹起されるかどうかについて客観的指標を用いて確認することを目的... [more] SSS2019-5
pp.17-20
NLP, NC
(併催)
2019-01-24
14:10
北海道 北海道大学 百年記念会館 乱流火災の非線形ダイナミックスに及ぼす重力の影響
窪田健太郎冨上拓光後藤田 浩東京理科大NLP2018-119
本研究では, 複雑ネットワークの一つである水平可視グラフを用いて乱流火災の速度場の時空構造と重力の関係を調べた. 通常重... [more] NLP2018-119
pp.121-123
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
13:55
東京 日立中央研究所 乱流火災の非線形ダイナミックス
高木一至後藤田 浩東京理科大)・徳田 功宮野尚哉立命館大CAS2016-45 NLP2016-71
本研究では,記号力学と複雑ネットワークの視点から大規模乱流火災の非線形ダイナミックスを数値解析的に調べた.温度変動の時間... [more] CAS2016-45 NLP2016-71
pp.39-42
SSS 2013-12-19
15:00
東京 明治大学 紫紺館3階 エネルギーの安全問題における火災と爆発 ~ システム安全の考え方 ~
門脇 敏長岡技科大SSS2013-31
我々が利用するエネルギーの約9割は,化石燃料の燃焼により賄われており,エネルギーと燃焼との関連性は非常に強いものである.... [more] SSS2013-31
pp.13-16
CS 2013-11-15
11:05
北海道 登別温泉 第一滝本館(北海道) 火災検知データの優先度を考慮した経路選択を用いた無線センサ森林火災監視システム
古閑卓磨原 進一郎豊田健太郎笹瀬 巌慶大CS2013-58
近年,無線センサネットワークを用いた森林火災の監視システムが注目されている.従来,通常観測される
データに対し,火災検... [more]
CS2013-58
pp.105-110
US 2011-12-22
15:25
神奈川 東京工業大学 すずかけ台キャンパス すずかけホール集会室1 強力空中超音波を用いたコンクリートの火害度推定の基礎検討
大隅 歩野嶋泰宏伊藤洋一日大US2011-82
火災現場には、火災の原因となった重要な情報が存在する。例えば、火災現場のコンクリート壁などは、多くの情報が存在し、その火... [more] US2011-82
pp.31-36
SANE 2011-10-19
09:00
海外 Udayana University, Bali, Indonesia Calibration Results of the Compact Infrared Camera (CIRC) Ground Test Model
Ryoko NakamuraHaruyoshi KatayamaMasataka NaitohMasatomo HaradaEri KatohMasahiro SuganumaRyota SatoJAXASANE2011-108
小型赤外カメラ(CIRC)は非冷却赤外検出器(マイクロボロメータ)を用いた技術実証センサである。非冷却式を採用することで... [more] SANE2011-108
pp.243-248
EA 2010-08-10
11:30
宮城 東北大学 複合カフェにおける火災警報音の聞こえについて
佐藤香織桐生昭吾東京都市大)・蘆原 郁産総研EA2010-53
音楽を聴取するためにヘッドホンを用いることで、周囲音が聞き取りづらくなる。また、それによって危険を回避することも難しくな... [more] EA2010-53
pp.59-64
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会