お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 199件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 話者特徴量の操作によりシームレスに話者性を制御できるEnd-to-End音声合成方式の検討
青谷直樹原 直阿部匡伸岡山大SP2022-14
本報告では,話者固有の声質や平均的な声の高さなどの情報を表現した話者特徴量を補助情報として,シームレスに話者性を制御でき... [more] SP2022-14
pp.55-60
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
10:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Crazy vocoderは砕けない ~ でもちょっとくだけた未来の話を ~
森勢将雅明大SP2022-15
現在の音声合成研究者が論文にVocoderと記載するとき,その多くはDeep neural network (DNN)を... [more] SP2022-15
pp.61-66
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]状況に即して言語情報を変換する発話内容変換の提案とその初期試行
滝田巧平青柳西蔵平井辰典駒澤大SP2022-19
コミュニケーションを円滑に行う上で方言や敬語,平易性などを人や環境に合わせて話すことは重要だが,コミュニケーション技術の... [more] SP2022-19
pp.82-87
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
15:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]クラウドソーシングを用いた合成音声の音質主観評価のためのワーカ選抜基準
八重樫萌絵早大)・斎藤 奨中野鐵兵早大/ifLab.)・小川哲司早大SP2022-24
クラウドソーシングを用いた合成音声の主観評価において, クラウドワーカの選抜基準が評価結果に与える影響を調査した. 現在... [more] SP2022-24
pp.104-109
EA, SIP, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-03-01
12:20
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
多話者音声合成のためのAdversarial Regularizerを考慮した学習アルゴリズム
仲井佑友輔宇田川健太齋藤佑樹猿渡 洋東大EA2021-72 SIP2021-99 SP2021-57
本稿では,Adversarial Reguralizer を考慮した敵対学習による多話者音声合成モデルを提案する.従来法... [more] EA2021-72 SIP2021-99 SP2021-57
pp.50-55
EA, SIP, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-03-02
10:45
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アクセント潜在変数を用いた方言音声合成における文単位生成の評価
湯舟航耶郡山知樹高道慎之介猿渡 洋東大EA2021-79 SIP2021-106 SP2021-64
日本語方言音声合成は個人化された音声合成システムなどにとって有用であるが,アクセントラベルを用意できないことが合成音声の... [more] EA2021-79 SIP2021-106 SP2021-64
pp.96-101
EA, US
(併催)
2021-12-22
13:30
熊本 崇城大学 メインキャンパス SoLA2階 (熊本県熊本市西区池田4-22-1) [ポスター講演]WaveNetボコーダにおける複数話者学習時の音声品質の向上
吉田 悟上ノ原進吾古家賢一大分大EA2021-57
近年, ニューラルネットワークを用いた音声合成や声質変換技術が注目を集めており, 自然性の高い音声を合成することが可能で... [more] EA2021-57
pp.1-6
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-12-03
11:00
ONLINE オンライン開催 VQVAEによって獲得されたキャラクター演技スタイルに基づく多話者オーディオブック音声合成
中田 亘郡山知樹高道慎之介斎藤佑樹東大)・井島勇祐増村 亮NTT)・猿渡 洋東大NLC2021-26 SP2021-47
本研究では,Vector Quantized Variational AutoEncoder (VQVAE)を用いたキャ... [more] NLC2021-26 SP2021-47
pp.42-47
SP, WIT, ASJ-H
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2021-10-19
15:10
ONLINE オンライン開催 大規模音声コーパスを用いたDNN-HSMM音声合成のためのモデル学習の検討
西澤信行服部 元KDDI総合研究所SP2021-34 WIT2021-27
本研究では、接続合成用に収集された大規模音声コーパスを用いて、DNN-HSMM音声合成のためのモデル学習を行った。従来の... [more] SP2021-34 WIT2021-27
pp.52-57
EA, ASJ-H
(共催)
2021-07-16
11:05
ONLINE オンライン開催 音声合成のためのオンラインによる音声データ収集に関する一検討
星子祐哉青木直史尾関剛成土橋宜典北大EA2021-15
場面緘黙症患者や失声症患者、ALS患者など、自分の声で喋ることのできない人へ向けた音声合成システムへの期待は高い。しかし... [more] EA2021-15
pp.72-74
EA, ASJ-H
(共催)
2021-07-16
11:30
ONLINE オンライン開催 話者依存の音響モデルの作成におけるサンプル数の比較と検討
成田圭吾青木直史有働篤人土橋宜典北大EA2021-16
この研究では話者依存の音響モデルをサンプル数を変化させて作成し,それを用いた音声の声質などの違いを確かめた. [more] EA2021-16
pp.75-76
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
09:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]エンドツーエンドニューラルネットワークによる様々な音声処理技術の統一化の試み
渡部晋治カーネギーメロン大SP2021-8
本講演では、近年のエンドツーエンドニューラルネットワークによる音声処理の発展について解説を行う。エンドツーエンドニューラ... [more] SP2021-8
p.38
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
13:00
ONLINE オンライン開催 パーソナライズされた音声合成のための日本語音素バランス文作成
髙井佑洸青木直史土橋宜典北大SP2021-9
咽頭摘出手術などによって声を失うことが不可避である場合,あらかじめ声を録音することによって,本人の声を用いた音声合成を実... [more] SP2021-9
pp.39-41
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 インタラクティブ音声合成システムにおけるガイドラインの動的表示
後藤大樹北海学園大)・青木直史藍 圭介北大)・元木邦俊北海学園大SP2021-18
インタラクティブなコントロールによって,まるで楽器を演奏するように音声を鳴らすことができる音声合成システムの開発を行って... [more] SP2021-18
pp.80-84
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 聴取によって心が和む音声の合成に向けた基礎検討 ~ 認識・想起した感情および音響特徴量の観点から ~
渡邊悠希坂本修一東北大)・星 貴之長谷芳樹中野 学ピクシーダストテクノロジーズSP2021-19
聴取により心が和む音声の合成を最終的な目的として,様々な感情を想定して発話された音声から認識・想起した感情を評価するとと... [more] SP2021-19
pp.85-90
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 局所的な句構造の情報を用いたニューラル音声合成
海木延佳サクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大SP2021-23
自然な韻律をもつ日本語音声を合成するため、局所的な句構造に基づくフレーズ成分を表す韻律記号をend-to-end音声合成... [more] SP2021-23
pp.107-112
WIT 2021-06-01
14:55
ONLINE オンライン開催 映画音声ガイドの聞き取りやすい合成音声の話速と環境音の関係
直野剛也中島佐和子水戸部一孝秋田大WIT2021-8
近年,映画や映像の音声ガイドにも合成音声が使用されるようになり,その質の向上が求められている.本研究では5秒程度の映画シ... [more] WIT2021-8
pp.38-42
SIS 2021-03-04
09:00
ONLINE オンライン開催 ソースフィルタ型音声合成の敵対的学習による最適化
光井勇人杉浦陽介安井希子島村徹也埼玉大SIS2020-35
本研究は,深層学習を用いたソースフィルタ型の音声波形生成モデルの精度向上を目的とする.ソースフィルタ型の音声波形生成モデ... [more] SIS2020-35
pp.1-4
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
14:05
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]統合型ソースフィルタネットワークによるニューラルボコーダ
米山怜於呉 宜樵戸田智基名大EA2020-69 SIP2020-100 SP2020-34
本稿では,ソースフィルタ理論に基づくニューラルボコーダを単一のネットワークにより実現する手法を提案する.深層学習に基づく... [more] EA2020-69 SIP2020-100 SP2020-34
pp.57-62
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
14:05
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]大規模主観評価に基づく定量的音読スキル情報を活用したDNN音声合成の検討
阿久井 駿東大)・井島勇祐NTT)・齋藤大輔峯松信明東大EA2020-71 SIP2020-102 SP2020-36
これまで我々は,プロのアナウンサーらしさを反映する定量的な尺度として,主観評価実験に基づいた「音読スキル」と呼ばれる指標... [more] EA2020-71 SIP2020-102 SP2020-36
pp.68-73
 199件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会