お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, AP, UWT
(併催)
2022-11-15
09:30
福岡 九州大学 病院キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチユーザMECシステムにおける無線環境を考慮した移動ユーザの経路設計及び資源割当
棚木拓海安達宏一電通大RCS2022-155
インダストリー4.0では,人の代わりとして機能するロボットのような移動端末の活用が想定され,その適用先として災害現場やイ... [more] RCS2022-155
pp.1-6
CS 2022-10-28
10:55
広島 広島市立大学サテライトキャンパス 大手町平和ビル9階
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
品質と省電力の両立を目指すTWDM-PON資源割当方法の一提案
中平佳裕鹿嶋正幸更科昌弘OKICS2022-47
TWDM-PONではトラヒックに応じてONUの波長割当を最適化することで,OSUが収容するトラヒックの均一化が図れる.こ... [more] CS2022-47
pp.21-26
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-28
13:30
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無人航空機によるNR Sidelinkを用いた災害時の車車間通信における送信所要時間低減に関する一考察
山崎 凜川本雄一加藤 寧東北大AP2022-49 SANE2022-30 SAT2022-25
近年,無線通信を用いたサービス需要が急増し,無線通信技術の高度化が求められている.それは,変革期を迎えている自動車業界も... [more] AP2022-49 SANE2022-30 SAT2022-25
pp.86-90(AP), pp.44-48(SANE), pp.47-51(SAT)
CQ, CS
(併催)
2022-05-12
16:35
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ユーザからの資源要求量の変動に対して適切な資源割当を維持するための自律調整機構の検討
建部圭太作元雄輔関西学院大CQ2022-10
ネットワーク上の割当問題は,分散コンピューティングやデータ配送などの様々な応用に関連した基礎的な問題である. ... [more] CQ2022-10
pp.50-55
NS, IN
(併催)
2022-03-10
10:10
ONLINE オンライン開催 ネットワークスライシングにおける低コスト・低遅延なサービスパスの実現
田中誠也笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2021-125
5Gネットワークでは,ネットワークスライシング技術により,物理ネットワーク上に複数の仮想ネットワーク(スライス)を構築す... [more] NS2021-125
pp.19-24
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2021-11-19
10:30
ONLINE オンライン開催 時間カラーペトリネットに基づく複数資源利用生産システムスケジューリングのための整数計画問題の定式化
内原朝也名嘉村盛和琉球大CAS2021-47 MSS2021-27
本稿では最適資源割当問題に対する時間カラーペトリネットに基づく混合整数線形計画問題(MILP)の生成手法を提案する。
... [more]
CAS2021-47 MSS2021-27
pp.58-63
OCS, OPE, LQE
(共催)
2021-11-12
13:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ECOC2021報告 ~ 光ネットワーク関連 ~
徐 蘇鋼古川英昭廣田悠介後藤優太NICTOCS2021-21 OPE2021-41 LQE2021-20
本稿では,ECOC2021における光ネットワークに関する技術動向を報告する.COVID-19の影響によりフランスBord... [more] OCS2021-21 OPE2021-41 LQE2021-20
pp.5-8
NS 2021-10-08
11:30
ONLINE オンライン開催 ネットワークスライスに対する機械学習による接続予測と待ち行列理論による性能解析を用いた動的資源割当
亀山裕司川合佑樹橘 拓至福井大NS2021-81
第5世代移動通信システム(5G)では,サービス要件である高速大容量(eMBB),多数同時接続(mMTC),高信頼・低遅延... [more] NS2021-81
pp.70-75
PN 2021-08-31
13:25
ONLINE オンライン開催 空間分割多重型エラスティック光網におけるコア間クロストークの低減と周波数資源の利用効率の向上を両立させるコア選択手法
関 勇弥谷川陽祐阪府大)・廣田悠介NICT)・戸出英樹阪府大PN2021-21
空間分割多重型エラスティック光網において新規設定要求のあった光パスに対して周波数スロットを割り当てる場合,特にマルチコア... [more] PN2021-21
pp.51-55
ICM 2021-03-19
16:45
ONLINE オンライン開催 人員資源割当時におけるヒトの意図反映手法の確立に向けた数理モデルの再検証と評価
高津 諭吉田 寛坂本昌史柴田朋子NTTICM2020-80
業務上のタスクに対して人を割り当てる人員資源割当においては,機械学習や組み合わせ最適化を利用した半自動割当による,効率化... [more] ICM2020-80
pp.116-119
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
11:40
ONLINE オンライン開催 5Gへの適用を目指した光アクセス装置の高速波長切替による追加資源要求への応答に関する一検討
中平佳裕更科昌弘斉藤洋之山田将蔵古沢 聡鹿嶋正幸佐々木浩紀OKINS2020-45
TWDM-PONで波長切替による資源の再配置を行う際に,通信が途切れるのを防ぐため切替中のトラヒックをキューで待たせると... [more] NS2020-45
pp.21-26
CQ 2020-09-03
11:20
大阪 大阪大学中之島センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワークのスケールフリー構造が自律分散型のコンテンツレプリカ配置制御に与える影響
樫本紀尚作元雄輔関西学院大CQ2020-36
情報指向ネットワーク (ICN) ではネットワーク内キャッシングを用いることで,効率的なコンテンツ配送を実現しようとして... [more] CQ2020-36
pp.9-14
ICM 2019-07-11
15:05
北海道 旭川市国際会議場 [招待講演]エッジコンピューティングにおけるデータ配置と計算資源割り当ての同時最適化手法の検討
ショウ シュン北見工大ICM2019-10
本研究では、分散されたエッジコンピューティング拠点において、特定のデータを特定の場所にキャッシュする戦略と、それを処理す... [more] ICM2019-10
pp.25-30
RCS 2019-04-18
16:20
北海道 登別グランドホテル [依頼講演]無人航空機システムにおける周波数利用効率向上のための資源割当制御技術に関する研究動向
川本雄一東北大RCS2019-12
無人航空機の利用普及に伴い,インフラ点検や宅配サービス,農業への利用など多様な分野での活用が期待されている.同分野には多... [more] RCS2019-12
p.53
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
09:30
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 [ポスター講演]耐障害性を考慮しネットワークリソースを最小化するService Function Chain構成問題
山田大樹篠宮紀彦創価大CAS2018-88 ICD2018-72 CPSY2018-54
仮想化技術の発展に伴い,各拠点に配置された複数のネットワーク機能を適切な順序で処理するService Function ... [more] CAS2018-88 ICD2018-72 CPSY2018-54
pp.51-54
PN 2018-03-05
09:15
鹿児島 南種子町商工会館 サービスチェイニングにおけるトラヒックの複数分岐を考慮したVNF配置アルゴリズムの提案
多保田耕平橘 拓至福井大PN2017-91
サービスチェイニングでは,ネットワーク上のノード資源が不足しているときにトラヒックを複数のノードに分岐させることでノード... [more] PN2017-91
pp.1-6
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 人の脳情報処理プロセスに着想を得た動的な予測形トラヒックエンジニアリング手法
佐竹幸大大下裕一村田正幸阪大IN2017-93
インターネットを流れるトラヒックは、量・時間変動ともに増大しており、時間変動の大きなトラヒックを効率的に収容する技術が求... [more] IN2017-93
pp.21-26
NS, IN
(併催)
2018-03-02
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート Resource Poolingの観点におけるCCNマルチパス輻輳制御の性能評価
大塚一輝速水祐作関西大)・萬代雅希上智大)・山本 幹関西大NS2017-203
ユーザ間で共有されるネットワーク資源に対し,これを公平に分配する際の礎となる概念としてResource Poolingが... [more] NS2017-203
pp.203-208
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
(連催) [詳細]
2018-01-19
14:50
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 FPGAによるデータフロー計算機におけるハードウェア資源割当て最適化
長洲航平佐野健太郎東北大VLD2017-85 CPSY2017-129 RECONF2017-73
FPGA (Field Programmable Gate Array) 向けのデータフローに基づくストリーム計算ハード... [more] VLD2017-85 CPSY2017-129 RECONF2017-73
pp.145-150
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2017-11-17
16:05
東京 日立中央研究所 カラーペトリネットに基づく最適資源割当て数理計画の自動生成
牛島涼介琉球大)・天願 健名桜大)・アンドレア ヴェロニカ ポルコ名嘉村盛和琉球大CAS2017-61 MSS2017-45
本稿では, カラー時間ペトリネットに基づく資源割当てを最適化する混合整数線形計画問題の自動生成の ための手法を提案... [more] CAS2017-61 MSS2017-45
pp.141-145
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会