お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU 2022-12-15
15:30
富山 富山国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
動画ベースの物体中心表現学習を用いた静止画ベースのインスタンスセグメンテーション学習手法
金子智一坂井亮介白石壮馬NECPRMU2022-40
混雑環境にある物体の個々の表現を学習, 推論する手法として物体中心表現学習が提案されている.
物体中心表現学習の手法... [more]
PRMU2022-40
pp.43-48
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-21
16:45
ONLINE オンライン開催 Variational Autoencoder に基づく深層生成モデルを用いた潜在表現の Disentanglement に関する検討 ~ Disentanglement 評価指標を含む正則化損失の導入 ~
中川 真藤後 廉小川貴弘長谷山美紀北大
本文では,Variational Autoencoder (VAE) に基づく深層生成モデルによる潜在表現のdisent... [more]
PRMU 2021-12-16
16:45
ONLINE オンライン開催 Object-aware表現学習におけるKLダイバージェンスの周期性アニーリングによる潜在表現の安定化手法の検証
小林篤史早大)・綱島秀樹早大/産総研)・大川武彦東大)・相澤宏旭広島大)・邱 玥片岡裕雄産総研)・森島繁生早大PRMU2021-39
Object-aware表現学習と呼ばれる,画像から物体や背景のパーツごとの画像を得る教師なし深層学習の研究が行われてい... [more] PRMU2021-39
pp.83-87
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2021-12-15
- 2021-12-17
ONLINE オンライン開催 マルチモーダル深層学習を用いた半超球面埋め込みと潜在表現単一化によるモダリティに依存しない感情認識
原田誠一佐久間拓人加藤昇平名工大
本研究では,人間が相手の音声や顔表情から共通の感情を認識することに着目し,モダリティに共通した感情の数理的表現(感情空間... [more]
PRMU 2020-12-18
11:15
ONLINE オンライン開催 教師あり学習による解きほぐされた特徴表現の学習 ~ 識別器を用いた特徴表現の解きほぐし ~
黒田修二郎和田俊和和歌山大PRMU2020-58
教師なし学習で表現学習を行うDNNモデルにVAEが存在する.VAEの学習では,入力データに関する特徴表現を潜在変数として... [more] PRMU2020-58
pp.116-121
IBISML 2020-10-21
09:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]確率的生成モデルによる記号創発システムの表現
谷口忠大立命館大IBISML2020-18
記号創発システムとは自らの感覚運動器に基づく環境との身体的相互作用に表現学習(内的表象の学習)が可能な自律エージェントの... [more] IBISML2020-18
pp.34-35
PRMU 2020-10-09
15:30
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]Deep Setsの挙動解析 ~ 文字画像を対象とした可視化 ~
神田敬佑内田誠一九大PRMU2020-30
Deep Setsとは深層学習で集合を扱うための構造である. 深層学習モデルの多くは入力が固定次元だが,Deep Set... [more] PRMU2020-30
pp.79-83
PRMU 2020-09-02
16:30
ONLINE オンライン開催 動画像予測と対比学習による表現学習
中田秀基麻生英樹産総研PRMU2020-17
近年ラベルを用いない教師なし学習手法が発展し、
わずかな量のラベルを用いた下流タスクへの転移学習によって、
... [more]
PRMU2020-17
pp.59-64
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-16
10:45
京都 京都大学
(開催中止,技報発行あり)
深層学習を用いた異種文字間のフォント同一性判定
原口大地原田翔太Brian Kenji Iwana内田誠一九大PRMU2019-65
本研究では,`A'と`B'のような異種文字のフォント同一性の判定を目的とする.英語アルファベットに限っても,数えられない... [more] PRMU2019-65
pp.5-10
IBISML 2020-03-11
09:20
京都 京都大学
(開催中止,技報発行あり)
部分空間を用いたグラフ構造の表現学習法の提案
石河純輝塩川浩昭福井和広筑波大IBISML2019-40
本稿では,部分空間表現を用いたグラフの表現学習手法を提案する.従来は,グラフ埋め込みを用いてグラ フを一つのベクトルとし... [more] IBISML2019-40
pp.51-57
AI 2020-02-14
16:50
島根 島根大学 出雲キャンパス 共通変数から推定が容易な潜在変数を融合対象とするデータフュージョン
西尾義英谷田泰郎シナジーマーケティングAI2019-52
消費者の価値観を媒介変数とすることで匿名性を保ちつつクロスドメインで消費行動の推定や解釈を可能とする分析手法を提案する.... [more] AI2019-52
pp.55-60
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-06
16:25
東京 NHK放送技術研究所 発話感情認識における音素事後確率を利用した表現学習とデータ拡張の評価
岡田慎太郎名大)・安藤厚志名大/NTT)・戸田智基名大SP2019-43
本稿では,発話感情認識の精度向上に向けて,表現学習およびデータ拡張に基づく感情認識特徴量抽出法を提案する.
表現学習に... [more]
SP2019-43
pp.91-96
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2019-09-27
17:25
東京 フューチャー株式会社 ECサイトのレビュー文を用いた商品ドメイン間のユーザの購買傾向の相関と背景因子の分析
鈴木凱亜大知正直坂田一郎東大NLC2019-15
消費者ニーズに応じた市場細分化は戦略的なマーケティングのために重要である.しかし,ニーズの分かれ方は商品ドメインによって... [more] NLC2019-15
pp.35-40
PRMU, MI
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2019-09-04
15:55
岡山 岡山大学 マルチタスク学習による大腸内視鏡画像の部位及び所見分類
安部健太郎早志英朗備瀬竜馬九大)・河村卓二碕山直邦田中聖人京都第二赤十字病院)・内田誠一九大PRMU2019-13 MI2019-32
本研究は,大腸内視鏡画像の部位及び所見を適切に表現する特徴の獲得を目的とする.具体的には,マルチタスク学習に基づき部位(... [more] PRMU2019-13 MI2019-32
pp.9-13
PRMU, MI
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2019-09-05
14:25
岡山 岡山大学 教師なし特徴表現学習に基づくアクティブラーニング
塚谷俊介村崎和彦安藤慎吾島村 潤NTTPRMU2019-28 MI2019-47
本稿ではアクティブラーニングにおいて教師なし特徴表現学習に基づいたクエリ集合の選択方法を提案する.従来のアクティブラーニ... [more] PRMU2019-28 MI2019-47
pp.115-119
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]Disentangledな特徴表現を用いた意図的クラスタリングによる未知ラベルの検出
福馬智生鳥海不二夫東大IBISML2018-85
クラスタリングは元来不良設定問題であり、同じデータセットに対しユーザーが何に着目するかにより妥当なクラスタリ... [more] IBISML2018-85
pp.307-312
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-09-20
09:50
福岡 福岡工業大学 ガウス分布を用いた埋め込みによる画像テキスト間検索
濱 健太松原 崇上原邦昭神戸大PRMU2018-38 IBISML2018-15
単語表現の獲得において, 単語を空間上の点へ埋め込むことは一般的である.
最近の研究では, 点ではなく確率分布へ埋め... [more]
PRMU2018-38 IBISML2018-15
pp.17-20
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2018-09-14
13:00
東京 東工大 大岡山キャンパス 日本語学習者会話データを用いた相互行為分析と対話破綻の傾向に関する一考察
太田博三放送大DE2018-9
最近,コールセンターなどへのチャットボットの導入が盛んになり,より正確で,破綻の少ない対話応答が求められている.一方,深... [more] DE2018-9
pp.1-6
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2018-09-06
13:10
東京 成蹊大学 日本語学習者会話データを用いた相互行為分析と対話破綻の分析に関する一考察 ~ 対話破綻検出や対話システムへの適用を目指して ~
太田博三放送大NLC2018-12
最近,人間に代わり企業へのチャットボットの導入が盛んである.しかしSeq2Seqの深層学習やword2vecなどの表現学... [more] NLC2018-12
pp.19-24
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2018-09-07
15:30
東京 成蹊大学 [依頼講演]ACL2018参加報告
清水 徹ヤフーNLC2018-24
本発表では、2018年7月15日〜20日にオーストラリア・メルボルンで開催された 56th Annual Meeting... [more] NLC2018-24
p.93
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会