お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 196件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, CCS
(併催)
2022-08-04
16:50
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]エッジ向け深層ニューラルネットワークプロセッサ:量子化・通信・メモリ
安藤洸太北大CCS2022-34
2012年に深層畳込みニューラルネットワークの先駆けとして登場したAlexNet以来,AI技術の急速な発展と社会応用の拡... [more] CCS2022-34
p.41
IE 2022-01-24
10:25
東京 国立情報学研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
深層学習超解像モデルのINT8実装における精度改善に有効な手法の調査
廣瀬翔太和田直己孫 鶴鳴甲藤二郎早大IE2021-29
固定小数点は,深層学習において,重みや中間層の数値を整数として扱う技術である.一般に深層学習のモデルでは,それぞれの重み... [more] IE2021-29
pp.9-14
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-25
11:05
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]高品質化を実現するグラフ信号処理を用いた無線点群伝送における通信オーバーヘッド削減手法
上野創史藤橋卓也阪大)・秋濃(小池) 俊昭MERL)・渡辺 尚阪大NS2021-85
点群は3次元空間上の点を多数用いて3次元情報を表現する.点群を無線路を介して伝送する場合,限られた帯域の中で3次元情報を... [more] NS2021-85
pp.7-12
CAS, NLP
(共催)
2021-10-14
10:25
ONLINE オンライン開催 全域通過特性に基づく非整数遅延ディジタルフィルタの係数量子化に対する性能評価
越田俊介八戸工大CAS2021-18 NLP2021-16
本稿では,全域通過特性の伝達関数によって設計されるIIR形の非整数遅延ディジタルフィルタの性能について,フィルタ係数の量... [more] CAS2021-18 NLP2021-16
pp.7-11
EMM, IE, LOIS
(共催)
ITE-ME, IEE-CMN, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-08-25
14:00
ONLINE オンライン開催(FIT2021と併催) 条件付きオートエンコーダを用いた潜在変数の適応的量子化による可変レート画像符号化手法
工藤 忍坂東幸浩日和崎祐介NTTLOIS2021-18 IE2021-13 EMM2021-48
近年,学習ベースのオートエンコーダを用いた画像符号化方式が提案されており,JPEG やBPGなどのハンドクラフトな方式と... [more] LOIS2021-18 IE2021-13 EMM2021-48
pp.13-17
PN, NS, OCS
(併催)
2021-06-25
10:45
ONLINE オンライン開催 グラフ信号処理を用いた無線点群伝送における通信オーバヘッド削減手法について
上野創史藤橋卓也阪大)・秋濃 (小池) 俊昭MERL)・渡辺 尚阪大NS2021-29
点群は3次元空間上の点を多数用いて3次元情報を表現する.点群を無線路を介して伝送する場合,限られた帯域の中で3次元情報を... [more] NS2021-29
pp.21-26
RCS 2021-06-25
10:20
ONLINE オンライン開催 量子化AMPによる多次元信号検出のための深層展開を用いた量子化しきい値の学習最適化に関する一検討
島村篤典高橋拓海阪大)・衣斐信介同志社大)・三瓶政一阪大RCS2021-68
近似メッセージ伝搬法 (AMP: Approximate Message Passing) はテンソル積のみで構成された... [more] RCS2021-68
pp.226-231
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
11:50
ONLINE オンライン開催 シグマデルタセルラーニューラルネットワークによる減色に基づく画像圧縮手法の一検討
中嶋文俊伊藤有香水野愛唯中京大)・水谷涼平ヤマザキマザック)・藤田実沙中京大)・大竹 敢玉川大)・○青森 久中京大NLP2021-5 CCS2021-5
近年,Webサービスが広範に普及し,その利用が拡大している.Webサービスでは,PNG画像が基盤的に利用されているが,従... [more] NLP2021-5 CCS2021-5
pp.20-23
RECONF 2021-06-08
16:35
ONLINE オンライン開催 対称的二進表現に基づくビットスケーラブルCNN推論手法
鈴木淳之介安藤洸太廣瀬一俊川村一志Thiem Van Chu本村真人劉 載勲東工大RECONF2021-7
組み込みシステム向けのニューラルネットワークは,学習段階で消費電力や計算資源の制約を考慮すること で設計要求を満たすこと... [more] RECONF2021-7
pp.32-37
QIT
(第二種研究会)
2021-05-25
09:30
ONLINE オンライン開催 量子特異値分解の脱量子化によるエクストリーム機械学習の高速化
武田伊織髙比良宗一御手洗光祐藤井啓祐阪大
2016年にKerenidisとPrakashによって量子推薦システムが提唱され、量子計算機上でO(poly(log... [more]
EMM, IT
(共催)
2021-05-21
13:35
ONLINE オンライン開催 DCT係数の統計的な偏り観測における二重JPEG圧縮履歴解析に適した特徴成分選出に関する考察
竹下大地栗林 稔舩曵信生岡山大IT2021-12 EMM2021-12
スマートフォンやカメラなどで写真を撮影すると,撮影された画像は保存時にJPEG圧縮される.そして,その画像を加工する際は... [more] IT2021-12 EMM2021-12
pp.66-71
NLP, MSS
(併催)
2021-03-16
10:45
ONLINE オンライン開催 黄金比変換器の平均2乗量子化誤差の近似式
柏原芳克實松 豊九大NLP2020-63
黄金比変換器(Golden Ratio Encoder, GRE)はアナログ・ディジタル(A/D)変換方式の一種であり,... [more] NLP2020-63
pp.47-52
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-03
11:15
ONLINE オンライン開催 正確なハードウェアエミュレーションのための量子化DNNライブラリの開発
木山真人中原康宏尼崎太樹飯田全広熊本大VLD2020-70 HWS2020-45
エッジデバイスやAIチップでDNN(Deep Neural Network)を実行する際,実行の高速化や省電力化のために... [more] VLD2020-70 HWS2020-45
pp.18-23
NC, NLP
(併催)
2021-01-21
11:40
ONLINE オンライン開催 遺伝的アルゴリズムを用いたLQ-Nets量子化の最適化
冨永一輝東大/産総研)・池上 努産総研)・潘 虹芸産総研/東大)・工藤知宏東大/産総研NC2020-33
CNN モデルの計算コストを削減するアプローチのひとつ、LQ-Nets 量子化を対象として、量子化基底の最適化基準に推論... [more] NC2020-33
pp.7-12
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
11:45
ONLINE オンライン開催 有相関MIMO通信路行列のベクトル量子化に基づく秘密鍵共有方式に関する一検討
東出朋之衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大IT2020-69 SIP2020-47 RCS2020-160
無線通信において,盗聴対策の一つとして電波伝搬特性を用いた物理層での秘密鍵共有方式が注目されている.多くの秘密鍵共有方式... [more] IT2020-69 SIP2020-47 RCS2020-160
pp.34-39
EA, ASJ-H, EMM
(共催)
2020-11-20
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ブロックサイズの違いがDCT係数の頻度分布を利用したJPEG画像圧縮履歴解析に与える影響
中嶋直也栗林 稔舩曵信生岡山大EA2020-30 EMM2020-45
ディジタルカメラで撮影された画像は通常, 保存時にJPEG 圧縮が行われている. 一方, 改ざんされた画像は改ざん後に再... [more] EA2020-30 EMM2020-45
pp.48-53
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-29
16:10
ONLINE オンライン開催 誤差逆伝播法を用いたSNNにおける量子化の影響評価
渡辺裕美大久保 潤埼玉大NC2020-14
ニューラルネットワークのパラメータを量子化する研究は多く存在する.例えば学習時に量子化しておく手法もある一方で,学習済み... [more] NC2020-14
pp.29-33
EA, ASJ-H
(共催)
2020-08-07
14:55
ONLINE オンライン開催 量子化雑音の知覚に対する空間的マスキング効果の影響
山中佑馬西口正之渡邉貫治高根昭一安倍幸治秋田県立大EA2020-18
22.2マルチチャネル音響など,音響インテンシティの合成により方向定位を再現する3次元音響システムが近年開発されている.... [more] EA2020-18
pp.29-34
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
15:20
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
一様終局有界性に基づく事象駆動型量子化状態フィードバックの設計
吉川峻平・○小林孝一山下 裕北大MSS2019-66
一様終局有界性とは,状態が原点を含む凸集合に到達したのち,その凸集合から出ない性質である.漸近安定性より弱い条件であるこ... [more] MSS2019-66
pp.49-52
SIS 2020-03-05
13:30
埼玉 埼玉会館
(開催中止,技報発行あり)
彩度を用いた重み付き主成分分析による色量子化法の一提案
小島清一楠 智貴山口大)・植田祥明福岡大)・末竹規哲内野英治山口大SIS2019-40
画素ごとにRGB各成分を256階調で表現する24ビットフルカラー画像では,画像1枚あたり約1,677万色が表現可能である... [more] SIS2019-40
pp.19-22
 196件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会