お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 89件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS 2024-03-14
13:00
神奈川 神奈川工科大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
時間分解能を考慮したフラクタル次元フィルタを用いた対象信号の時間位置の検出について
柴山秀雄芝浦工大)・○眞壁義明神奈川工科大)・武藤憲司芝浦工大)・木村誠聡神奈川工科大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SIP, SP, EA
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2024-03-01
09:30
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Remixed2Remixedを用いた音声強調のモデル学習法の改善
李 莉関 翔悟サイバーエージェントEA2023-95 SIP2023-142 SP2023-77
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] EA2023-95 SIP2023-142 SP2023-77
pp.202-207
SIS 2023-12-08
09:50
愛知 名古屋市立大学桜山キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
フラクタル次元フィルタを用いた背景雑音下での信号の時間位置検出について
柴山秀雄芝浦工大)・○眞壁義明神奈川工科大)・武藤憲司芝浦工大)・木村誠聡神奈川工科大SIS2023-34
環境基準で定めた騒音レベルより低い場合でも,近隣騒音による紛争は発生している. 背景雑音のレベルが高い条件下で,原因の対... [more] SIS2023-34
pp.55-60
SP, NLC
(共催)
IPSJ-SLP, IPSJ-NL
(共催)
(連催) [詳細]
2023-12-02
13:30
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
拡散モデルを用いた音声強調の計算量削減
西 悠希東工大)・岩野公司東京都市大)・篠田浩一東工大NLC2023-14 SP2023-34
近年拡散モデルと呼ばれる生成モデルが注目されている. GANと比べ、拡散モデルは安定に学習できるが、生成段階の計算コスト... [more] NLC2023-14 SP2023-34
pp.1-6
SIS 2023-03-03
11:10
千葉 千葉工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
音声強調性能改善に向けたデータ拡張手法導入の検討
春日玲人杉浦陽介安井希子島村徹也埼玉大SIS2022-52
音声強調の分野は世界中で幅広く研究が行われており,多くの音声強調手法が提案されている.一方で,高性能な音声強調ネットワー... [more] SIS2022-52
pp.64-69
SP, EA, SIP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2023-03-01
11:00
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
DNN音声強調におけるNoisy-target Trainingの分析と実応用に向けた調査
藤村拓弥戸田智基名大EA2022-112 SIP2022-156 SP2022-76
Deep neural network (DNN)音声強調では,一般的にクリーン音声を学習のターゲットとして用いる.しか... [more] EA2022-112 SIP2022-156 SP2022-76
pp.221-226
SIS, ITE-BCT
(連催)
2022-10-13
14:15
青森 八戸工業大学(1号館2階201室「多目的ホール」)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
音声自然性改善に向けた音声強調ネットワークに対するカプセル構造の導入
春日玲人島村徹也杉浦陽介安井希子埼玉大SIS2022-12
音声強調の分野は世界中で幅広く研究が行われているが,音声信号処理で扱われる基本的な量の中で,振幅や周波数などに比べ,位相... [more] SIS2022-12
pp.7-12
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]局所的な真偽判定を用いた敵対的学習に基づく教師なし音声処理歪み補正
荻野里久西城耕平早大)・藤枝 大OKI)・小川哲司早大SP2022-13
本研究では,収音したいエリアに含まれる音源を強調するエリア収音の後処理として用いる歪み補正器を,教師無し学習する方式につ... [more] SP2022-13
pp.49-54
EA, SIP, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-03-01
13:10
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
IRMを用いた音声強調処理の主観了解度の上限評価 ~ 防音室実験とクラウドソーシング実験の対比 ~
山本絢子入野俊夫和歌山大)・荒木章子新井賢一小川厚徳木下慶介中谷智広NTTEA2021-74 SIP2021-101 SP2021-59
音声強調処理の客観評価指標を開発することを目的として、音声了解度の主観評価実験を防音室とクラウドソーシングで行った。ここ... [more] EA2021-74 SIP2021-101 SP2021-59
pp.64-69
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
09:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]エンドツーエンドニューラルネットワークによる様々な音声処理技術の統一化の試み
渡部晋治カーネギーメロン大SP2021-8
本講演では、近年のエンドツーエンドニューラルネットワークによる音声処理の発展について解説を行う。エンドツーエンドニューラ... [more] SP2021-8
p.38
SIS 2020-12-01
11:25
ONLINE オンライン開催 [チュートリアル講演]高次統計量に基づくミュージカルノイズの制御理論
宮崎亮一藤村拓弥徳山高専SIS2020-30
非線形な音声強調手法では,背景ノイズを大幅に除去することができるが,ミュージカルノイズが発生することが知られている.ミュ... [more] SIS2020-30
pp.18-23
SIS 2020-03-06
15:00
埼玉 埼玉会館
(開催中止,技報発行あり)
音声強調ネットワークのためのSelf-Attention機構を用いた敵対的学習
杉浦陽介島村徹也埼玉大SIS2019-59
本稿は,音声強調ネットワークの性能改善に向けた新たな敵対的学習法を提案する.
提案手法では,まず生成した音声波形に対し... [more]
SIS2019-59
pp.125-129
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
変分自己符号化器を用いた空気・体内伝導音の結合音源モデリングに基づく半教師あり自己発声音強調・抑圧
関 翔悟高田萌絵武田一哉戸田智基名大EA2019-140 SIP2019-142 SP2019-89
自己発声音に対する音声強調・抑圧において,外部雑音に頑健で自己発声音成分を支配的に含む,という特性をもつ体内伝導音を空気... [more] EA2019-140 SIP2019-142 SP2019-89
pp.225-230
EA 2019-12-12
14:25
福岡 九州工業大学戸畑キャンパス(北九州市) 雑音情報を含めたマルチタスク学習による音声強調ネットワークの性能改善
田中晴樹徳山高専)・杉浦陽介安井希子島村徹也埼玉大)・宮崎亮一徳山高専EA2019-70
現在,信号処理分野では音声強調に対する関心が高まっている.近年,深層学習を用いた多くの音声強調手法が提案されており,その... [more] EA2019-70
pp.31-36
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]MVDRビームフォーマの時間周波数スイッチングによる劣決定音声強調
山岡洸瑛筑波大)・小野順貴首都大東京)・牧野昭二山田武志筑波大EA2018-124 SIP2018-130 SP2018-86
本稿では,ステレオマイクロフォンから利用可能な新たな劣決定音声強調手法を提案する.我々は以前,時間周波数点毎に事前構成し... [more] EA2018-124 SIP2018-130 SP2018-86
pp.149-154
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) カートシスマッチングに基づく低ミュージカルノイズDNN音声強調の評価
溝口 聡齋藤佑樹高道慎之介猿渡 洋東大EA2018-66 EMM2018-66
本稿では,DNN音声強調にカートシスマッチングを適用し,ミュージカルノイズの発生を低減させる方法を提案する.非線形信号処... [more] EA2018-66 EMM2018-66
pp.19-24
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-22
10:00
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) [招待講演]音声強調における位相復元とアレイ処理への効果
若林佑幸首都大東京EA2018-80 EMM2018-80
従来の音声強調の研究において位相スペクトルを扱うことは一般的でなかったが,近年の位相スペクトルの音声品質や明瞭度に与える... [more] EA2018-80 EMM2018-80
pp.163-168
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2018-07-26
16:45
静岡 舘山寺サゴーロイヤルホテル 雑音重畳音声と強調音声の併用による単一チャネル雑音下音声認識
藤本雅清河井 恒NICTSP2018-19
多くの場合,単一チャネルによる音声強調を用いると音声歪みの影響により,音声強調を行わない場合に比べて音声認識性能が劣化す... [more] SP2018-19
pp.15-20
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
11:15
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ マルチチャネル非負値行列因子分解に基づくビームフォーミングを用いた雑音環境下音声認識
島田一希坂東宜昭三村正人糸山克寿吉井和佳河原達也京大EA2017-107 SIP2017-116 SP2017-90
本稿では,雑音に頑健な音声認識のためのマルチチャネル音声強調について述べる.音声認識のための音声強調では,マイクロホンア... [more] EA2017-107 SIP2017-116 SP2017-90
pp.33-38
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
13:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]バブル雑音重畳と強調処理された音声の模擬難聴下における了解度
大橋成美余村直子山本克彦和歌山大)・荒木章子木下慶介中谷智広NTT)・入野俊夫和歌山大EA2017-116 SIP2017-125 SP2017-99
音声強調処理および難聴者のための客観的予測指標を開発することを目的とし, その基礎データとなる主観評価値を得るための聴取... [more] EA2017-116 SIP2017-125 SP2017-99
pp.87-92
 89件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会