お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN, CS, NV
(併催)
2022-09-02
09:40
岩手 マリオス(盛岡地域交流センター)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線LANシステム間のスループット公平性の向上を目指したMAC切り替え制御方式の特性評価
小畑博靖高野知佐広島市大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
IN, NS
(併催)
2021-03-05
13:00
ONLINE オンライン開催 隣接チャネル干渉下における無線LAN間のスループット公平性の向上を目指したMAC切り替え制御方式の検討
小畑博靖足立悠輔高野知佐石田賢治広島市大IN2020-86
モバイルアクセスポイント(AP)やテザリング機能を持つスマートフォンの普及により多くの無線LAN(WLAN)システムが会... [more] IN2020-86
pp.190-195
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-06
14:30
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
パーシャルMAX-SATを用いた抵抗性オープン故障に対するテスト生成法
山崎紘史石山悠太松田竜馬細川利典日大)・吉村正義京都産大)・新井雅之日大)・四柳浩之橋爪正樹徳島大VLD2019-131 HWS2019-104
従来,VLSIのテストでは,縮退故障モデルや遷移故障モデルが広く用いられてきた.しかしながら,半導体微細化技術の進展に伴... [more] VLD2019-131 HWS2019-104
pp.215-220
CCS 2018-03-27
11:25
東京 東京理科大学 森戸記念館 [招待講演]新規性の発生則と成長則 ~ Yule-Simon過程を基礎にして ~
橋本康弘東大CCS2017-41
これまでになかった新しい言葉やアイデア、論文、特許等が生み出され、それが人々に使われる・参照される現象は、新規性の発生と... [more] CCS2017-41
pp.49-54
SRW 2017-11-13
14:25
東京 NICT(小金井) [ポスター講演]OFDMとFBMCが混在するシステムにおける隣接チャネル間干渉特性
西田紘基菅沼碩文前原文明早大SRW2017-50
OFDMは,マルチパスフェージングを1タップの等化処理により克服できることから高速無線通信の実現に極めて有効であるが,帯... [more] SRW2017-50
pp.27-28
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会