お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, RCS, NV
(併催)
2022-05-27
10:30
神奈川 慶應大学 日吉キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]V2Xアプリケーションの高度化に向けた期待と課題 ~ 運転支援/自動走行における通信遅延の考え方を中心に ~
牧戸知史豊田中研IN2022-7 RCS2022-20
V2Xのアプリケーションというと1ms以下の超低遅延が必要とされ、パケット到達率も99.999%以上が必要であるなど厳し... [more] IN2022-7 RCS2022-20
pp.32-37(IN), pp.34-39(RCS)
CQ, CS
(併催)
2022-05-12
12:05
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
車載ネットワークを対象とした Network Calculus に基づく遅延性能評価手法
松田脩佑廣森聡仁山口弘純阪大)・陶山洋次郎泉 達也住友電工)・浦山博史オートネットワーク技術研究所)・小林史歩梅原茂樹谷 英哲住友電工システムソリューションCS2022-3
提案手法では,数学的理論を用いて最悪通信遅延を導出する Network Calculus により導出される通信遅延 に基... [more] CS2022-3
pp.12-17
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-09
15:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 通信遅延下における力覚通信の安定性及び操作性向上の検討 ~ 予測反力フィードバックの効果 ~
渡邉 均井上大暉東京理科大)・黄 平国岐阜聖徳学園大)・石橋 豊名工大CQ2021-105
力覚通信は,ネットワークを介して力を伝えることで,視覚情報を補うことによる操作の確実化,物体表面の感触取得などの意義があ... [more] CQ2021-105
pp.25-30
PN, NS, OCS
(併催)
2021-06-25
10:20
ONLINE オンライン開催 無線通信システムにおけるロボット制御用ミドルウェアの通信性能計測
大石 巧日立NS2021-28
近年IoTシステムの導入が製造業から物流倉庫等様々な業種へ、また,IoTシステムの機能も現場装置の作業状況の収集と可視化... [more] NS2021-28
pp.15-20
CQ
(第二種研究会)
2021-01-21
14:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]ネットワークロボットシステムに向けた通信遅延時間予測
安田真也熊谷太一吉田裕志NEC
IP ネットワークを通して制御するロボットシステムにおける技術課題のひとつに通信遅延がある. とくに可動ロボットにおける... [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
11:10
東京 構造計画研究所(本所新館東京) ステレオカメラを用いたロボット測位の射影変換による高精度化
安田真也熊谷太一吉田裕志NECCNR2019-22
ロボット外部 (天井) に設置したステレオカメラを用いて高精度にロボットの測位を行う方法について述べる.高い天井にステレ... [more] CNR2019-22
pp.33-38
IA 2019-09-05
14:05
北海道 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 1階 W102 グラフ畳み込みネットワークの半教師付き学習による通信遅延推定
鈴木泰誠安田裕一中村 遼大崎博之関西学院大IA2019-10
多数のエンドホストおよびルータから構成される大規模な通信ネットワークにおいて、ノード間の通信遅延を正確に取得・計測・推定... [more] IA2019-10
pp.1-6
CQ 2019-05-31
14:50
広島 広島市立大学 通信遅延に適応した搬送ロボットの遠隔協調制御
吉田裕志熊谷太一安田真也NECCQ2019-31
クラウドネットワークを介して様々な外部センサやコンピュータを活用してロボットを遠隔制御することで,ロボットの機能や性能を... [more] CQ2019-31
pp.101-106
CQ 2019-05-31
15:15
広島 広島市立大学 省電力機能を有するネットワーク化制御における通信外乱オブザーバを用いた遅延およびデータ損失補償
山中貴陽山田健太堀地亮佑久保亮吾慶大CQ2019-32
近年さまざまなものがインターネットに繋がることで,遠隔制御を行うIoT(Internet of Things)が広がりを... [more] CQ2019-32
pp.107-112
CS, CQ
(併催)
2019-04-19
14:50
大阪 大阪大学理工学 図書館 遅延保証サービスを実現する遅延制御シェーピングの提案
福井達也坂上裕希南 勝也古川裕透NTTCQ2019-7
近年、リアルタイムな送受信処理を行う双方向アプリケーションの需要の高まりから、双方向アプリケーション固有の遅延要件を満足... [more] CQ2019-7
pp.35-40
IN, NS
(併催)
2019-03-04
10:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター IoTネットワーク環境下におけるIoT向け通信プロトコルの遅延特性評価
関根 響金井謙治甲藤二郎早大NS2018-213
近年,様々なモノがインターネットへつながるInternet of Things (IoT)時代が到来し,世界中においてI... [more] NS2018-213
pp.117-122
PRMU, CNR
(共催)
2019-02-28
16:20
徳島 徳島大学 複数ロボットの無線遠隔制御による協調搬送実現のためのロボット測位手法
安田真也熊谷太一吉田裕志NECPRMU2018-120 CNR2018-43
2台のロボットが協調して荷物を運搬する協調搬送ロボットシステムのプロトタイプを開発した.本システムでは,通常行われるよう... [more] PRMU2018-120 CNR2018-43
pp.31-36
IN, CCS
(併催)
2018-08-01
16:25
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ 環境センサーを用いたロボットの無線遠隔制御の実機実験
安田真也NEC)・大下裕一阪大)・熊谷太一吉田裕志里田浩三NEC)・村田正幸阪大IN2018-15
本稿では,環境センサーを用いたロボットの無線遠隔制御を実際の移動ロボットを用いて実験を行った結果を報告する.環境センサー... [more] IN2018-15
pp.15-20
NS, IN
(併催)
2018-03-01
10:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 遠隔制御の応答性を改善するための制御周期の動的調整手法
安田真也吉田裕志NECIN2017-105
近年,IoT (Internet of Things) に代表されるように,あらゆる機器やロボットがインターネットに接続... [more] IN2017-105
pp.93-98
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-27
14:35
東京 機械振興会館 極限環境を想定したジェスチャー駆動ロボットハンドの遠隔操作
知念顕仁星野 聖筑波大CAS2016-109 ICTSSL2016-63
本研究では,比較的長い通信遅延がある環境下でも,疲労や違和感なく,ジェスチャー駆動の遠隔操作ロボットハンドを把持対象物ま... [more] CAS2016-109 ICTSSL2016-63
pp.157-160
CQ 2016-01-22
11:35
茨城 筑波大学 ネットワーク化制御システムにおけるモデルベース情報損失補償
今井隆輔久保亮吾慶大CQ2015-102
インターネットの発達により,ネットワーク化制御システム(NCS:Networked Control System)による... [more] CQ2015-102
pp.55-60
NS 2015-05-21
10:55
東京 東京大学 石橋信夫記念ホール 分散環境におけるソフトウェアコンポーネントの配置最適化
小林弘明藤岡 幸北野雄大近藤 悟NTTNS2015-17
インフラストラクチャ(物理リソースや仮想リソース,OS,パッケージ等)の構築及び保守運用を自動化し,アプリケーションを柔... [more] NS2015-17
pp.15-20
MoNA, IN
(併催)
2013-11-22
11:00
熊本 熊本大学 サーバプッシュにおけるメッセージ配信処理スケジューリングのためのRRC状態推定方式
大西健夫城島貴弘NECMoNA2013-47
スマートフォンの利用拡大に伴い,端末上のアプリケーションに対してメッセージをクラウド上のサービスから任意のタイミングで配... [more] MoNA2013-47
pp.35-40
IN, RCS
(併催)
2012-05-18
15:40
東京 東京工業大学 蔵前会館 端末密度の高い無線LAN環境における通信品質低下の改善に向けた検討
石川圭也妙中雄三中山雅哉東大IN2012-21
IEEE802.11gを用いた無線LANが普及している。無線LAN環境では、1台のアクセスポイントに接続する端末数が増加... [more] IN2012-21
pp.55-60
WBS, SAT
(併催)
2011-05-10
14:15
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター (旧名称:沖縄亜熱帯計測技術センター) 階層型衛星ネットワークの構成と通信遅延の関係に関する一考察
川本雄一西山大樹東北大)・吉村直子NICT)・加藤 寧東北大SAT2011-7
近年,ユビキタスな無線通信環境を実現するネットワークとして,広域性,対災害性,省電力性といった利点を持つ非静止衛星ネット... [more] SAT2011-7
pp.33-38
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会