お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 73件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
【招待】音と先読みで戦う ~ 全盲eスポーツプレイヤーの挑戦を支える技術とコーチング ~
北村直也ePARA
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
15:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]製作現場からみる漫画音訳の現状と課題
森 菫精華大SP2022-22
音で文字情報を得る視覚障害者にとって、漫画を読むことは難しい. 触図による漫画の展示は研究されているが、音での提供は研究... [more] SP2022-22
pp.94-99
TL 2020-10-25
14:15
ONLINE オンライン開催 中国人日本語学習者の日本語文産出における概念接近度の影響 ~ 有生性の役割に焦点をあてて ~
謝 展眉横川博一神戸大TL2020-3
文産出の概念化処理における有生性情報が、後の文法符号化に影響することが英語や日本語を対象とした心理言語学実験で明らかにな... [more] TL2020-3
pp.12-17
WIT, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2020-10-22
10:25
ONLINE オンライン開催 Webページにおけるスクリーンリーダとルビの共存 ~ 障害児向け学習サイトの事例から ~
濱松若葉星 眞維美中川美枝子柴田邦臣津田塾大SP2020-8 WIT2020-9
本研究では,ルビを振る必要があるWebページを,スクリーンリーダで自然かつわかりやすく読むことができるような機能を実装し... [more] SP2020-8 WIT2020-9
pp.1-6
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-15
13:00
沖縄 琉球大学医学部 情報系学科における公式Webサイトの運用ならびにUX改善に関する取り組み
田場典智長田智和谷口祐治琉球大HIP2019-77
琉球大学知能情報コースが公開している公式Webサイトは,有志の学生と教員で構成されたシステム管理チームと呼ばれる組織を中... [more] HIP2019-77
pp.1-5
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 聞こえるカルタ ~ 視覚障害者参入型可聴化カードゲームを実現する際の音アイコンの設計と評価 ~
宮川春菜倉友乃康ヒシャム エルセル善甫啓一筑波大
本研究では, 視覚障害者が晴眼者とともに遊ぶことができるカードゲームの実現のためにカードの内容を音で提示する聴覚カードゲ... [more]
WIT 2019-08-10
15:50
栃木 帝京大学宇都宮キャンパス(予定) アクセシビリティ評価指標に基づいたモバイルオーディオゲームの開発(第2報) ~ チュートリアルモードの実装とプレイヤーの行動分析 ~
塩野目剛亮田城勇飛松島圭佑黒田 聖帝京大WIT2019-12
筆者らは.視覚障害者向けオーディオゲームのアクセシビリティ勧告にしたがい,音源探索型オーディオゲーム『†Treasure... [more] WIT2019-12
pp.17-22
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-08
14:55
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) アクセシビリティ評価指標に基づいたモバイルオーディオゲームの開発
塩野目剛亮・○田城勇飛松島圭佑黒田 聖帝京大WIT2018-68
視覚障害者向けモバイルオーディオゲームのアクセシビリティガイドラインを満たす設計で音源探索ゲーム『†Treasure i... [more] WIT2018-68
pp.45-50
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-09
15:05
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) [特別講演]研究活動における情報アクセシビリティ ~ 聴覚障害の観点から ~
中島亜紀子磯田恭子萩原彩子石野麻衣子吉田未来白澤麻弓三好茂樹河野純大筑波技大WIT2018-72
聴覚障害者の研究活動における情報アクセシビリティに関しては,障害者差別解消法の施行や情報保障支援の浸透など社会的背景の後... [more] WIT2018-72
pp.91-94
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-09
17:40
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) [特別講演]情報技術におけるアクセシビリティの国際標準化
関 喜一産総研WIT2018-78
高齢者・障害者を含む多世代・多様性に対応するための情報技術のアクセシビリティに関する国際標準の動向を概説する. [more] WIT2018-78
p.111
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2018-12-05
15:15
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 少人数対話における複数の音声認識ソフトを用いる情報保障方式の検討 ~ プロトタイプシステムの開発と有効性の検証 ~
板東真慶米村俊一芝浦工大WIT2018-42
近年,聴覚障害者の情報保障の手段として音声認識ソフトを使用することが試みられている.しかし,不特定話者が集まる会議では音... [more] WIT2018-42
pp.47-52
WIT, SP
(共催)
2018-10-28
11:45
福岡 九工大・百周年中村記念館 視覚障がい者のWebアクセシビリティに配慮した医療機関Webサイト標準仕様の提案
田中武志氏間和仁津久間秀彦池内 実藤田利恵広島大SP2018-46 WIT2018-34
全国の大学病院Webサイトの現状調査のデータから,どのレベルのWebアクセシビリティを保証すべきかを定め,更に視覚障がい... [more] SP2018-46 WIT2018-34
pp.73-78
HIP 2018-08-03
09:00
東京 東京女子大学 インタラクションにおける情報受容と瞳孔反応との関係性
大澤理恵盆子原直己白山 晋東大HIP2018-49
人とシステムとのインタラクションにおいて,正確で効率的な情報受容のためには,システムがユーザの特性に応じて適切な支援を行... [more] HIP2018-49
pp.45-48
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-09
14:35
茨城 筑波技術大学 ウェブ利用における聴覚障碍者の認知特性 ~ 健聴者と聴覚障碍者に読みやすい文字サイズの比較 ~
小高実和子篠原瑛美・○渡辺隆行東京女子大WIT2017-70
健聴者,聴覚障碍者ごとの文字サイズによるウェブの読みやすさの変化と両者の比較を実験により求めた.実験では文字サイズを要因... [more] WIT2017-70
pp.59-66
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-10
15:50
茨城 筑波技術大学 盲ろう学生向けE-learningシステムの開発に向けた検討(その2) ~ 講義場面における点字端末と文字通訳ソフトを用いた情報保障 ~
宮城愛美佐藤正幸筑波技大WIT2017-90
視覚と聴覚の障害を併せ有する状態は「盲ろう」と呼ばれ,特に全盲ろう者は触覚を用いたコミュニケーション手段により情報取得お... [more] WIT2017-90
pp.193-196
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-10
16:10
茨城 筑波技術大学 高等教育機関における盲ろう学生の研究生活支援
佐藤正幸宮城愛美白澤麻弓筑波技大WIT2017-91
本稿は,盲ろう学生の高等教育における研究生活支援について報告するものである。研究生活におけるコミュニケーション支援につい... [more] WIT2017-91
pp.197-200
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-16
16:35
沖縄 沖縄産業支援センター アクセシビリティに影響を与える配色の特徴
渡辺昌洋望月理香平尾美佐浅野陽子NTTHCS2017-14 HIP2017-14
インターネットの普及とともにウェブアクセシビリティはますます重要になっている。ウェブアクセシビリティの標準JIS X 8... [more] HCS2017-14 HIP2017-14
pp.113-118
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2017-03-11
11:50
茨城 筑波技術大学・春日キャンパス ろうベースの盲ろう者の自立した情報獲得を目指した触指文字ロボットの開発 ~ 人を模した五指多自由度ロボットハンド・アームの利用 ~
關 達也電通大)・森 浩一国立障害者リハビリテーションセンター)・横井浩史電通大WIT2016-87
聴覚と視覚の重複障害を持つ盲ろう者はコミュニケーション,情報獲得,移動の3点に置いて大きな障壁を抱えている.特に聴覚障害... [more] WIT2016-87
pp.103-106
ET 2017-01-28
11:55
神奈川 国立特別支援教育総合研究所 盲ろう学生のためのE-learningシステムの開発に向けた一検討 ~ 講義場面における点字端末と文字通訳ソフトを用いた情報保障 ~
宮城愛美佐藤正幸小林正幸筑波技大ET2016-84
視覚と聴覚の障害を併せ有する状態は「盲ろう」と呼ばれ,特に全盲ろう者は触覚を用いたコミュニケーション手段により情報取得お... [more] ET2016-84
pp.35-38
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと ウェブアクセシビリティ自動分析ソフトウェアの開発と導入
諸熊浩人ユー・アイズ・デザイン)・山倉篤史UED
2016年4月より施行された障碍者差別解消法により,製品やサービスを利用する障碍者へ向けた配慮が求められている.特に,多... [more]
 73件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会