お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 129件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2024-03-22
08:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学(OIST) OISTカンファレンスセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Webサービスにおける信頼性を考慮した移動標的防御手法の提案
齋田 衛慶大)・橋本俊甫兵庫県立大)・猪俣敦夫阪大)・井上博之京都産大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, NWS
(併催)
2024-01-25
15:55
広島 広島大 東千田キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
仮想および物理マシン故障に対する不稼働率分析に基づいた予備資源割り当て
喜多 望大木英司京大NS2023-164
本稿では, 仮想マシン (VM: virtual machine) と物理マシン (PM: physical machi... [more] NS2023-164
pp.26-31
NS 2023-10-04
14:55
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ハードウェアアクセラレータを用いたVPNゲートウェイにおける障害対策の検討
高橋琴美宮本克真加納浩輝河野伸也松岡康行NTTNS2023-75
近年テレワーク等の普及によりVPN(Virtual Private Network)のトラフィック量は増加傾向にある.我... [more] NS2023-75
p.29
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2023-05-11
14:45
高知 高知工科大学永国寺キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クラウドサービスの可用性向上とコスト削減を実現するスケジューリング手法の提案
西田寿雄日立ICM2023-3
クラウドネイティブなサービスの増大や旧来システムのクラウド化に伴うクラウド活用が進んでいる.一方,従来は困難であったIT... [more] ICM2023-3
pp.8-13
SANE, SAT
(併催)
2023-03-02
16:40
沖縄 宮古島市中央公民館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
QZSS運用状況の分析:故障及びメンテナンスの傾向
坂井丈泰正木美智電子航法研SANE2022-103
準天頂衛星システムQZSSは2018年11月に運用を開始し,すでに4年間が経過した.QZSSの運用情報が記載されているN... [more] SANE2022-103
pp.25-30
R 2022-10-07
15:15
福岡 久留米大学 福岡サテライト
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
耐侵入システムにおけるプル型セキュリティパッチ管理方策に関する考察
鄭 俊俊阪大)・岡村寛之土肥 正広島大R2022-37
本稿では,耐侵入システムにおけるプル型セキュリティパッチ管理方策に着目する.攻撃動作とシステムの侵入防御動作は複合確率的... [more] R2022-37
pp.31-36
R 2022-07-29
16:15
北海道 北海道名寄市 駅前交流プラザ「よろーな」 大会議室A・B
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
同時故障を考慮した2段階整備方式のシステム稼働率解析
大久保直人高橋奈津美弓削哲史防衛大R2022-15
あらまし システムを構成するアイテムが故障したとき,アイテムの状態を健全な状態に回復させるために修理施設が存在する.2段... [more] R2022-15
pp.36-41
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2022-05-20
13:25
長野 長野ターミナル会館+サブ会場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
クラウドの可用性向上に向けた環境構築自動化手法の提案
西田寿雄日立ICM2022-7
ビジネス変化に柔軟かつ迅速に対応し,競争優位性を高めるデジタルトランスフォーメーションが注目されている.これに伴い,業務... [more] ICM2022-7
pp.30-35
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2021-05-13
09:15
ONLINE オンライン開催 クラウド環境の可用性向上に向けたリージョン選定手法の提案
西田寿雄日立ICM2021-1
ビジネス変化に柔軟かつ迅速に対応し、競争優位性を高めるデジタルトランスフォーメーションが注目されている。これに伴い、業務... [more] ICM2021-1
pp.1-6
NS 2021-04-16
13:25
ONLINE オンライン開催 エッジルータのユーザ収容替えにおける通信断の極小化とネットワーク負荷の平準化
西口雅人中務諭士岩橋宏樹柴田貴博金澤俊之NTTNS2021-13
キャリアネットワークでは,通信事業者都合の保守目的で,ユーザ端末を収容するエッジルータの切り替えが行われる.これを保守収... [more] NS2021-13
pp.71-76
IN, NS
(併催)
2021-03-04
09:10
ONLINE オンライン開催 膨大な機器を収容する遠隔監視サービスにおけるテスト構築方法の一検討
佐藤弓子佐古田健志澤田明日香前川智則東芝NS2020-127
社会インフラの遠隔監視サービスの可用性評価を厳格に行うことで信頼性の高いサービスを実現することができる.
特にインフラ... [more]
NS2020-127
pp.25-30
IN, NS
(併催)
2021-03-04
09:30
ONLINE オンライン開催 ネットワーク化された状態遷移ベースの制御システム向け可用性向上手法の一検討
井川昂輝塚本洋平遠山 治高橋克佳三菱電機NS2020-128
近年産業分野において,制御対象への信号制御を行う入力/出力ノードと,制御論理を持つコントローラノードとをネットワーク接続... [more] NS2020-128
pp.31-36
IT 2020-12-03
10:10
ONLINE オンライン開催 局所的修復可能符号における誤り耐性を持つ局所復元
大岩元紀八木秀樹電通大IT2020-47
局所的修復可能(LRC)符号は符号語シンボルが消失した際,周辺の符号語シンボルを参照することで局所的に消失を復元すること... [more] IT2020-47
pp.129-133
CQ 2020-09-03
10:30
大阪 大阪大学中之島センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報指向ネットワークにおけるネットワーク障害時のコンテンツ可用性の解析
中村 遼上山憲昭福岡大CQ2020-34
近年,データを送受信するホストではなくデータそのものを中心としたネットワークである情報指向ネットワークが注目を浴びている... [more] CQ2020-34
pp.1-6
NS, NWS
(併催)
2020-01-24
15:15
沖縄 石垣島商工会館 エッジルータ間の高速ユーザ収容替えを実現する情報移設方法
中務諭士高橋 賢NTTNS2019-173
ネットワークの端点において,ユーザごとのサービスプロファイル情報を保持し,ユーザ認証機能やユーザ単位のQoS適用,映像配... [more] NS2019-173
pp.73-78
R 2019-11-28
15:35
大阪 中央電気倶楽部 非周期チェックポインティングを伴う非マルコフ型アベイラビリティモデルの最適ソフトウェア若化方策に関する考察
鄭 俊俊立命館大)・岡村寛之土肥 正広島大R2019-47
本稿では,非周期チェックポインティングを伴う非マルコフ型アベイラビリティモデルの最適ソフトウェア若化方策について考察する... [more] R2019-47
pp.23-28
SAT 2019-10-11
13:30
福岡 JR博多シティ(福岡) {10F 会議室A+B} Study of Beam Power Control Methods of Ka-band Multi-beam Broadcasting Satellite System Using Meteorological Data -- Evaluation of Link Quality in Consideration of Beam-directivity --
Takumi IwamotoKiyotaka FujisakiFITSAT2019-60
 [more] SAT2019-60
pp.93-98
ICTSSL 2019-05-31
10:00
北海道 北海道中小企業会館 高速道路施設における施設稼働率向上への取組み
米村富美雄青木幸司NEXCO東日本)・仙波貴男ネクスコ東日本エンジニアリング)・臼井智徳NEXCO東日本ICTSSL2019-5
高速道路においては,お客さまの安全・安心な走行を支えるために様々な高速道路施設が設置されている.高速道路は24時間365... [more] ICTSSL2019-5
pp.21-26
IN, NS
(併催)
2019-03-04
10:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター 高可用分散クラスタを用いた大規模災害にも耐えうる負荷分散データ管理方式
鈴木涼子上田清志日大NS2018-219
通信事業者が提供するセッション制御サーバなどの基幹システムにおいて,分散クラスタで分散し,データ処理負荷を分散しつつ災害... [more] NS2018-219
pp.153-158
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター 多方路OXCによる高可用地域伝送網構成法
山本 宏岡 利幸NTT)・植松芳彦NTT-AT)・前田英樹NTTNS2018-237
光伝送網は,様々な通信サービスを収容する共通基盤として,高い通信品質・可用性を維持しつつ,設備・保守運用コストの削減が求... [more] NS2018-237
pp.261-265
 129件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会