お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, SIP, VLD, MSS
(共催)
2022-06-16
10:00
青森 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
cLTL制約を満たすヘテロジニアスなマルチロボットシステムの経路計画
永江孝太郎潮 俊光阪大CAS2022-1 VLD2022-1 SIP2022-32 MSS2022-1
counting時相論理を用いて異なる性能を持つマルチロボットシステムの経路計画法を提案する.
cLTL+は記述能力が... [more]
CAS2022-1 VLD2022-1 SIP2022-32 MSS2022-1
pp.1-6
SIP, CAS, VLD, MSS
(共催)
2021-07-06
11:40
ONLINE オンライン開催 counting時相論理を用いたアミューズメントパークでの来場者経路計画
永江孝太郎潮 俊光阪大CAS2021-13 VLD2021-13 SIP2021-23 MSS2021-13
counting時相論理を用いてアミューズメントパーク内での混雑を避けた来場者の経路決定法を提案する.混雑は来場者の満足... [more] CAS2021-13 VLD2021-13 SIP2021-23 MSS2021-13
pp.64-69
SS 2021-03-03
10:25
ONLINE オンライン開催 レジスタオートマトンに変換可能な凍結演算子付き線形時相論理の部分クラス
大西 晃仙田涼摩名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大SS2020-29
有限オートマトンに,データ値を扱えるレジスタを追加して拡張したレジスタオートマトン (RA)は,所属問題や空問題が判定可... [more] SS2020-29
pp.7-12
CCS 2019-11-15
09:30
兵庫 神戸大学 An application of reinforcement learning in anti-jamming mechanism of mobile robot path planning with co-safe temporal logic specifications
Jian MiNaomi KuzeToshimitsu UshioOsaka Univ.CCS2019-29
本稿では、移動ロボットを対象とし、アプリケーションとの通信を保証するためにジャミング攻撃の回避を行う、強化学習に基づいた... [more] CCS2019-29
pp.23-28
MSS, SS
(共催)
2019-01-15
13:05
沖縄 沖縄県青年会館 スーパバイザ制御のためのLTL[F]を用いた制御仕様記述の検討
榊原愛海潮 俊光阪大MSS2018-58 SS2018-29
LTL[$ mathcal{F} $]は線形時相論理を定量的に拡張した論理体系であり,システムの振舞いがどの程度仕様を満... [more] MSS2018-58 SS2018-29
pp.25-28
MSS, SS
(共催)
2017-01-26
14:30
京都 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 温水供給システムの実測データに基づくモデリングと制御に関する検討
齋藤 司京大)・薄 良彦阪府大)・星野 光引原隆士京大MSS2016-63 SS2016-42
本報告では, 透析の医療機関で得られた実測データ用いた温水供給システムのモデリング, 及び形式手法を用いた制御器設計につ... [more] MSS2016-63 SS2016-42
pp.35-40
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2016-11-24
13:25
兵庫 神戸情報大学院大学 ペトリネット検証ツールHiPS向けon-the-flyモデル検査器の実現と評価
張江洋次朗和﨑克己信州大CAS2016-63 MSS2016-43
ペトリネットモデルより生成される状態空間のイベントに着目したon-the-flyモデル検査器の設計を行った.HiPSは筆... [more] CAS2016-63 MSS2016-43
pp.31-35
SS, MSS
(共催)
2016-01-25
15:45
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB 線形時相論理式からイベントベースオートマトンへの変換を利用したペトリネット検証ツールHiPS向けon-the-flyモデル検査器
張江洋次朗和崎克己信州大MSS2015-46 SS2015-55
本稿では,ペトリネットより生成される状態空間を対象に,線形時相論理式によるon-the-flyモデル検査器の設計について... [more] MSS2015-46 SS2015-55
pp.63-68
SS, MSS
(共催)
2016-01-26
09:40
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB 重み付きオートマトンに対する線形時相論理制約の下での最適制御
榊原愛海Sasinee Pruekprasert・○潮 俊光阪大MSS2015-54 SS2015-63
本報告では,遷移に重みが与えられた重み付きオートマトンを制御対象とする.
制御対象の事象には,可制御事象と不可制御事象... [more]
MSS2015-54 SS2015-63
pp.109-112
SS 2015-03-09
09:55
沖縄 沖縄県青年会館 環境許容性のあるリアクティブシステム合成法
上野篤史冨田 尭島川昌也萩原茂樹米崎直樹東工大SS2014-56
形式的に記述された仕様からリアクティブシステム(RS)を自動合成する手法では,仕様$varphi_{sys}$を満たす振... [more] SS2014-56
pp.7-12
KBSE 2013-05-31
14:45
神奈川 慶應義塾大学 ヒューマンエラーに対する手順書の耐性検査
永藤直行プレシステム)・渡部卓雄東工大KBSE2013-11
作業手順がヒューマンエラーに対して耐性があるかどうか検査するためにモデル検証の手法を利用する.作業手順には,ヒューマンエ... [more] KBSE2013-11
pp.61-66
IPSJ-SLDM, VLD
(連催)
2012-05-31
11:20
福岡 北九州国際会議場 誤差を有するシステムのシミュレーション結果に対する統計的解析とそのハードウェアによる高速化
大島浩資小野翔平松本剛史藤田昌宏東大VLD2012-10
変数値に誤差を有するシステムの解析手法として,統計的モデル検査を利用することができる.統計的モデル検査においてはシミュレ... [more] VLD2012-10
pp.55-60
SWIM 2011-11-18
10:30
東京 東海大学 高輪キャンパス 上流設計からモデル検査プロセスまでの一貫設計検証環境 ~ UML記述からSPINモデル検査器用プロセス定義及び線形時相論理式への自動変換手法 ~
宮本直樹和崎克己信州大SWIM2011-19
SPIN モデル検査器を実行するには,専用の仕様記述言語 PROMELA で対象モデルを記述する.また,検査対象の仕様の... [more] SWIM2011-19
pp.7-12
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会