お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 115件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2024-03-12
10:20
沖縄 宮古島市未来創造センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ネットワークセキュリティをテーマとした授業における知識構成型ジグソー法を取り入れた協調学習支援の取り組み
丸山雅貴筑波学院大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ET 2024-03-02
13:00
宮崎 宮崎大学 (木花キャンパス) 社会科の学習における生徒間の創発的な対話が促進されるグループ特性の検証
徳竹圭太郎東工大)・佐久間 大秀明大)・後藤正樹コードタクト)・室田真男東工大ET2023-57
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] ET2023-57
pp.25-31
SIP, IT, RCS
(共催)
2024-01-19
10:20
宮城 東北大学 青葉記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
位置と伝搬チャネルの能動的推論による基地局間協調送受信
大歳達也村田正幸阪大IT2023-63 SIP2023-96 RCS2023-238
本研究では、無線通信技術における基地局間の協調型ビームフォーミングに着目し、新たなアプローチとして自由エネルギー原理(F... [more] IT2023-63 SIP2023-96 RCS2023-238
pp.181-186
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2023-12-11
- 2023-12-13
福岡 北九州観光コンベンションAIM-3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
幾何学的特徴を用いたVariational Auto-Encoderによる顔画像データの拡張
佐野貴紀川畑秀明慶大
顔の印象に影響を与える要素については心理学の分野で数多くの研究が行われてきた.近年では,顔特徴と顔印象の関係について幾何... [more]
MI 2023-09-08
10:30
大阪 大阪公立大学・中百舌鳥キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MRIのマルチパラメータマッピングにおける適応的撮像パラメータ選択
張 慧杰東工大)・久原重英杏林大)・竹内純一九大)・實松 豊東工大MI2023-15
異なる設定により撮影された複数のMRI画像を使用し,各ピクセルまたはボクセルごとの $T1$ 緩和時間や $T2$ 緩和... [more] MI2023-15
pp.3-6
IBISML 2023-09-08
13:50
大阪 大阪公立大学(中百舌鳥キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
レベル集合推定に基づく機械学習モデルの能動的評価
落合拓真瀬野圭一朗松井孝太名大)・原 聡阪大IBISML2023-29
本研究では、二値分類モデルの評価におけるテスト損失を、テストデータへの少量のラベル付けで推定す る手法を提案する。提案手... [more] IBISML2023-29
pp.22-26
ET 2023-03-14
16:05
徳島 徳島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
児童・生徒が主体的に考える情報モラル教育の実践 ~ 質問づくり(QFT)の手法を用いて ~
金子大輔北星学園大)・長谷川元洋金城学院大ET2022-75
スマホ利用の低年齢化やネットトラブルの深刻化等,情報モラル教育が急務である.情報モラル教育は学校の教育活動全体で継続的に... [more] ET2022-75
pp.101-108
AP 2023-02-15
15:20
宮城 東北大学 青葉山キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
キセノンライトアレーを用いたミリ波アクティブイメージングと機械学習を用いた物体分類
西村 陸佐藤弘康陳 強東北大AP2022-207
人や物自体が放射している熱雑音を検波して画像を得るミリ波パッシブイメージング技術は空港等におけるセキュリティ用途として期... [more] AP2022-207
pp.57-62
AP, WPT
(併催)
2023-01-19
11:15
広島 広島工業大学広島校舎
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
UMa環境における建物情報を用いた多入力RNNによる伝搬損失予測
佐々木元晴澁谷尚希河村憲一久野伸晃猪又 稔山田 渉守山貴庸NTTAP2022-180
深層学習としてRNN(Recurrent Neural Network)の一つであるGRUを用いた5秒後の電波伝搬損失の... [more] AP2022-180
pp.18-23
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2022-12-14
- 2022-12-16
香川 サンポート高松(香川県高松市)+ オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
顔魅力評定時の視線動作のパターン推定
浅井和之赤松 茂法政大
本研究では人の顔に対して感じる魅力と被験者の視線動作の関係と, 視線動作から被験者が感じている魅力度合いを推定することを... [more]
RISING
(第三種研究会)
2022-10-31
15:00
京都 京都テルサ(1日目),オンライン開催(2,3日目) [ポスター講演]自動運転シミュレータで距離を考慮して生成したデータを用いたFederated Learningによる物体検出
中島 淳大坐畠 智山本 嶺電通大
自動車が生成するデータ量は膨大であるため,機械学習を用いて処理する必要である.従来の機械学習の手法では,複数の自動車から... [more]
DC, SS
(共催)
2022-10-25
11:15
福島 コラッセふくしま
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
決定性上昇型ノミナル木オートマトンの学習アルゴリズム
中西凜道名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大SS2022-24 DC2022-30
ノミナル集合は,有限オートマトンをデータ値の無限集合上のモデルに拡張するために利用されている.Moerman らは,等価... [more] SS2022-24 DC2022-30
pp.16-21
HIP 2022-10-18
10:50
京都 京都テルサ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
幾何学的形態測定法と深層学習手法を用いた顔魅力特徴の検討
佐野貴紀川畑秀明慶大HIP2022-52
心理学の分野で,顔の魅力を構成する特徴については様々な研究が行われてきた.近年では,顔特徴と魅力知覚の関係を幾何学的形態... [more] HIP2022-52
pp.26-31
MVE, VRSJ-SIG-MR, IPSJ-EC, HI-SIG-DeMO, VRSJ-SIG-CS
(連催)
2022-10-06
13:20
北海道 北海道釧路市 阿寒湖まりむ館(仮)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
視界外の注意領域の推定
原 航基中澤篤志京大MVE2022-18
注視行動は人間の外界に対する注意機能にとって重要な要素の一つである.
機械学習等による顕著性推定の研究は,与えられた画... [more]
MVE2022-18
pp.1-6
AI 2022-09-15
15:45
静岡 アクトシティ浜松
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Gradient-weighted class activation mappingを用いて抽出した顔魅力特徴のデータセット別の結果比較
佐野貴紀慶大AI2022-24
近年,顔の魅力を構成する特徴を明らかにするために,深層学習を用いて解析を行う研究が注目を集めている.しかし,解析に用いた... [more] AI2022-24
pp.37-41
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-27
17:00
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Multifidelity能動学習を用いた段階的ドメイン適応
佐川正悟総研大)・日野英逸統計数理研/理研NC2022-7 IBISML2022-7
ドメイン適応においてドメイン間に大きな距離がある場合, 予測能が低下することが知られている. 段階的ドメイン適応は, こ... [more] NC2022-7 IBISML2022-7
pp.61-68
MSS, NLP
(共催)
2022-03-29
15:45
ONLINE オンライン開催 PC操作ログによる作業の切れ目推定技術の提案
山本里奈坂巻慶行角田忠信山口純平兒島 尚富士通MSS2021-80 NLP2021-151
近年,テレワーク中心の働き方が広まっている.従来のオフィスにおける働き方では作業の切れ目に会話が発生することが多かった.... [more] MSS2021-80 NLP2021-151
pp.133-138
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-09
09:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) IoTデバイスに適用可能な能動的侵入検知手法
大谷孟宏山本 嶺大坐畠 智電通大CQ2021-101
近年,Internet of Things(IoT)の急速な普及に伴い,IoTデバイスに対する攻撃の脅威が顕在化している... [more] CQ2021-101
pp.5-10
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
17:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 料理写真の魅力度推定に適したマルチタスク学習の検討
宮崎光明道満恵介中京大)・井手一郎名大)・目加田慶人中京大IMQ2021-68 IE2021-130 MVE2021-97
料理写真の魅力度推定に適したマルチタスク学習について検討した結果を報告する.これまで我々は,小規模データを有効活用するこ... [more] IMQ2021-68 IE2021-130 MVE2021-97
pp.306-311
ET 2022-03-04
11:00
ONLINE オンライン開催 JupyterLab上での実行ログのリアルタイム取得と学習状況の可視化
鈴木優介林 子易井関文一村上洋一東京情報大ET2021-60
近年,対話型開発環境を用いた学習教材が注目されており,また教育方法の改善のためにその実行ログの蓄積及び解析が取り組まれて... [more] ET2021-60
pp.54-58
 115件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会