お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-28
16:15
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LiNGAMの関数データへの一般化
楊 天楽鈴木 譲阪大NC2022-22 IBISML2022-22
LiNGAM(Linear Non-Gaussian Model)という確率変数間の因果の方向(原因から結果)を決定する... [more] NC2022-22 IBISML2022-22
pp.156-163
R 2020-11-30
15:20
ONLINE オンライン開催 劣化進行の信頼性予測に関する確率モデリングとフィルタリング
貝瀬 徹兵庫県立大R2020-28
劣化データの信頼性解析において,確率過程モデルを想定した手法が数多く提案されている.例えば,ブラウン運動やガンマ過程とい... [more] R2020-28
pp.25-29
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
09:55
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
固視微動の間欠制御モデル
小澤 誠野村泰伸阪大MBE2019-93
固視微動は疑似連続的なDrift-Tremor(DRT)と離散的なMicrosaccade(MS)という二種類の運動から... [more] MBE2019-93
p.69
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
10:00
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
2種類の損傷を考慮したバックアップ手法の改良
蓮池大我満保雅浩金沢大ICSS2019-68
コンピューターを使用する上でデータの安全性,特に,可用性を確保するためにデータを定期的にバックアップすることが重要となる... [more] ICSS2019-68
pp.1-6
NLP, CAS
(共催)
2019-10-22
15:55
岐阜 岐阜大学 ナノカーボン電子の確率的古典粒子モデルに関する考察
早川翔太・○中村伊吹藤坂尚登広島市大CAS2019-35 NLP2019-75
グラフェン上の電子は質量ゼロのディラック方程式の解である擬似スピンを持つ電子波動として表現される.スピンを考慮した電子の... [more] CAS2019-35 NLP2019-75
pp.61-66
NLP 2019-05-11
10:50
大分 J:COM ホルトホール大分 敵対的生成ニューラルネットワークを用いた擬為替レートの生成について
中根滉稀高田宗樹平田隆幸福井大NLP2019-13
AIや自動売買アルゴリズムなどによる投資は身近なものになってきた。自動で投資を行えることで、専門的な知識を必要としないと... [more] NLP2019-13
pp.71-76
NLP 2018-08-09
10:45
香川 香川大学 幸町キャンパス 電子波伝搬路のモード保存と確率過程量子化の計算複雑性に関する考察
中村伊吹早川翔太平見信之藤坂尚登広島市大NLP2018-67
量子効果に基づく回路のシミュレーションを行う際,能動量子効果デバイスと受動的な電子波線路を混在する場合はデバイスに合わせ... [more] NLP2018-67
pp.75-79
NLP 2018-04-26
10:45
熊本 熊本大学 確率過程量子化による量子カオスの一考察
松浦圭太藤坂尚登福島 勝広島市大NLP2018-2
線形波動方程式により記述される量子系のカオスを波動関数の時間発展に見出すことはできない.また,量子論的不確定性あるいは量... [more] NLP2018-2
pp.5-8
NLP 2017-05-11
11:50
岡山 岡山理科大学 スタブ型電子波フィルタの反射透過特性の数値解析
早川翔大藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2017-6
スタブ型構造の量子ポテンシャル系はテラヘルツ波受信システムの周波数弁別器として利用できると考えられる.この量子系は電子波... [more] NLP2017-6
pp.29-33
R 2016-12-16
14:40
神奈川 マホロバマインズ三浦(神奈川県三浦市) IEC/TC56/2016年発行IEC TR 63039“確率論的リスク分析”について
佐藤吉信JACOR2016-55
IEC TR 63039は,確率論的なリスク分析に関する次のような指針を提供する:a) 基本的な概念及び用語の定義;b)... [more] R2016-55
pp.7-12
NLP 2016-05-27
10:55
高知 高知大学 学生会館 ネルソンの確率過程量子化の多粒子量子系への拡張
村上貴司・○藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2016-14
本稿は多粒子量子系から古典的多粒子確率系への変換,すなわち多粒子系の確率過程量子化について説明する.これはネルソンの確率... [more] NLP2016-14
pp.67-71
NLP 2015-04-24
13:05
香川 香川県社会福祉総合センター(高松市) 結合電子波線路の周波数弁別機能の解析
節家 淳藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2015-19
結合電子波線路はTHz帯FSK通信系の受信部において周波数弁別器として使用できる.
しかし,電子の量子力学的波動現象を... [more]
NLP2015-19
pp.87-92
HCS 2014-10-24
10:00
東京 東京農工大学(小金井) 二重振子の運動から知覚されるアニマシー
深井英和寺田和憲岐阜大)・竹内勇剛静岡大)・伊藤 昭岐阜大HCS2014-68
対象の運動から感じられるアニマシーの知覚要因については明らかになっていないことが多い.本研究では,運動方程式によって決定... [more] HCS2014-68
pp.49-53
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-24
10:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [招待講演]音メディア処理のための無限データ解析とノンパラメトリックベイズ
中野允裕NTTSP2014-3
無限のパラメータを持つ確率モデルを用いたデータ解析はこの15 年の間に大きな発展を遂げ, 現在ノンパラメトリックベイズ法... [more] SP2014-3
pp.13-18
OPE, OCS
(共催)
2014-05-16
09:30
東京 機械振興会館 確率過程論を用いた量子ドットレーザ特性解析について
小林慎治西宮信夫藤橋忠悟東京工芸大OCS2014-1 OPE2014-1
量子ドット半導体レーザは従来の半導体レーザに比べて、スペクトル線幅の急峻性、発振閾値電流の低減化、温度変化に対する発光特... [more] OCS2014-1 OPE2014-1
pp.1-6
NLP 2013-10-29
15:15
香川 サンポートホール高松 反射・透過・結合を伴う量子波伝搬の古典粒子によるモデル化の試み
平見信之藤坂尚登神尾武司広島市大NLP2013-105
反射・透過・結合を伴って周期トンネルポテンシャル・結合井戸型ポテンシャルを伝搬する
量子粒子系を,確率的なふるまいをす... [more]
NLP2013-105
pp.187-192
NLP 2013-05-28
12:15
福岡 福岡大学 中央図書館 多目的ホール 位相縮約法によるカオス振動子のノイズ同期現象の解析
紅林 亘東工大)・藤原寛太郎埼玉大)・中尾裕也東工大)・池口 徹埼玉大NLP2013-25
共通のノイズ外力によって複数の系が同期する現象をノイズ同期現象といい,
リミットサイクル振動子のノイズ同期現象について... [more]
NLP2013-25
pp.87-90
NLP, CAS
(共催)
2012-09-20
14:30
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス 量子波干渉系の古典粒子モデルに関する基礎的研究
永田啓介藤坂尚登神尾武司生岩量久広島市大CAS2012-34 NLP2012-60
異なった経路を伝搬する波の干渉や入射波・反射波間干渉が生じる量子粒子系を確率的に振るまう古典粒子系として集中定数モデル化... [more] CAS2012-34 NLP2012-60
pp.25-29
RCS, SIP
(共催)
2012-01-27
14:45
福岡 福岡大学 離散型信号のフラクタル的情報構造とその応用 ~ 局所的フラクタル次元を用いた信号処理の一方法 ~
松本教久・○上條賢一東洋大SIP2011-112 RCS2011-301
本論文では、3次元空間における離散力学系軌道をある種の離散型信号として見立て、軌道上に有限の短い処理ユニットをのせ、局所... [more] SIP2011-112 RCS2011-301
pp.193-198
R 2010-05-28
14:20
鳥取 放送大学鳥取学習センター(鳥取市) 2次元ソフトウェア信頼性モデルに基づく最適リリース問題に関する一考察
井上真二米田 潤山田 茂鳥取大R2010-11
2次元ソフトウェア信頼度成長モデル(SRGM)は,テスト工程において観測されるソフトウェア信頼度成長過程をテスト時間要因... [more] R2010-11
pp.25-30
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会