お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1396件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2024-06-13
13:30
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
上空の基地局と路上の移動局間との遅延プロファイルと角度プロファイル推定の検討
市坪信一
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SRW, MWPTHz
(共催)
2024-06-07
13:30
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]無線伝搬路の変化に対応できるSC-FDE MIMOを対象とした送信電力制御に関する一検討
鈴木理沙齋藤周平前原文明早大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SANE 2024-06-05
14:20
神奈川 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
QZSS災危信号の欠損の原因調査 ~ baud rate による律速と欠損の関係 ~
嶋津恵子事業創造)・濱下宙千芝田朋世都立大)・須藤ゆうの横国大)・正木青空東工大)・今村咲菜藤澤海大都立大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SR 2024-05-20
12:30
鹿児島 勤労者交流センター(鹿児島)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
5G無線通信高速移動時におけるMIMO空間分割多重方式の性能向上に関する検討
林 彦男琉球大)・国吉 卓早乙女理恵マグナ)・大城史帆和田知久琉球大SR2024-2
近年,第5世代移動通信システム(5G NR)の普及が進みつつあり,モバイル機器やIoT機器からの需要の増加に対応しようと... [more] SR2024-2
pp.8-14
SAT, MICT
(共催)
WBS, RCC
(共催)
(併催) [詳細]
2024-05-17
09:15
宮崎 KITENコンベンションホール(宮崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
連接変形擬直交M系列対を用いる可視光符号シフトキーイングのためのDLLのジッタ性能
馬場徳斗小澤佑介羽渕裕真茨城大WBS2024-8 RCC2024-8
可視光通信では,非負信号から構成される疑似雑音(PN)符号を用いるコードシフトキーイング(CodeSK)が検討されており... [more] WBS2024-8 RCC2024-8
pp.36-41
SAT, MICT
(共催)
WBS, RCC
(共催)
(併催) [詳細]
2024-05-17
11:15
宮崎 KITENコンベンションホール(宮崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]SparkLink技術の概要および実現可能なスマートシティの世界観
王 俊義楊 偉佳上竜ケン近藤康弘アザパWBS2024-12 RCC2024-12
近距離無線通信Bluetooth(ブルートゥース)とWi-Fiは、現在消費者が最も一般的に使用している近距離無線技術だ。... [more] WBS2024-12 RCC2024-12
pp.56-59
OFT 2024-05-09
13:05
長崎 長崎県美術館 2F 講座室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]空孔コアファイバの研究開発及び実用化動向
高木武史武笠和則古河電工OFT2024-1
近年,従来の光ファイバの伝送容量の限界を打ち破る可能性を秘めたファイバとして空孔コアファイバ(HCF)が注目されている.... [more] OFT2024-1
pp.1-4
RCS 2024-04-25
15:25
広島 天然温泉尾道ふれあいの里
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]C-V2Xサイドリンク通信における伝送遅延およびジッタ特性の数理モデルに基づく解析
眞田耕輔羽多野裕之森 香津夫三重大RCS2024-4
高度道路交通システムにおける主要技術の1つであるC-V2X (Cellular-Vehicle to Everythin... [more] RCS2024-4
pp.14-19
RCS 2024-04-25
16:10
広島 天然温泉尾道ふれあいの里
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]自動運転時代に向けたモバイルネットワーク高度化技術の取り組み ~ SRv6 Mobile User Planeを用いる低遅延車両通信 ~
三上 学堀場勝広吉野 仁ソフトバンクRCS2024-5
持続可能な物流・地域交通サービスの実現には,自動運転技術が不可欠であり,それを支えるモバイルネットワークの更なる低遅延化... [more] RCS2024-5
pp.20-25
CCS 2024-03-27
14:50
北海道 北海道 ルスツリゾートホテル&コンベンション 電気光遅延システムを用いた深層学習における拡張DFA法のための非線形関数の複雑性への依存性
永塚悠翔野上 倫埼玉大)・新山友暁砂田 哲金沢大)・内田淳史菅野円隆埼玉大CCS2023-46
深層学習におけるエネルギーコストの増加に伴い,高速かつ高効率な光深層学習ハードウェアの提案がなされている.この手法の課題... [more] CCS2023-46
pp.42-47
ICM 2024-03-21
11:10
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]次世代DXアプリケーションに向けたIPパケットレベルの通信遅延制御技術
沢辺亜南篠原悠介高橋英士岩井孝法NECICM2023-50
建築現場の自動化施工や自動運転車をはじめとする次世代の産業DXアプリケーションはリアルタイム性を有するため,通信遅延に対... [more] ICM2023-50
pp.29-34
CAS, CS
(共催)
2024-03-14
10:50
沖縄 大濱信泉記念館 広間隔マイクロホン対による音源定位の群遅延リプル低減法
阿瀬駿佑堀 智也陶山健仁東京電機大CAS2023-114 CS2023-107
高空間解像度音源定位手法としてGRODMICが提案されている.本手法の本質的な課題はマイクロホン間の伝搬遅延特性に対応す... [more] CAS2023-114 CS2023-107
pp.17-22
PN 2024-03-14
15:25
鹿児島 奄美市社会福祉センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別招待講演]光ネットワークの未来を目指して ~ PNと歩んだ20年と慶應未来光ネットワークオープン研究センター ~
山中直明慶大PN2023-75
 [more] PN2023-75
pp.32-36
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-13
13:50
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
差動OFDMの浅海水中音響通信実験における性能改善に関する検討
藤田太一下村崇碩橋本宏一吉村拓真久保博嗣立命館大RCS2023-261
筆者らは,水中音響通信用差動orthogonal frequency division multiplexing (OF... [more] RCS2023-261
pp.42-47
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
09:00
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
非対称遅延環境におけるQUIC通信用輻輳制御技術の基礎性能評価
川崎 耀伊深和雄村上 誉松村 武NICTRCS2023-269
QUICはトランスポート層の効率化を狙ってUDP (user datagram protocol)を改良した方式であり,... [more] RCS2023-269
pp.89-94
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
105 GHz帯における個人デスクトップ環境下での遅延プロファイル特性評価
前田将希香田優介大見則親原田博司京大SRW2023-60
本研究では,次世代移動通信システムのサブテラヘルツ波通信の実用化に向け,個人デスクトップ環境下での105 GHz帯通信の... [more] SRW2023-60
pp.72-77
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
10:55
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
105 GHz室内近接高速通信に向けた会議室デスクトップ環境における遅延プロファイル特性評価
橋本深広香田優介大見則親原田博司京大SRW2023-61
本稿では,会議室デスクトップ環境における105 GHz帯域での電波伝搬チャネル測定を実施した結果について報告し,同環境で... [more] SRW2023-61
pp.78-83
RCS, SR, SRW
(併催)
2024-03-14
11:20
東京 東京大学本郷キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
テラヘルツ帯におけるアンテナ回転によって測定された電力遅延プロファイル時刻補正手法
遠藤浩明・○香田優介大見則親原田博司京大SRW2023-62
近年,広い帯域を利用することができるサブテラヘルツ波無線通信が注目されている.サブテラヘル ツ波無線通信では指向性アンテ... [more] SRW2023-62
pp.84-89
SIP, SP, EA
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2024-03-01
15:25
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マイクロホン数を削減したビームフォーミングが音空間合成に与える要因
大屋敷凌佑渡邉貫治西口正之安倍幸治秋田県立大EA2023-122 SIP2023-169 SP2023-104
ある音空間を別の空間に再現するシステムの実現を目指し,研究を行っている.これまで,ビームフォーミング(BF)を用いたシス... [more] EA2023-122 SIP2023-169 SP2023-104
pp.352-359
SIP, SP, EA
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2024-03-01
15:25
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
動的な音源の方位及び帯域が再生音の遅延の検知限に与える影響
齋藤優季西口正之渡邉貫治安倍幸治秋田県立大EA2023-123 SIP2023-170 SP2023-105
近年,VRやARの普及に伴い,臨場感の高い3D音響空間を再現する技術が求められている.高い臨場 感を得るために,必要かつ... [more] EA2023-123 SIP2023-170 SP2023-105
pp.360-367
 1396件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会